✨おすすめのLEDウインカー11選を徹底比較✨【2024年版】|交換時に考慮することもご紹介

オリジナルアイキャッチ

※この記事には広告が含まれます

LEDウィンカーは従来のウィンカーと比べて明るく長期間持つため、多くの方に選ばれています。

しかし、LEDウィンカーのバルブ形状はさまざまで数多くの商品があります。

そのため、LEDウィンカーを選ぶ際に悩む方も多いと思います。

結論、LEDウィンカーは下記のポイントを抑えて選ぶのがおすすめです。
LEDウィンカーを選ぶポイント
  • バルブの形状はコンパクトなT20がおすすめ
  • 明るすぎても眩しく危険なので、白熱球の280ルーメンと同程度がおすすめ
そして、LEDウィンカーの中でも特におすすめなのは下記の商品です。


↓↓↓商品名をクリックすると詳細を閲覧できます↓↓↓
商品名 画像 最安値 特徴 スペック
バルブ形状 最大光量 数量

PIAA(ピア)

ウインカー/ポジション用 LEDバルブ

PIAA ウインカー/ポジション用 LEDバルブ 6600K 車検対応 250lm/350lm T20 12V用 ...

輝度が高いため、暗い道の運転も安心

T20 350ルーメン 2個

IPF

ウィンカーバルブ LED アンバー

IPF ウィンカーバルブ LED アンバー 550ルーメン T20 501WB & ハイフラッシャー防止キャンセラ...

ハイブリッド、軽自動車両方に対応で、車検対応仕様

T20 550ルーメン 2個

Philips(フィリップス)

X-tremeUltinon LED

フィリップス ウインカー LED T20(WY21W) 180lm 12V 5.5W エクストリームアルティノン ...

全てリフレクターに反射させるため、発せられる光を無駄にしない

T20 180ルーメン 2個
Chapter
ウインカーはメーカーごとに違いがある?
おすすめのLEDウインカー11選の徹底比較表
おすすめのLEDウインカー11選
ウインカーの交換時に考慮すること4つ
おすすめのLEDウインカーを見つけよう

ウインカーはメーカーごとに違いがある?

自動車の走行の際、右左折や車線変更には欠かせないウインカーですが、メーカーごとに違いがあることをご存知でしょうか。

国土交通省が定める保安基準を満たしているのが大前提ですが、ウインカーに使われるバルブ形状や、明るさの単位に違いがあるのです。

ウインカーに使われるバルブ形状

ウインカーに使われるバルブ形状は、国産車の場合、T20とS25の2種類の白熱球があります。

アンバー(オレンジ)色タイプとクリアタイプがあり、消費電力は21Wで、T20の方がS25に比べてやや小ぶりです。

最近走っている国産車のほとんどはT20が使われており、S25は古い車種がほとんどです。

また、アンバー(オレンジ)色タイプとクリアタイプは、入れ間違いを防ぐためにツメの形状が異なっています。

明るさの単位

明るさの単位は、光の量を意味するルーメン(lm)で表します。

白熱球のウインカーの明るさは、280(lm)ルーメンです。

元々ウインカーランプの保安基準として、「昼間に100m離れた位置からウインカーの点灯が確認できる明るさで、周りに迷惑とならない事」と決められています。

また、橙色であることも決められています。

視認性が必要ですが、明るすぎも事故を誘発する危険性があるので注意して選ぶ必要があります

出典:道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2009.10.24】〈第二節〉第 137 条(方向指示器)

おすすめのLEDウインカー11選の徹底比較表

※最大光量は1個あたり
商品名 画像 最安値 特徴 スペック
バルブ形状 最大光量 数量

PIAA(ピア)

ウインカー/ポジション用 LEDバルブ

PIAA ウインカー/ポジション用 LEDバルブ 6600K 車検対応 250lm/350lm T20 12V用 ...

輝度が高いため、暗い道の運転も安心

T20 350ルーメン 2個

IPF

ウィンカーバルブ LED アンバー

IPF ウィンカーバルブ LED アンバー 550ルーメン T20 501WB & ハイフラッシャー防止キャンセラ...

