車用シートカバーのおすすめメーカー10選|シートカバーを選ぶコツも紹介!

シートカバー

車用のシートカバーは各メーカーから様々な素材やデザインの商品が販売されており、選ぶ時にまよってしまいます。シートカバーを選ぶ時のコツを参考にして、自分の車にピッタリのシートカバーを選んで装着しカーライフを更に楽しいものにしましょう。

Chapter
車用シートカバーとは?
車用シートカバーのおすすめメーカー10選
車用シートカバーのおすすめメーカー1:KKmoon
車用シートカバーのおすすめメーカー2:Artina
車用シートカバーのおすすめメーカー3:Bellezza
車用シートカバーのおすすめメーカー4:ベルメゾン
車用シートカバーのおすすめメーカー5:ボンフォーム
車用シートカバーのおすすめメーカー6:Felice Vita
車用シートカバーのおすすめメーカー7:TanYoo
車用シートカバーのおすすめメーカー8:Clazzio
車用シートカバーのおすすめメーカー9:AutoWear
車用シートカバーのおすすめメーカー10:CARESTAR
車用シートカバーを選ぶコツ8つ
車用シートカバーのおすすめメーカー知り車に合ったシートカバーを選ぼう!

車用シートカバーとは?

車用シートカバーは、汚れやダメージから大切な車のシートを守ってくれる重要なアイテムです。車種やグレードに合わせて設計された本格的なものや、シートに被せるという簡易的なシートカバーまで、様々なものが販売されています。

愛車のシートを汚したくない人は、高価でも専用設計のシートカバーの方が耐久性や性能が高いので安心して使えます。シートにサイドエアバッグが装着されていることを考慮した、本格的なタイプもあります。

車用シートカバーのおすすめメーカー10選

車用シートカバーは、量販店で販売されているものや車種専用で作られたものなど様々なタイプがあります。素材も合皮から本革まで様々な種類があり、車種や好みによって自由に選べます。

車用シートカバーはメーカーごとに価格や品質、デザインなど違いがあるため、まずは各シートカバーメーカーの特徴を知ることが大切です。

車用シートカバーのおすすめメーカー1:KKmoon

車用シートカバーのおすすめメーカー1:KKmoon

KKmoon 車用シートカバーのおすすめメーカー1:KKmoon

5,000円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー1社目は、中国のKKmoonというメーカーです。

品質の良い製品を割安で購入できることから日本でも人気のあるメーカーで、車用品の他にも様々な製品をラインナップしています。

KKmoon車カバーシートクッションは、高品質で通気性が良い快適なPUレザー素材を採用しています。汎用タイプでほぼすべての車に適合するため、迷ったらまずは試してみたいおすすめの車用カバーです。

商品名
KKmoon 車カバーシートクッション 前部座席 PUレザー 防水 普通車用 1枚

車用シートカバーのおすすめメーカー2:Artina

車用シートカバーのおすすめメーカー2:Artina

アルティナ 車用シートカバーのおすすめメーカー2:Artina

32,259円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー2社目は、シートカバーやマットアクセサリなど様々な車用品を販売しているArtinaです。

車内空間を自分や家族にとって居心地が良いものにするインテリアトータルブランドが特徴です。

シートカバーA2018は、アルファード専用にジャストフィットするシートカバーで、ダブルステッチや5層生地を採用しています。また、安心の耐火設計もついています。

商品名
Artina(アルティナ) シートカバー A2018 アイボリー 20アル/ヴェル AR-STD-IV-2018

車用シートカバーのおすすめメーカー3:Bellezza

車用シートカバーのおすすめメーカー3:Bellezza

ベレッツァ(Bellezza) 車用シートカバーのおすすめメーカー3:Bellezza

45,834円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー3社目は、車種別専用設計で快適な製品を作り出すBellezzaです。

個性的なデザインやカラーと共に、ドライビング・シフトスペースの快適創造ブランドが特徴です。

ハイエース専用のシートカバーは、新開発の専用ソフトレザー起毛繊維シートが特徴です。また、ホールド性を重視した生地を採用して、ドライブする人の負担を大幅に軽減しています。

商品名
Bellezzaシートカバー ベレッツァ Selection セレクション【型式】200系【年式】H24/5- ハイエースワゴン GL 10人乗り ベージュ BESE204V4

車用シートカバーのおすすめメーカー4:ベルメゾン

車用シートカバーのおすすめメーカー4:ベルメゾン

ベルメゾン 車用シートカバーのおすすめメーカー4:ベルメゾン

29,900円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー4社目は、通販大手で様々な人気アイテムを販売しているベルメゾンです。

様々なタイプのシートカバーが販売されている中で、特にキャラクターデザインの可愛らしいシートカバーが人気です。

ノアやヴォクシーなどのミニバン専用ディズニーシートカバーは、ドット柄とミッキーをモチーフにしたシンプルデザインです。また、取りつけやすい形状に工夫されているため、はじめての方でも使用することができるでしょう。

