おすすめのレジャーシート18選!失敗しないレジャーシートの選び方

Coleman「レジャーシート デラックス」

※この記事には広告が含まれます

レジャーシートが必要だけど、どのような物を選べば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、おすすめのレジャーシート18選を紹介しています。レジャーシートをこれから購入しようとしている方はぜひ読んでみてください。

大塚 拓馬|おおつか たくま

フリーライター。
二児の父のキャンパーとして、家族みんなで気軽に楽しめるアウトドアを追求中です。

大塚 拓馬
Chapter
レジャーシートはどのようなものを選べばいい?
レジャーシートにあると便利なおすすめ機能3選
キャンパーがオススメするレジャーシート4選
1. Groovy「レジャーシート」
2. BE8(ビーエイト) 「レジャーシート」
3. GEEK LIGHTING 「レジャーシート」
4. OUTAD「折りたたみレジャーシートSmall」
編集部おすすめのレジャーシート14選
5. GEEK LIGHTING 「レジャーシート」
6. OUTAD「軽量 折りたたみ レジャーシート」
7. Coover「レジャーシート」
8. Fair bee「レジャーシート」
9. 丸和貿易「ピクニックル レジャーシート」
10. OutPort「レジャーシート 厚手」
11. Coleman「レジャーシート デラックス」
12. BE8(ビーエイト)「レジャーシート」
13. BRUNO「レジャーシート」
14. Coperta「レジャーシート」
15. CAPTAIN STAG 「EVAフォームマット ダブル」
16. Terra Hiker「レジャーシート」
17. Oregonian Camper「防水 グランドシート」
18. Matador「ポケットブランケット」
失敗しないレジャーシートの選び方4つ
おすすめのレジャーシートでアウトドアを楽しもう!

レジャーシートはどのようなものを選べばいい?

一口にレジャーシートと言っても様々な大きさや柄、機能を備えたものがあります。子供の幼稚園の運動会だけでも3人用か6人用で変わってきます。海水浴では水着を着るのでそれにあったレジャーシートが必要ですし、子連れなら尚更それに適したレジャーシートが必要です。

キャンプなどアウトドアでは、砂の地面ではなく使う時間も長くなるので機能性も大切になってきます。用途に適したレジャーシートを選びましょう。

レジャーシートにあると便利なおすすめ機能3選

色がカラフルであったりおしゃれなレジャーシートも素敵ですが、レジャーシートには様々な機能があります。洗濯ができたり、砂除けがあったりと用途によって非常に便利なレジャーシートの機能があります。ここではレジャーシートにあると便利なおすすめ機能を紹介します。

1:洗濯できる

レジャーシートの中には洗えるレジャーシートもあります。家族で座ったり、赤ちゃんがいると何かと汚れてしまいますが、さっと洗濯をするだけで綺麗になります。そのため、汚れやすい場所に行く方やファミリーで使用する方におすすめです。

親子遠足や花火大会は大抵土の上にレジャーシートを敷くので、前日の天気次第では泥が付く可能性もあります。しかし、洗濯できるレジャーシートならすぐに綺麗に出来るのでおすすめです。

2:固定するペグ穴がある

子供が遠足に使うような一人用のレジャーシートにはペグを入れる穴はなかなかついていませんが、レジャーシートの中には固定するペグ穴があるものがあります。ペグ穴にペグを入れることでレジャーシートを飛ばないように留めておくことが出来ます。

このペグ穴があるレジャーシートは、例えばソロキャンプでテントの横に敷くのにおすすめです。長時間置いておいても風で飛ぶ心配がありません。

3:砂除けがある

レジャーシートおすすめとして砂除けがあるものもおすすめです。選び方として軽いレジャーシートや厚手のレジャーシートも大事ですが、砂除けも重要な点です。 運動会に行くとどうしても砂が風で舞うことが多いです。

また、気をつけていても砂を蹴り上げてレジャーシートに砂が入ってしまいます。それを砂除けがあるレジャーシートは防いでくれます。砂が入る場所にレジャーシートを敷く際は砂除けのあるものを選ぶと良いでしょう。

キャンパーがオススメするレジャーシート4選

1. Groovy「レジャーシート」

Groovy

Groovy「レジャーシート」

1,849円〜(税込)