ハイブリッド、軽自動車両方に対応で、車検対応仕様

T20 550ルーメン 2個

Philips(フィリップス)

X-tremeUltinon LED

フィリップス ウインカー LED T20(WY21W) 180lm 12V 5.5W エクストリームアルティノン ...

全てリフレクターに反射させるため、発せられる光を無駄にしない

T20 180ルーメン 2個

カーメイト(CARMATE)

‎BW328

カーメイト 車用 LED ウインカーGIGA S25 6500K

配光にもこだわったウインカーランプ

S25 250ルーメン 2個

スフィアライト(Spherelight)

SSWK03

スフィアライト 車用 シーケンシャルウィンカー 流れる ウインカー C-Type SSWK03

ハイフラ対策がされているのでキャンセラーが不要

- 1100ルーメン 2個

Valenti (ヴァレンティ)

ノア 80系 (H26/1-) JEWEL LEDドアミラーウインカー

VALENTI JEWEL LEDドアミラーウインカー

常時点灯させたりスモールランプに連動して点灯させたりすることも可能

- - 2個

OXILAM

LED ウインカー

OXILAM T20シングル, LED ウインカー アンバー キャンセラー内臓 7440 ハイフラ防止 ウインカー...

大部分の車種に対応可能

T20 - 2個

OPPLIGHT

LED ウィンカー OPPLIGHT最新型

REPTICO T20 LED

高級キャンセラー及び、小型のハイフラ抵抗をバルブ内に内蔵

T20 1800ルーメン 2個

Feison

LEDウインカー T20 アンバー CSP24連

LEDウインカー T20 アンバー CSP24連

24個の超小型LEDチップ搭載で昼間も視認性抜群

T20 1800ルーメン 2個

HID屋

LEDウインカー S25 アンバー 12V/24V 1800lm

LEDウインカー S25 アンバー 12V/24V 1800lm

【Amazonベストセラー1位獲得】フルステルス仕様ながらも明るさ抜群!

S25 1800ルーメン 2個

fcl.(エフシーエル)

LED ウィンカ― 車検対応 静音設計

LED ウィンカ― 車検対応 静音設計

専用設計&品質保証で安心長持ち

T20、T20 ピン部違い、S25、S25 ピン角違い 1000ルーメン 2個
全11商品を見る

おすすめのLEDウインカー11選

ここまで、ウインカーの基礎知識について紹介しました。では、ウインカーはどのようなメーカーが取り扱っているのでしょうか。

これから、ウインカーのおすすめメーカー11選を紹介していきます。

PIAA(ピア)

ウインカー/ポジション用 LEDバルブ

9,626円〜(税込)

PIAAは、自動車部品や自動車用品の販売を行っています。製品は品質が高いため、数多くのモータースポーツで使われています。

PIAAのライトは輝度が高いため、暗い道の運転も安心してスムーズに行うことができるでしょう。

それだけではなく、省エネ設計もされているため、ガソリン代の節約も可能です。

また、汎用ソケット採用なのでほとんどの車種に取り付け可能です。

バルブ形状
T20
LEDチップ数
12個
最大光量
350ルーメン
数量
2個

IPF

ウィンカーバルブ LED アンバー

14,258円〜(税込)

IPFは、自動車用照明器具や自動車照明部品などを主に扱うメーカーです

IPF ウィンカーバルブは、明るさが全光束550ルーメン(lm)で、昼間や夕暮れ時の逆光でも安心です

ハイブリッド、軽自動車両方に対応で、車検対応仕様となっています。

バルブ形状
T20
LEDチップ数
-
最大光量
550ルーメン
数量
2個

Philips(フィリップス)

X-tremeUltinon LED

11,800円〜(税込)