商品名
[ベルメゾン] ディズニー シートカバー セット 車用 ウレタンシート貼り ベージュ ノア・ヴォクシーB

車用シートカバーのおすすめメーカー5:ボンフォーム

車用シートカバーのおすすめメーカー5:ボンフォーム

ボンフォーム(BONFORM) 車用シートカバーのおすすめメーカー5:ボンフォーム

30,161円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー5社目は、車用シートカバーを始めとして車関連の様々な商品を販売しているボンフォームです。

車の中でも家族の団らんや子供が昼寝できるような、車内空間を彩る商品がラインナップされています。

ジムニー専用のヴィンテージレザーM4-67は、合成皮革のブラウンカラーが特徴的な車用シートカバーです。車種別専用設計で車にピッタリ合うサイズで、助手席側にはアシストグリップカバーが付属しています。

商品名
ボンフォーム シートカバー ヴィンテージレザー M4-67 ブラウン JB64・74 ジムニー専用

車用シートカバーのおすすめメーカー6:Felice Vita

車用シートカバーのおすすめメーカー6:Felice Vita

Felice Vita 車用シートカバーのおすすめメーカー6:Felice Vita

4,838円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー6社目は、シートカバーやハンドルカバーなど豊富な商品が揃っているFelice Vitaです。

各車種に合わせた専用設計シートカバーが人気で、自分の車をおしゃれに演出して楽しい車内空間にしてくれます。

Calmリネン調生地の後席用シートカバーは、草木染めのような自然な風合いが特徴です。肌さわりの良い厚手のリネン調生地を使用しています。

商品名
Calm【カーム】リネン調生地カーアクセサリー 8Type 4color (後席用シートカバー2枚, グリーン)

車用シートカバーのおすすめメーカー7:TanYoo

車用シートカバーのおすすめメーカー7:TanYoo

TanYoo 車用シートカバーのおすすめメーカー7:TanYoo

1,499円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー7社目は、カー用品の専門店であるTanYooです。

20年以上の生産経験があり、より良い商品を提供することで楽しいカーライフを演出してくれる商品が揃っています。

防水シートカバー前席用はヘッドレスト部と座面部が一体となっているので、ずれにくい設計となっています。裏面は滑り止め効果抜群のPVCコーティングで、表面は防水加工されたオックスフォード生地を使用しているため、丈夫で耐久性にも優れています。

商品名
TanYooカーシートカバー 防水シートカバー 前席用 軽/普通車適用 ずれにくい ヘッドレスト部と座面部一体化 エプロンタイプ シート保護 バックル付き ブラック フロント 1枚

車用シートカバーのおすすめメーカー8:Clazzio

車用シートカバーのおすすめメーカー8:Clazzio

クラッツィオ(Clazzio) 車用シートカバーのおすすめメーカー8:Clazzio

66,556円〜(税込)

車用シートカバーおすすめメーカーの8社目は、シートカバーメーカーとして品質と機能に拘っているClazzioです。

カーライフをもっと快適に安心なものにするべく、日々進化する顧客のニーズに応えた商品開発をしています。

リアルレザー本革ET-1522は、上質な本革をホールド全体に使用しています。また、パンチング加工によって通気性と快適性を向上させています。体の接地面に合わせて、スポンジ素材の硬さを調整するこだわりようです。

商品名
クラッツィオ シートカバー アルファード/ヴェルファイア 30系 AGH30W / AGH35W H27/2~8人乗り Clazzio リアルレザー 本革 タンベージュ ET-1522

車用シートカバーのおすすめメーカー9:AutoWear

車用シートカバーのおすすめメーカー9:AutoWear

オートウェア(Autowear) 車用シートカバーのおすすめメーカー9:AutoWear

45,422円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー9社目は、シートカバー専門のAutoWearです。

車種専用設計とデザインのシートカバーで、インテリアにぴったりマッチするシートカバーを販売しています。

モダンリバティ3231は、座面と背面の一部にパンチング生地を採用しています。また、通気性を良くしており、快適に過ごせます。シンプルスマートなデザインで、快適性重視の車用シートカバーです。

商品名
AUTO WEAR オートウェア シートカバー モダン リバティ 3231 リバティ X ニューベージュ 3231

車用シートカバーのおすすめメーカー10:CARESTAR

車用シートカバーのおすすめメーカー10:CARESTAR

CARESTAR 車用シートカバーのおすすめメーカー10:CARESTAR

2,300円〜(税込)

車用シートカバーのおすすめメーカー10社目は、内装パーツやステアリングなどカー用品の専門メーカーであるケアスターです。

特にウエットスーツ素材を使った防水シートカバーが人気のメーカーです。

カナロアシングルはウエット素材を使用した防水シートカバーで、助手席と運転席に使用できるシングルタイプです。ヘッドレスト分離型や一体型のどちらにも装着可能になっています。

商品名
【水洗いOK】かんたん装着 防水 シートカバー NBOX ハスラー ウェイク VOXY スペーシア ワゴンR ノア キャスト キャンバス などに車全般に装着可能シートカバー 防水 ブラック カナロア シングル 1席 運転席・助手席用 ウェットスーツ素材 かわいい ペット アウトドア 汎用 軽自動車 普通車 兼用 洗える 布 カー シート カバー 車 内装パーツのCARESTAR ケアスター

