車載モニターを取り扱っているメーカー12選|選ぶ時のポイントも紹介

モニター 2019 バックモニター

カーナビや動画視聴に便利な車載モニターはどのようなメーカーが取り扱っているのでしょうか。この記事では車載モニターを取り扱っているメーカーや車載モニターを選ぶ時のポイントなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

Chapter
車載モニターとは?
プロがおすすめする車載モニターを取り扱っているメーカー3選
1.PARKVISION
2.DW(ドライブワールド)
3.SINMEN
編集部おすすめの車載モニターを取り扱っているメーカー9選
1.OBEST
2.BOSCAM
3.ALPINE
4.LOSKA
5.EONON
6.KENWOOD
7.Vanfare
8.カロッツェリア
9.DreamMaker
車載モニターを選ぶ時のポイント3つ
車載モニターのメーカーを知ろう

車載モニターとは?

車載モニターとはドライブ中でもDVDなどを楽しめるモニターです。車の椅子の後ろに取り付けることで、後部座席でテレビやDVDなどが楽しめるのが車載モニターです。もともと車載モニターが付いていない車でも、さまざまなメーカーから販売されているため、愛車や目的に合った車載モニターを購入して取り付けることも可能です。

プロがおすすめする車載モニターを取り扱っているメーカー3選

1.PARKVISION

PARKVISION PARKVISION デジタルワイヤレスバックカメラ&5インチIPS液晶モニターセット 無線バックカメラセット 安定化した信号方式 EMIノイズ対策済 正像・鏡像切替 ガイドライン表示/非表示 上下反転 2種類の取付方に対応 10m車体に取付可能 モニター調光機能 複雑な配線取り回し不要 DC12-24V対応 12ヶ月保証有り「500D」

14,999円〜(税込)

PARKVISIONは、バックカメラ付きのモニターを販売しているメーカーです。

車内で使用するモニターの多くは、ノイズによって画像が悪くなることがあります。私の車にも純正のバックカメラが付いていましたが、年式が古く、頻繁に画像乱れが起こるようになってしまい、とても実用に耐えうる使える状態ではありませんでした。

本製品はアナログ方式ではなくデジタル方式であるため、ノイズの影響をほとんど受けません。実際に使ってみると、画像の明るさやコントラストも調整できますので、悪天候や夜間でも問題なく使用できるので気に入っています。

モニターサイズも5インチとちょうどいいサイズですので、車内に設置しても目ざわりだと感じることはありません。バックカメラを後付けしようと考えている人に、まずおすすめする製品ですね。

メーカー
PARKVISION
ブランド
PARKVISION
梱包サイズ
2.3 x 3 x 2.3 cm
商品モデル番号
WRS-500D

2.DW(ドライブワールド)

DW(ドライブワールド) フリップダウンモニター 13.3インチ HDMI 高画質 大画面 16色 ルームランプ リアモニター 搭載 ベージュ F1331HY

32,000円〜(税込)

DWは、車載用のモニターやアウトドア用品、フィットネス用品などを販売しているメーカーです。

車載モニターを使うときは、映像の配線や音声の端子などを接続しなければいけませんので、取り付けるのに苦労する人も多いはず。取り付け作業が難しいがゆえに購入をためらってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、本製品はモニターにスピーカーが内蔵されていますので、電源と映像用の配線を繋ぐだけで簡単に使用できます。配線の接続が苦手な私でも、1時間ほどで取り付けることができました。

HDMIポートの接続口もあるため、スマホから本製品に接続すれば、YouTubeなどのストリーミング映像も楽しめます。

また、本体背面にイルミライトが備え付けられているのも気に入っています。夜間に青や紫のライトを点灯させれば、車内がリラックスできる空間に早変わり。車中泊をする人にとっては、意外と重宝する機能ではないでしょうか。

後付けの車載モニターは正直なところ安っぽい見た目のものが多い印象を受けますが、本製品は非常にスタイリッシュなデザインで、チープさを感じさせません。セダンや高級ミニバンなどの内装にもマッチしますので、見た目を重視する人にもおすすめです。

メーカー
ドライブワールド
ブランド
DW(ドライブワールド)
商品モデル番号
F1331HY

3.SINMEN

SINMEN 2021年進化型 耐震デバイス搭載11.6インチヘッドレストモニター dvd スロットイン式 dvdプレーヤー HDMI入力 スマホ同期可能 リアモニター車載dvdプレーヤー内蔵 CPRM対応 高画質1366*768 リージョンフリー レジューム機能 AUX USB/SD/AV-IN/AV-OUT スピーカー内蔵 軽薄設計 簡単取付 シガーアダプター付き ACアダプター付き 18ヶ月保障 日本語説明書付属

15,999円〜(税込)

SINMENは、車載用DVDプレーヤーやマルチメディア対応型の車載モニターを販売しているメーカーです。

本製品は本体にDVDやCDを直接セットするタイプですので、電源にさえ接続していればすぐに映像を視聴することができます。運転席のシートや助手席のシートに取り付けておけば、後部座席に乗っている人は自由に好きなDVDをセットできます。