こちらのレジャーシートは軽量で持ち運びが便利です

豊富なカラーバリエーションで、アウトドアをさらにオシャレにしてくれるGroovy「レジャーシート」。写真映えする鮮やかなカラーから、シックで落ち着いたカラーまで種類があり、好みのものが見つかるでしょう。レジャーシート自体に長さ調節可能な肩ひもと、取っ手が付いているので持ち運びにも最適。

荷物が多くなりがちなレジャーでも、両手が空くので便利ですね。大型で厚手なのに、925gと軽量なのも魅力の一つ。やわらかく厚みのある生地なので、地面の上でも快適に過ごせます。裏面は防水加工が施されており、濡れた地面でも安心。汚れた後も、水でざっと流して天日干しをすればすぐに乾くので、簡単に管理できますよ。

サイズ
150X200cm
重量
925g
材質
表地ポリエステル/中面ポリウレタン/裏地:ポリエチレン

2. BE8(ビーエイト) 「レジャーシート」

BE8(ビーエイト)

BE8(ビーエイト) 「レジャーシート」

3,980円〜(税込)

こちらのレジャーシートの特徴は強い耐熱性と快適な触り心地です

6~8人座れる大判サイズでゆったり使えて、ファミリーにもおススメのレジャーシートです。キャンプでのテントマットや、災害時の防寒シートとしても大活躍。手洗いで洗濯できるので、汚れても安心です。表面はやわらかい上質なフリース素材を使用。寒い時期のアウトドアでも、身体を冷やしません。

ふんわりとした触り心地で、快適なレジャータイムになるでしょう。中地は2mmのスポンジ生地を使用。地面の凸凹やコンクリートなどの硬い場所でも、快適な座り心地です。裏面には高機能素材PEVAを使用しており、防水&断熱性に優れています。濡れた芝生や地面でも水がしみこまず、快適に過ごせるでしょう。

サイズ
200×150cm
重量
約1000g
材質
フリース/PEVA

3. GEEK LIGHTING 「レジャーシート」

GEEK LIGHTING

GEEK LIGHTING 「レジャーシート」

2,698円〜(税込)

こちらのレジャーシートは三層構造が魅力です

6~8人の大人がゆったりと座れるサイズのレジャーシートです。三層構造になっており、座り心地も抜群。表面はアクリル生地で、肌触りが優しく色褪せしないのが特徴。三層構造の中部は、4mmのスポンジとなっており、やわらかい座り心地。地面の石や凹凸による、座り心地の悪さが解消されます。

高い防水性により、地面が濡れていても洋服が汚れることはありません。レジャーシート自体に汚れが付着しにくいため、管理も簡単。万が一汚れても丸洗いできるので、安心ですね。折りたたんだ後は、専用のフロックで固定し、肩掛けで持ち運び可能。お花見や運動会、ハイキングなどさまざまな場面で活躍します。

サイズ
200x200cm
重量
約1000g
材質
アクリル布/4mmスポンジ/PEVA

4. OUTAD「折りたたみレジャーシートSmall」

OUTAD

OUTAD「折りたたみレジャーシートSmall」

1,699円〜(税込)

こちらのレジャーシートは軽量で気軽に持ち運べるのが特徴です

海水浴やピクニック、レジャーで活躍するレジャーシートです。非常に軽く、コンパクトに折りたためます。付属の袋に収納でき、持ち運びに便利なのが特徴。さらさら素材で良い座り心地が良く、砂や汚れが付きにくいのも魅力の一つ。ちょっと座りたい時に、さっと取り出せて、洋服を汚しません。

極力荷物を軽量化したい、登山やピクニックなどのレジャーに最適です。防水性にすぐれており、地面が濡れていても安心。ハトメ穴がついているので、地面に固定可能。風の強い日のレジャーでも、強い味方となります。一枚もっていると様々な場面で活躍してくれるレジャーシートです。

サイズ
150×220cm
重量
約300g
材質
ポリエチレン

編集部おすすめのレジャーシート14選

レジャーシートにあるとおすすめの便利な機能を紹介しました、ここからはそれらの機能を備えているレジャーシートや人気のブランドのレジャーシートなど10選を紹介します。 デザインはもちろん、レジャーシートの厚さや大きさも大小様々なものがあります。こちらの14選を参考にあなたにあったレジャーシートを見つけてみてください。