PHILIPSは、発せられる光を無駄にしないウインカーを取り扱っています

ウインカー LED 12763x2は、アンバー色のLED光が全光束180ルーメン(lm)で、全てリフレクターに反射させるため、発せられる光を無駄にしません

また、LEDバルブボディー部分には、シルバーメタリックを採用しているため、ヘッドライト灯具内の映りこみを軽減します。

耐久性にも優れており、不点灯などの故障の原因となる「熱や振動」に対する対策もされています。

バルブ形状
T20
最大光量
180ルーメン
数量
2個

カーメイト(CARMATE)

‎BW328

4,900円〜(税込)

カーメイトは、カー用品やアウトドア製品など、様々な商品を取り扱っています

LED ウインカーGIGA S25 6500Kは、最新の高輝度LEDを2個採用し、明るさは250ルーメン(lm)で配光にもこだわったウインカーランプです。

ハイフラ防止用抵抗ユニットは付属していないので、別途購入が必要です。

また、12V自動車用バルブになっているため注意しておきましょう。

バルブ形状
S25
最大光量
250ルーメン
数量
2個

スフィアライト(Spherelight)

SSWK03

12,100円〜(税込)

SPHERE LIGHTは、株式会社SPREADが運営する事業部で、カーパーツの販売を主に行っている会社です

この会社で扱っているLEDバルブは、車検対応しており、明るさは2灯合計値で2200ルーメン(lm)、カラーはアンバー色です。

ハイフラ対策がされているのでキャンセラーが不要で、すぐに白熱球タイプのウインカーランプをLED化させることができます。

バルブ形状
-
最大光量
1100ルーメン
数量
2個

Valenti (ヴァレンティ)

ノア 80系 (H26/1-) JEWEL LEDドアミラーウインカー

39,600円〜(税込)

VALENTIは、ヘッドランプやテールランプ、ドアミラーなど、パーツごとにカー用品を取り扱っています

DMW-T5CWは、ウインカー作動時にはマーカーランプが消え、アンバー色に点滅します。

ウインカー解除後再びホワイトに発光します。配線の接続方法によって常時点灯させたりスモールランプに連動して点灯させたりすることも可能です。

バルブ形状
-
最大光量
-
数量
2個

OXILAM

LED ウインカー

2,780円〜(税込)

OXILAMは、ハイフラ対策をする必要がないタイプのウインカーバルブを取り扱っています

OXILAMで取り扱っているウインカーバルブは、小型のハイフラ抵抗をバルブ内に内蔵しています。

また、CANBUSキャンセラーが内蔵されており、大部分の車種に対応可能です。

バルブ形状
T20
最大光量
-
数量
2個

OPPLIGHT

LED ウィンカー OPPLIGHT最新型

3,880円〜(税込)

OPPLIGHTは、耐熱性、放熱性に優れている製品を取り扱っています

WX3×16dは、カラーがアンバー色で、高輝度LEDチップ20連を採用しています。

また、高級キャンセラー及び、小型のハイフラ抵抗をバルブ内に内蔵なので、ハイフラ対策・加工の必要はありません。

無極性なので、純正球と同じようにそのまま差し込むだけで簡単に交換できるので、手間がかかりません

バルブ形状
T20
最大光量
1800ルーメン
数量
2個

Feison

LEDウインカー T20 アンバー CSP24連

3,580円〜(税込)

24個の超小型LEDチップ搭載で昼間も視認性抜群

Feison(フェイソン)のLEDウインカーは純正ハロゲン球の4倍以上の明るさをもち、昼間の視認性も抜群です。

搭載された24連のLEDチップが発光効率96%以上で360°を照らし、周囲のドライバーへしっかりアピールできます

ハイフラ防止機能も従来品からさらにパワーアップ。防止率99%を誇ります。

本体はIP67防水仕様、高速冷却ファンが放熱効果を高めることで、ウインカーの寿命を最大限に伸ばす工夫もされています。

バルブ形状
T20
最大光量
1800ルーメン
数量
2個

HID屋

LEDウインカー S25 アンバー 12V/24V 1800lm

5,480円〜(税込)

【Amazonベストセラー1位獲得】フルステルス仕様ながらも明るさ抜群!

