バックスピンで魅せるゴルフは簡単だ!|クラブを使いこなすために絶対に知っておきたい

プロゴルファーのゴルフを間近に見る機会はなかなかありませんが、実際に目の当たりにすると思わずため息が出るショットに衝撃を受ける人が多いようです。はるか遠くまで飛んでいくドライバーショットは、飛ぶだけではなく、正確なことにも驚かされます。これについては、衝撃を受けても、自分のゴルフにはあまり影響しないと言われています。理由は、あまりに違いすぎて、「自分には無理だ!」と諦められるからです。

文・篠原 嗣典

Chapter
バックスピンは用具がもたらす?
バックスピンを使いこなせないゴルファーが多い真相
最後に
ゴルフ アプローチショット

もう一つの衝撃が…バックスピンです。グリーン上に落ちたボールが、ギュギュッと止まったと思ったら飛んでいった方向とは逆の方向に戻っていくように転がるのです。「カッコイイ!」と憧れるわけです。

プロゴルファーのように飛ばすのは無理だとしても、バックスピンなら自分にもできるかもしれない、と考えてしまうことを誰も責めることはできません。ゴルフにおける憧れは、根拠がないのに強い自信になることがよくあるのです。

一般的なアマチュアゴルファーでも、確かにバックスピンがかかったショットを放つことができるケースがあります。そうなってくると、ますます、バックスピンは身近なものになります。「自分もできる!」と確信するわけです。

バックスピンは用具がもたらす?

ゴルフ

義務教育レベルの科学知識でも、バックスピンがかかる仕組みは理解できます。ボールを上から下に潰すようにクラブを打ち込めば良い、と考えるわけです。

バックスピンをかけようと、地面をほじくるように、ダウンブローに打ち込んでいるゴルファーがどのコースにも一人はいるものです。残念ながら、必死になって打ち込んでもバックスピンがかかってボールが戻ったという成功例はほとんど耳にしません。

バックスピンがかかる仕組みは、ボールをちゃんと飛ばすために必要なものであり、特別なことではないのです。

プロゴルファーにバックスピンがきれいにかかる方法を質問してみると、異口同音に、「正しくボールを打てば、自然にかかります」という答えが返ってきます。

しつこく聞いてみれば、秘密を教えてくれるプロゴルファーもいるかもしれません。正しくボールを打てば、バックスピンは自然にかかるというのは本当のことですが、それは技術ではなく、用具が主に機能してという話なのです。

バックスピンがかかりやすいボールを使うこと。ウェッジも同様なものを使うこと。この2点が絶対条件です。

ちなみに、トーナメントで戦っているトッププロでも、スピンがかかりにくいボールとスピンをかけづらいウェッジでは、バックスピンをかけることができません。この分野において、用具は技術を凌駕しています。

ゴルフ

「なんだ! 簡単じゃないか!」と、用具を揃えれば、程度の違いはあってもバックスピンはかけられるようになります。ヘッドスピードが速ければ速いほど、物理的にスピン量は増します。受けグリーンと呼ばれる奥が高くて、手前が低いグリーンなら弱いスピンでも、バックスピンはかかりやすくなります。そして、向かい風のほうがスピンのかかりは良くなります。条件が整えば、誰にでも可能なのです。

バックスピンを使いこなせないゴルファーが多い真相

ゴルフ

こんな簡単な話なのに、世の中にはバックスピンに憧れているだけで、使いこなせていないゴルファーのほうが多いのはどうしてなのでしょう? 実際に試したゴルファーは、究極の選択を迫られるからです。

スピンがかかるボールは、そうではないボールよりも飛距離性能が劣りますし、耐久性も劣ります。ついでに、高価格帯のボールであることが多いのです。

スピンがかかるウェッジはいわゆる正統派で、ミスショットの許容範囲が小さい難しいものになります。安いものは少なく、フェースの溝が減るとスピン性能が落ちるために耐久性も悪いのです。

バックスピンをかけるためには、交換条件的な決断を迫られます。多くのゴルファーは、バックスピンだけのために飛ばないゴルフをすることを望みません。それが真相なのです。

最後に

プロゴルファーや上級者ゴルファーは、ボールが戻ってしまうようなバックスピンを嫌います。落ちたところで止まってくれるボールが一番で、計算がつかないバックスピンはスコアを悪くしてしまうことがあるからです。

バックスピンの真相を知っていれば、それだけで十分だと考えるのが賢明なゴルファーで、楽しくゴルフをするコツなのかもしれません。 ゴルフの面白さは無限大です。選択できることがあることは、それだけで楽しいのです。

-------------------------
文・篠原 嗣典
ロマン派ゴルフ作家。中学でゴルフデビューして約40年。ゴルフの歴史、用具、コースなどの知識を駆使して、ゴルフの楽しさを紹介します。

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