5. GEEK LIGHTING 「レジャーシート」

GEEK LIGHTING

レジャーシート 厚手 ピクニックマット 200*200㎝ 厚手 3層構造 軽量 持ち運び 防水断熱 大判 大人子供 4~6人用 キャンプマット ビーチブランケット アウトドア お花見 運動会 折り畳みやすい 収納便利

3,059円〜(税込)

丸めてコンパクトに持ち運びが可能なレジャーシート

使用しないときはレジャーシートを丸めてコンパクトに収納することができます。
持ち運びの際は肩にも掛けられる紐がついているので手間もかかりません。砂や土で汚れた際は水で洗うことができ、清潔さを保つことができます。3層構造による高い断熱性や裏面の防水機能がついている点もおすすめのポイントとなっています。

メーカー
GEEK LIGHTING
ブランド
GEEK LIGHTING
商品モデル番号
ANLIN

6. OUTAD「軽量 折りたたみ レジャーシート」

Outad

OUTAD 軽量 折りたたみ レジャーシート 防水仕様 3サイズ

1,499円〜(税込)

手のひらサイズにたたむことができる軽量レジャーシート

コンパクトに折りたたむことができるため、収納や持ち運びにも困りません。
花火大会やキャンプ、ピクニックにはもちろん、防災備品として持っておいても便利なアイテムです。防水加工がなされているため、急な雨の雨除け対策にも利用することができます。S・M・Lの3サイズから選ぶことができ、色は4色あります。

メーカー
outad
ブランド
Outad

7. Coover「レジャーシート」

Coover

Coover レジャーシート 150X200cm ピクニックシート 折りたたみ 6人用 保温 防水 洗える 厚手 快適な座り心地 軽量 簡単なお手入れ 花見 運動会 遠足 (黒のグリッド)

2,600円〜(税込)

高品質な生地で快適な座り心地のレジャーシート

耐久性オックスフォードの表面は、柔らかく座ったり寝転んだりして快適に過ごすことができます。
持ち運びの際はマジックテープで固定することができ、コンパクトになり便利です。水洗いできるしようとなっているので、土や泥で汚れてしまった場合のお手入れもきっちりできます。花見にピクニック、バーベキューなど多目的に用いられるおすすめのアイテムです。

メーカー
Coover
ブランド
Coover

8. Fair bee「レジャーシート」

N.W.(エヌダブリュー)

Fair bee レジャーシート ピクニックマットビーチシート 折り畳み 4~6人用200*148cm 防水 断熱 防潮 水洗い 軽量 収納簡単 持運び便利 花火大会運動会遠足 花見 防災 ビーチ公園芝生室内用シートおしゃれ (イエロー)

1,899円〜(税込)

3人で寝ころべるサイズがうれしいレジャーシート

座ると4~6人収容できるため、ピクニックや花見などレジャーシーンにおすすめです。
デザインは全部で6種類あり、チェック柄や花柄など華やかな印象のものがラインナップされています。折りたたみも簡単で、持ち運びがしやすいように取っ手がついている点も特徴です。

メーカー
Fairbee
ブランド
N.W.(エヌダブリュー)

9. 丸和貿易「ピクニックル レジャーシート」

丸和貿易(Maruwa Trade)

丸和貿易 ピクニックル レジャーシート S マドラス 400798500

1,650円〜(税込)

サイズはSとLから選ぶことができるレジャーシート

S・Lの2つのサイズ展開で、シーンや人数に合わせて選ぶことができます。
それぞれ折りたたんだ際のサイズが異なり、またSの場合は手持ちの取っ手、Lの場合は肩掛けできる紐が付属されていて持ち運びにも便利です。

メーカー
丸和貿易(Maruwa Trade)
ブランド
丸和貿易(Maruwa Trade)
モデル名
4007985-00
梱包サイズ
cm; 198 g
商品モデル番号
4007985-00
商品の重量
198 g

10. OutPort「レジャーシート 厚手」

OutPort(アウトポート)

OutPort レジャーシート 厚手 200X200cm 防水 コンパクト (赤)

3,280円〜(税込)

表面はアクリル製でできているレジャーシート

アクリル製でできていることから強い日差しでも熱くなりにくい特徴があります。
カラーは赤・青・緑の3色展開で、あたたかみのあるチェック柄をしています。防水・防温効果があり、草の水やアスファルトの冷たさを感じることなく快適に使うことができるでしょう。また適度な厚みがあり、長時間座ってもお尻が痛くなりにくいです。

