ゴルフに嫌われないための方法!グリーンを好きになると見えてくる世界を知る!

ゴルフが好きだと公言する人はたくさんいます。それらは全て、本気で微笑ましいことですが、残念だと感じてしまう人もかなりの割合でいることも事実です。意地悪く実際に確認することはありませんが、本音で書くと、どうせ好きなら片想いではなく、両想いの幸せを感じるようにしませんか? と問いたいのです。

文・篠原 嗣典

Chapter
ゴルフに嫌われないためのハウツーをご紹介
グリーンを好きになること
グリーンを知れば知るほど、ゴルフが面白くなる
ゴルフと両想いになるということ

ゴルフに嫌われないためのハウツーをご紹介

ゴルフ 秋

ゴルフが好きなら、最低でもゴルフに嫌われないように、または、好かれるようにするのが正しい道です。

遥か昔からゴルフをしていた先輩ゴルファーたちは、その方法を伝えてくれています。ゴルフスイングの研究も楽しいですし、最新のゴルフクラブを入手するのも楽しいものですが、それが単なる自己満足になってしまって、スコアアップに結びついていない多くの迷えるゴルファーは、ゴルフが好きなのに、ゴルフに嫌われている可能性があります。

ゴルフに嫌われないためのたくさんのハウツーの中から、最もわかりやすい方法を紹介します。

グリーンを好きになること

ゴルフ アイアン

それは、グリーンを好きになることです。

『はぁ? 今更、何を言っているの?』と思うかもしれませんが、冷静に自分を振り返って考えましょう。グリーンが好きなら、グリーンのことを知っているはずです。それは、オタク的な知識ではなく、ゴルファーとして自分がプレーする場所として、知っているかということです。

色々な形があり、様々な傾斜を持っているのがグリーンです。最も管理が大変なエリアでもあります。

無意識にプレーしていると気が付きませんが、どれ一つとして全く同じグリーンは存在しないのです。まさに、グリーンはオンリーワンです。更に、ホールカップの位置によっては、同じグリーンなのに全く違ったものになるグリーンもあります。そして、どのホールでもゴール地点であり、全てのゴルファーが必ず通って、使用する場所でもあるのです。

グリーンを好きになる第一歩は、グリーンを知ることです。

特別なことはありません。じっくりと観察して、他のグリーンとの違いを意識したり、どんな分類に入るかを考えるだけで、たくさんの情報が頭に入ってきます。その内、グリーンの中で『こういうグリーンが好き』という自分の好みがわかるようになるはずです。

グリーンを知れば知るほど、ゴルフが面白くなる

好き嫌いが出てくると同時に、どうしてそのようなグリーンがあるのかも徐々にわかってきます。そうなると、新たな攻略ルートを見つけたり、危険な罠に気付いたりもできるようになります。これは、自らのゴルフに確実にプラスになり、スコアアップに直結します。

グリーンを知れば知るほど、ゴルフが面白くなることは間違いありません。

グリーンを知ることで、ゴルファーはグリーンに敏感になります。簡単に書くと、繊細に仕上げられたグリーンを楽しむために、いつ何時でもグリーンを大事にする心くばりが当たり前になってくるのです。

例えば、さり気なくつまずいて付けた傷は、その場では、単なる線状のささくれに過ぎないとしても、放置してしまうと、時期が悪ければ、その後、一ヶ月以上も変色した傷として残ります。

旗竿を悪気なくグリーン上にバタンと投げたり、倒したりしても、その跡がその後になってハッキリとグリーンに残るのです。ホールカップに旗竿を戻すとき、始めに斜めにした為にほんの少し縁に触れるだけで、ホールカップの縁は崩れて、その後からプレーする多くのゴルファーを不愉快にします。

ゴルフと両想いになるということ

グリーンが好きになって、敏感に観察するようになると、無自覚で無配慮な人たちのせいで、痛んだグリーンの傷跡も目につくようになります。悲しいことですけど、とにかく、異常なまでの慎重さを持って絶対に自分が加害者にならないように注意をする以外に方法はありません。

グリーンを傷めないゴルファーとしての上級な所作が身に付くと、遠くからでもグリーン上での下品な振る舞いをするゴルフに嫌われる人たちの行動が見えるようになってきます。特に旗竿は多弁だということを知るのです。

好きなグリーンが傷ついて悲しくなると、自らはグリーンをいたわる気持ちが高まります。これこそが、ゴルフと両想いになるということなのです。

パットが下手だと自称する謙虚なゴルファーはたくさんいます。ゴルフと両想いになっているゴルファーと、そうではない人は歴然とした差が出ます。下手と感じる内容が違うのです。

カッコイイと思っているのか、単に無知なのかはわかりませんが、片手で斜めの角度のまま旗竿を戻す人は、200ヤード離れた場所からでも視認できます。ゴルフに嫌われて、伸び悩んでいるのだろうと同情します。

おとぎ話のように感じるかもしれませんが、ゴルフはシビアに嫌いな人を拒否します。ゴルフをすればするほど、それを確信します。嫌われている人には自覚がないので『ゴルフは難しい』ということになってしまうのです。何ら難しいことをする必要はないのです。ゴルフと両想いになってゴルフを楽しみましょう。

-------------------------
文・篠原 嗣典
ロマン派ゴルフ作家。中学でゴルフデビューして約40年。ゴルフの歴史、用具、コースなどの知識を駆使して、ゴルフの楽しさを紹介します。

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