HID屋のLEDウインカーはフルステルス仕様となっているのでリフレクターにランプが浮き上がらず、車がスッキリと美しい外観になります

ワイドに広がる光が路面まで照らすため視認性の高さも◎。ハイフラ防止抵抗内蔵で加工の手間もありません。

熱感知制御センサーを内蔵していて、長時間点灯の際は自動で熱量を落とし耐久性を維持してくれます。

「明るすぎないくらいが良い」という方には、カバーつきタイプがおすすめです。

バルブ形状
S25
最大光量
1800ルーメン
数量
2個

fcl.(エフシーエル)

LED ウィンカ― 車検対応 静音設計

6,480円〜(税込)

専用設計&品質保証で安心長持ち

fcl.(エフシーエル)のLED ウィンカ―は、使う人の安心と安全にこだわった機能が多く搭載されています

静音設計で放熱作用の高いファンを内蔵し、細かな違いのバルブ形状も専用設計で用意。脱落や故障の心配なく安心して使用できます。

車検基準を満たすため、出荷前には様々な検査を実施しているのも特徴。万一の時は一年間の保証期間内なら何度でも交換してくれます。

あえて純正球に近い明るさにすることで、周囲のドライバーにも配慮した安全性の高い製品です。

バルブ形状
T20、T20 ピン部違い、S25、S25 ピン角違い
最大光量
1000ルーメン
数量
2個

ウインカーの交換時に考慮すること4つ

ウインカーを交換する際に、考慮しなければならないことがいくつかあります。考慮することを知り、ウインカー交換を正しく行いましょう。これから、ウインカーの交換時に考慮すること4つを紹介していきます。

1:リフレクターの形状

リフレクターとは、車の前後の面と側面に取り付けられている反射板のことです。

道路運送車両法の保安基準の中で、周囲に自分の車の存在や車幅を知らせるために、備えなければならない部品です。

LEDのように発光するものは車検には通らない場合があるので気をつけましょう。

出典:第35条(側方灯及び側方反射器)
参照:https://www.mlit.go.jp/common/000210245.pdf

2:光源の数と位置

ウインカーの車検基準として、光源は左右に1個ずつあれば良いとされています。

自動車によっては、ウインカーの取り付け位置が、照明部分の上縁の高さが地上2.1メートル以下、下縁が地上0.35メートル以上と決められているものもあります。

ウインカーの取り付け位置を考慮して、交換作業を行いましょう。

参考:https://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokukokuji/saikoku_137_00.pdf

出典:道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2009.10.24】〈第二節〉第 137 条(方向指示器)

3:前後どちらにつけるか

ウインカーをLEDバルブに変更する際には、前後どちらにつけるかも考慮する必要があります。

理由としては、ノーマルのウインカーリレーが、前後の電球とメーターのインジケータランプのワット数の合計抵抗で点滅作動するよう作られているからです。

どちらもLEDのウインカー バルブにすると、つきっぱなしになってしまう常時点灯、もしくは点滅速度が上がり、高速点滅の状態になることもあります。

その際には、球の消費電流が変わったとしても、点滅作動するICリレーなどへの交換をする、もしくは、ハイフラキャンセラーを設置するなどすることによって解消されます。

4:ハイフラッシュにならないか

通称「ハイフラ」と呼ばれますが、正式名称はハイフラッシュと言います。

この現象はウインカー電球が球切れになった時を知らせるための高速点滅のことを言い、白熱球からLEDに変更する際起きがちです。

LEDは消費電力が極端に小さくなるため、車が球切れと判断してしまうことによってハイフラッシュが起こります。

ハイフラッシュが起こらないようにするためには、変更するLEDウインカー バルブにハイフラキャンセラーが施されているものを選ぶか、別途ハイフラキャンセラーをつける必要があります。

おすすめのLEDウインカーを見つけよう

これまで、各メーカーのウインカーの特徴や交換時の注意点などを紹介しました。

ここでご紹介したメーカーの情報やライトの知識を参考に、自分の車に合ったウインカーを探してみてはいかがでしょうか。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細