メーカー
Grouport(グルポート)
ブランド
OutPort(アウトポート)
梱包サイズ
106.7 x 63.5 cm; 540 kg
商品の重量
540 kg

11. Coleman「レジャーシート デラックス」

コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) レジャーシートデラックス ネイビーホワイト 約1.1kg 2000036157

7,800円〜(税込)

4辺を立ち上げて砂や小石の侵入を防げるレジャーシート

レジャーシートの4辺を立ち上げさせることができ、座るところに小石や砂が入ることを防いでくれます。
レジャーシートの角にはボタンがついており、4辺を立ち上げる際に固定する役割を果たします。砂や石はもちろん、直接草が触れてしまうことも防ぐことができるため、食べ物やお皿を汚れから守ることができるでしょう。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000036157
商品モデル番号
2000036157

12. BE8(ビーエイト)「レジャーシート」

BE8(ビーエイト)

BE8(ビーエイト) レジャーシート 2~8人用 ネイビー 200×200cm 厚手 大判 洗える 保温 銀マット 防災 野外

3,980円〜(税込)

扱いやすく温かいフリース生地の表面をしたレジャーシート

表面は上質なフリース生地で、温かみを感じることができます。
また裏面はPEVAという素材でできており、水や汚れに強い仕様となっています。普段はレジャーシートとして役割を果たしますが、緊急時には防災用品としても活躍するアイテムです。防寒シートとなり、寒さから身体を守ってくれます。

メーカー
BE8(ビーエイト)
ブランド
BE8(ビーエイト)

13. BRUNO「レジャーシート」

BRUNO

[当店限定] BRUNO レジャーシートS 120cm×120cm 正方形 2~3人用 ネイビー

2,464円〜(税込)

ストライプ柄がキュートな正方形のレジャーシート

赤と青の2色展開でデザイン性のある正方形のレジャーシートとなっています。
おしゃれにアウトドアを楽しみたいという方におすすめで、春夏の心地よいアウトドアシーンを引き立ててくれます。表面はポリエステル、裏面はウレタンポリ塩化ビニルでできており、2重構造となっているため、長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいです。

メーカー
Bruno
ブランド
BRUNO
商品モデル番号
b06067nv

14. Coperta「レジャーシート」

Coperta

Coperta (コペルタ) レジャーシート シート 200 x 170 グランドシート 防水 【大判 軽量 コンパクト 持ち運び袋・ペグ付き】

1,799円〜(税込)

最大6人で座ることができる家族におすすめのレジャーシート

200×170cmの大きいサイズで家族でのピクニックにおすすめです。
4隅にはペグを打ち込むための紐がついており、急な突風でもシートが飛ばされる心配がありません。両面に防水・撥水加工がついており、雨や汚れに強く乾きやすい仕様となっています。折りたたむと手のひらサイズに収納でき、持ち運びにも便利です。

メーカー
Coperta
ブランド
Coperta
梱包サイズ
19 x 15 x 5 cm

15. CAPTAIN STAG 「EVAフォームマット ダブル」

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル 140×217cm UB-3001

4,780円〜(税込)

保温性とクッション性に富んだフォームマット

厚さは1.5cmあり、保温性とクッション性を発揮し寝心地もいい素材です。
表面は凹凸でできており、地面との接触面積が小さいことから保温性が高いおすすめのアイテムです。キャンプや車中泊で寝ころぶ際、またアウトドアでレジャーシートとしてなどさまざまな場面で活躍することでしょう。専用バックがついており、持ち運びも楽にできます。

メーカー
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
モデル名
UB-3001
サイズ
(約)幅140×長さ217×厚さ1.5cm
収納サイズ
(約)70×13×39cm
重量
(約)760g
材質
発泡ポリエチレン, EVA樹脂

16. Terra Hiker「レジャーシート」

Terra Hiker

Terra Hiker レジャーシート 防水 薄型 折りたたみ式 150X220cm / 180x220cm / 220x240cm キャンプマット ブランケット ピクニックマット テントの下敷きに 日よけテント 収納バッグ付き 軽量 Dark green (dark green 240*220cm)

1,990円〜(税込)