私は頻繁に家族でドライブに出かけるのですが、子どもたちからは自分の好きなDVDが見られるとたいへん好評です。

ただ、車載モニターを搭載していると外からでも目立ちますので、車上荒らしのターゲットになることがあります。

本製品はヘッドレストにモニター固定用のブラケットを取り付けておけば、モニター本体はワンタッチで取り外すことができます。使わないときや車を離れるときはモニターを外しておくと、盗難やイタズラのリスクを軽減できます。

家族で車に乗って出かける機会が多い人に使っていただきたい製品ですね。

メーカー
touzhen
ブランド
SINMEN
商品モデル番号
SM-1116D

編集部おすすめの車載モニターを取り扱っているメーカー9選

車載モニターを取り扱っているメーカーをご紹介します。車載モニターを購入しようと思っても、さまざまなメーカーが販売しているためどれを選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。 ここでは車載モニターを取り扱っているメーカー9選をご紹介しますので、どのようなメーカーがあるのかぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.OBEST

OBEST OBEST バックカメラ広角180度 IP69防水暗視 リアカメラ 角度調整可

2,000円〜(税込)

OBESTは車載モニターやヘアアイロンなどを取り扱っているメーカーです。

中国のメーカーで、豊富な種類の車載カメラをショッピングサイトで販売しています。近年では業績も伸び、評判も上がってきています。 OBESTの車載カメラはケーブル1本で容易に取り付けられる手軽さが人気で、OBESTの4.3インチLCDモニターは、IPX67防水加工やナイトビジョン対応などが人気のポイントです。

メーカー
OBEST
ブランド
OBEST
商品モデル番号
1584

2.BOSCAM

BOSCAM バックモニター カメラセット ワイヤレス BOSCAM K1 4.3インチ オンダッシュモニター 取り付け簡単 IP68防水 駐車支援 車庫入れ 12V車用

SOLD OUT

BOSCAMはカーナビなどのカー用品を取り扱っているメーカーです。

カーナビやドライブレコーダー、カーオーディオアクセサリなどを展開しており、知名度の高いメーカーです。 BOSCAMのワイヤレス5インチLCDモニターはワイヤレスなので簡単に取り付けられ、少ないスペースでも取り付け可能な点がポイントです。

梱包サイズ
17.5 x 12.5 x 10 cm ; 671 g
発送重量
671 g
製造元リファレンス
K1

3.ALPINE

アルパイン(Alpine) ALPINE(アルパイン) 10.1型 WSVGA液晶 ルームライト有り HDMI入力付き スリムリアビジョン 後席モニター ブラック RSH10XS-R-B

51,500円〜(税込)

ALPINEは音響機器やカーナビゲーションメーカーです。

アルプスアルパインは電子機器やさまざまなカー用品を展開している日本の大手企業です。2020年にグループ会社であるアルパイン株式会社のカーオーディオやカーナビなどの車載事業を引き継ぎました。 ALPINEの10.1型LEDリアビジョンは天井に取り付けられる車載モニターで、後部座席からも画面がしっかり見やすくなっています。

メーカー
アルパイン(Alpine)
ブランド
アルパイン(Alpine)
モデル名
RSH10XS-R-B
商品モデル番号
RSH10XS-R-B

4.LOSKA

LOSKA LOSKA フリップダウンモニター LEDバックライト液晶

16,650円〜(税込)

LOSKAはカー用品やバイク用品などを販売しているメーカーです。

フリップダウンモニターやヘッドレストモニターなど、さまざまな車載モニターを販売しています。 LOSKAのHD12.1インチフリップダウンモニターはスリムなデザインで、使用しないときはコンパクトに収納でき、軽自動車から普通車まで幅広く取り付けできる点がポイントです。

ブランド
LOSKA
商品モデル番号
DS-1201HD
画面サイズ
12.1インチ
本体の重量
約1.6kg

5.EONON

EONON EONON フリップダウンモニタ 10.1インチ 1024*600 WSVGA液晶デジタルスクリーン 車載リアモニター (L0122) 超薄型 IRヘッドホン対応 タッチパネル搭載 電源状態記憶機能

15,800円〜(税込)

EONONはヘッドレストモニターやフリップダウンモニター、カーナビDVDプレイヤーなどを販売しているメーカーです。

18年の歴史がある車載用電気用品専門メーカーで、専門店という安心感があります。 EONONの10.1インチフリップダウンモニターは薄型のデジタルスクリーンで、厚みを感じないデザインになっています。また、内蔵しているブルーライトを付ければ映画館のような雰囲気を楽しめます。

メーカー
SPEEDER(スピーダー)
ブランド
EONON
モデル名
L0122
梱包サイズ
28.1 x 25.1 x 2 cm
商品の重量
1.8 kg

6.KENWOOD

ケンウッド(KENWOOD) ケンウッド(KENWOOD) 9V型WVGAリアモニター. LZ-900

14,350円〜(税込)