車用シートカバーを選ぶコツ8つ

車用シートカバーは、各メーカーから様々な種類のものが販売されています。メーカーや商品によって特徴や性能が違うので、迷ってしまう方も多いことでしょう。

これから、車用シートカバーを選ぶコツ8つを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

車用シートカバーを選ぶコツ1:凡用タイプ
車用シートカバーを選ぶコツの1つ目は、様々な車種に使える汎用タイプを選ぶことです。汎用タイプは、汚れ対策を重視したいという人に向いています。また、選択の頻度が高い人や必要な時だけ装着したい人にもおすすめです。

価格も手ごろで定期的に新しいデザインに取り換えることもでき、取り付け方もすっぽり被せる物や紐で結ぶ物など、様々なタイプがあります。ただし、汎用タイプといっても全ての車種に適合する訳ではないので、事前に確認しましょう。

車用シートカバーを選ぶコツ2:車種専門タイプ
車用シートカバーを選ぶコツの2つ目は、車種専用タイプを選んで車内をかっこよくカスタムすることです。それぞれの車種にぴったりのサイズで作られている車種専用タイプはフィット感が抜群で、インテリア性を重視する人におすすめです。

カバーをつけているとは気づかないほど綺麗な仕上がりで、余分な隙間もないので使っているうちにずれてくる心配もありません。価格が高めなことと、装着に少し時間がかかるデメリットがあるので、急ぎで使いたい方は注意が必要です。

車用シートカバーを選ぶコツ3:撥水加工
車用シートカバーを選ぶコツの3つ目は、撥水加工や防水加工がされているか確認することです。車内で飲食する機会が多い人や子供の食べこぼしなどが心配な人には、撥水加工を施したシートカバーがおすすめです。

サッと水拭きすれば汚れを落とすことができ、シートそのものが濡れたり汚れたりするのを防いでくれます。防水性能に優れたタイプは、アウトドアを思い切り楽しみたい人にも便利で、釣りや海水浴の帰りに濡れた衣服のままで座ることもできます。

車用シートカバーを選ぶコツ4:ファブリック製
車用シートカバーを選ぶコツの4つ目として、丸洗いができるファブリック製も念頭に選ぶことが大切です。衛生面が気になる人やお子さんがいる家庭には特におすすめです。綿やポリエステル、デニムなど質感やデザインも豊富なので、季節で質感を変える楽しみ方もできます。

ただし、デメリットとして水分がすぐに染み込んでしまう特性があり、カバーを通り越してシートが濡れてしまう場合があります。

車用シートカバーを選ぶコツ5:合成皮革
車用シートカバーを選ぶコツの5つ目は、手軽にお手入れができる合成皮革をチェックすることです。合成皮革素材のシートカバーは汚れに強く、水分もサッと拭き取るだけでよいため、手軽に手入れができるメリットがあります。

高級感が演出できてお手頃な価格なので、人気も高い素材です。ただし、他の素材と比べると通気性が悪く、湿気の高い季節はべたつきが気になることがあり、熱にも弱いので夏場に劣化が進みやすいです。

車用シートカバーを選ぶコツ6:ファン内蔵タイプ
車用シートカバーを選ぶコツの6つ目は、夏場に快適なファン内蔵タイプも検討することです。シガーソケットから電源を取って背中やお尻に送風するファン内蔵のシートカバーは、数多くの種類はありませんが夏場にも涼しく快適なドライブを楽しみたい人におすすめです。

エアコンを入れていても背もたれや座面は蒸れてしまうので、暑さが苦手な人や夏場に長距離運転を多くする人はチェックしておきましょう。

車用シートカバーを選ぶコツ7:耐熱性
車用シートカバーを選ぶコツの7つ目は、万一の時に備えて耐熱性があるシートカバーを選ぶことです。ある程度熱にも耐えられる素材であれば、うっかり落としたタバコの火でシートに穴を開けてしまうことや燃え広がるという事態を防げます。

また、素材そのものが燃えにくい難燃性素材を使用したシートカバーも販売されているので、耐熱性を重視する人は確認しておきましょう。

車用シートカバーを選ぶコツ8:パンチング加工
車用シートカバーを選ぶコツの8つ目は、パンチング加工の有無を確認することです。シートの背中の部分は蒸れやすい部分なので、通気性が悪い合成皮革の素材では夏場に不快な思いをすることがあります。

通気性を高めるために細かい穴をあけてあるのが、パンチング加工です。おしゃれなデザインで様々なシートカバーに採用されているので、選ぶ時のポイントとして覚えておきましょう。

車用シートカバーのおすすめメーカー知り車に合ったシートカバーを選ぼう!

車用シートカバーには様々な素材やデザイン、車種専用タイプなど多くの種類が販売されています。

ここで紹介したおすすめメーカーの特徴を知って、車に合ったシートカバーを選び快適なドライブを楽しみましょう。