防水機能に富んだオックスフォードポリエステル布でできたレジャーシート

防水機能はもちろん、地面との擦れや汚れからも防いでくれるシートです。
4辺には細かく2重にして縫製されているため、大雨の場合でも漏れることなく安心して利用することができます。4隅には穴の開いたループ帯があり、ペグを打ち込めばシートが飛んでしまうこともありません。

メーカー
Terra Hiker
ブランド
Terra Hiker

17. Oregonian Camper「防水 グランドシート」

Oregonian Outfitters

[オレゴニアンキャンパー] Oregonian Camper WP グランドシート カーキ Mサイズ OCA-503 レジャーシート キャンプ アウトドア 防水シート

3,080円〜(税込)

裏面に防水加工が施されたグランドシート

防水加工がなされているため、冷たさを感じたり濡れてしまうことがありません。
S・M・Lの3サイズ展開で、無地の物やミリタリー柄の物などがあります。アウトドアにマッチする配色となっており、クールなデザインを求める人におすすめです。4隅には穴が開いており、ペグを打ち込むことで風によってシートがめくれることから防いでくれます。

メーカー
Oregonian Camper
ブランド
Oregonian Outfitters
モデル名
OCA-503
商品モデル番号
OCA-503-K

18. Matador「ポケットブランケット」

Matador マタドール

マタドール Matador ポケットブランケット 2.0 グリーン/グレー 20370015088000

3,850円〜(税込)

強風が吹いても飛ばないようにステークが内蔵されているポケットブランケット

4隅に内蔵されたステークを固定することで、強風にも耐えることができます。
穴が開きにくい耐久性、水はけのいい撥水性をもっており、ハイキングやピクニックなどシーンを問わず活躍するおすすめのアイテムです。折りたたむと手のひらサイズに収まる点も特徴です。

メーカー
Matador マタドール
ブランド
Matador マタドール
モデル名
2.0
梱包サイズ
160 x 110 x 0.5 cm; 107 g
商品モデル番号
2.0
商品の重量
107 g

失敗しないレジャーシートの選び方4つ

わざわざハワイの砂浜や山に行ったのに、砂が入ってきたり地面が痛くて座りづらいとなるのは嫌なものです。また、コンパクトなレジャーシートがあると知らず荷物がかさばってしまうのも煩わしいでしょう。 そうならないためにも、ここでは失敗しないレジャーシートの選び方を4つ紹介します。自分の用途にあったおすすめのレジャーシートを購入して楽しく過ごしましょう。

1:レジャーシートの厚さ

レジャーシートには厚いものと薄いものがあるのはご存知でしょうか。行く先の地面が石も混ざっている場所ですとお尻が痛くなることがあります。それを厚手レジャーシートは防いでくれます。そのため、行く先の地面が硬い場合厚手レジャーシートをおすすめします。逆に薄いレジャーシートはかさばらず持ち運びが楽なので2人で車を使わずに出かける際は、二人用の薄手レジャーシートがおすすめです。

2:サイズ

レジャーシートには様々なサイズがあります。遠足でおなじみの一人用から大人数が座れる六人用など様々なサイズがあります。そのため、一緒に出かける人数に合わせてレジャーシートのサイズを選ぶことが大切です。 しかし、大きくなればなるほど重さが重くなりかさばってしまうので、軽量にしたい場合は個々で小さいサイズのレジャーシートを持っていくのをおすすめします。

3:持ち運びのしやすさ

アウトドアに持って行くとなると、あまりかさばってしまうと持ち運びが不便です。また、荷物が重くなっても疲れてしまいます。そうならないためにも、荷物を少なくしたいお出かけにはコンパクトで軽量なレジャーシートをおすすめします。<

4:素材

レジャーシートには様々な素材があります。特に防水性能を兼ね備えたレジャーシートは急な雨や運動会などで飲み物をこぼしてしまった際に役立ちます。そのため、屋外の屋根のない場所で使う時や飲み物を飲む方におすすめです。

おすすめのレジャーシートでアウトドアを楽しもう!

レジャーシートを何も気にせず買っている方も多いのではないでしょうか。レジャーシートは様々な種類や大きさ、デザインがあります。水に濡れて困る事態も防水のレジャーシートを選ぶと防ぐことが出来ます。あなたに合ったレジャーシートで快適に過ごしましょう。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細