KENWOODは家庭用オーディオ機器やカーマルチメディア機器などを販売しているメーカーです。

カーオーディオやカーナビゲーションなどを中心に展開している日本のメーカーで、現在は株式会社JVCケンウッドのブランドになっています。 KENWOODの9V型WVGAリアモニターは、車内スペースを圧迫しないサイズでツインモニターにも対応しており、ドライブ中でもリアシートで映画などを楽しめます。

メーカー
ケンウッド(KENWOOD)
モデル名
LZ-900
商品の重量
430g

7.Vanfare

Vanfare Vanfare V-07 HD1080Pバックカメラモニターセット ワイヤレスバックカメラ 7インチ バックモニター デジタル信号

15,599円〜(税込)

Vanfareは車載モニターを中心に販売しているメーカーです。

オンダッシュモニターやバックモニターなどのさまざまな車載モニターを展開しており、取り付けが簡単なタイプも多くあります。 Vanfareの7インチLCDモニターは付属のカメラがペアリング済みとなっているため、すぐに使い始めることができます。100万画素の高画質でハイクオリティな映像を楽しめます。

メーカー
DoHonesPest
ブランド
Vanfare
商品モデル番号
V-07

8.カロッツェリア

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer) カロッツェリア(パイオニア) 13.3V型 フルHD フリップダウンモニター TVM-FW1300-B

104,800円〜(税込)

カロッツェリアはカーオーディオやカーナビなどを中心に販売しているメーカーです。

カロッツェリアはパイオニアが展開しているカー用品の専門ブランドで、日本国内のみで使用されているブランドです。サイバーナビや楽ナビなどのカーナビが有名です。 カロッツェリアの10.2V型ワイドVGAフリップダウンモニターはHDMIなど3系統の入力に対応しており、さまざまな機器を接続できます。

メーカー
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
ブランド
カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
モデル名
TVM-FW1300-B
梱包サイズ
24.3 x 38.5 x 3.8 cm; 2.4 kg
商品モデル番号
TVM-FW1300-B
商品の重量
2.4 kg

9.DreamMaker

ドリームメーカー(DreamMaker) ポータブルDVDプレーヤー 9インチ 車載 リージョンフリー CPRM 高画質液晶 ヘッドレスト 取付キッド USB SD CDプレーヤー [DV090B]

5,980円〜(税込)

DreamMakerはカーモニターやカーテレビなどを販売しているメーカーです。

ダッシュボードやヘッドレストに取り付け可能なモニターやテレビ、さらにトラック用モニターもラインナップしているメーカーです。 DreamMakerの13.3インチ車載テレビはフルセグ内蔵のため、フルセグとワンセグの両方を13.3インチの大画面で楽しめます。

メーカー
DreamMaker
ブランド
ドリームメーカー(DreamMaker)
モデル名
DV090B
商品モデル番号
DV090B

車載モニターを選ぶ時のポイント3つ

車載モニターを選ぶ時のポイントをご紹介します。さまざまな車載モニターを販売しているメーカーをご紹介してきましたが、実際に車載モニターを選ぶ場合にはどのようなポイントを押さえればよいのでしょうか。 ここでは最後に車載モニターを選ぶ時のポイント3つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

車載モニターを選ぶ時のポイント1:取付場所を確認する

車載モニターをどこに取り付けて使用するのかは車載モニターを選ぶ際の重要なポイントです。車載モニターには、前部座席で使用したい場合と後部座席で使用したい場合の2つのパターンがあります。運転席などの前部座席で使いたいならオンダッシュモニター、後部座席で使いたいならリアモニターを選びましょう。

車載モニターを選ぶ時のポイント2:サイズを確認する

画面サイズをどの程度にするのかは車載モニターを選ぶ際の重要なポイントです。車載モニターの画面サイズは大きく分けると5インチ、7〜9インチ、10インチ以上の3種類に分けられます。車載モニターの使用目的がカーナビや駐車サポートであれば、5インチ程度で問題ありません。 また、動画を見たいなら7インチ以上がおすすめです。ミニバンやSUVなどで使用するなら、10インチ以上を選ぶと良いでしょう。

車載モニターを選ぶ時のポイント3:端子を確認する

車載モニターに接続したい機器の端子の確認は車載モニターを選ぶ際の重要なポイントです。ひとくちに車載モニターと言っても、スマホに接続したい、地デジチューナーに接続したいなど、用途は人によって異なります。また、接続する機器によって端子が異なるため、車載モニターがその端子に対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

車載モニターのメーカーを知ろう

車載モニターはさまざまなメーカーが販売しています。車に車載モニターを搭載することで、ドライブ中でも気軽に映画やテレビを楽しむことができるようになります。 ぜひこの記事でご紹介した車載モニターを取り扱っているメーカーや車載モニターを選ぶ時のポイントなどを参考に、愛車に最適な車載モニターを見つけてみてはいかがでしょうか。

もーりー

元大手自動車メーカー勤務で、オートバイのロードレース国際ライセンスも所持。レースや仕事で車移動が多く、さまざまな土地を訪れるうちに車中泊やメンテナンスについての知識がどんどん高まり、現在は自動車専門ライターとして活動中の方です。

もーりー