【FP監修】ETCカードを審査なしで作る3つの方法|ETCパーソナルカードのメリットも紹介

ETC

「ETCカードを作らないといけないけれど、年齢制限があってクレジットカードが作れない」
「クレジットカードの審査に通るか不安。それでも作れるクレジットカードはある?」
「ETCパーソナルカードってどんなカード?」

このようにETCカードを作る時に不安があるという方は多いのではないでしょうか。

この記事では、審査なしで作れるETCパーソナルカードやおすすめのクレジットカード付帯ETCカードなどを紹介しています。

この記事を読んで年齢制限などの理由で審査が通らない方や、年収に不安がある方でも安心して作れるクレジットカードやETCカードがあることを知っておけば、ETCカードが必要になった時でもすぐに申し込みができます。

あらかじめ、どのようなカードがいいのかを調べて、準備しておきましょう。

Chapter
ETCカードを審査なしで発行する3つの方法
ETCパーソナルカードの3つのメリット
ETCパーソナルカードの3つのデメリット
ETCパーソナルカードの作り方
ETCカードを審査なしでしか作れないのは金融ブラックの場合
実は審査ありのETCカードも作れる3つのパターン
審査はあるがおすすめのETCカード5選
エポスカード:完全無料のETCカード
楽天カード:1%の高還元カード
コスモ・ザ・カード・オーパス:最短即日発行
リクルートカード:1.2%の高還元率
三井住友カード(NL):セキュリティ重視のカード
年収が低くても審査に通ることは可能
審査なしでETCカードを発行しよう

ETCカードを審査なしで発行する3つの方法

ETCカードは、実は以下の3つの方法を使えば、審査なしで発行することが可能です。

・ETCパーソナルカードを発行する
・家族カードにETCカードを発行する
・すでに持っているクレジットカードにETCカードを付帯させる

それぞれの方法の詳細を解説します。

方法①:ETCパーソナルカードを発行する

ETCパーソナルカードなら、審査なしでETCカードを発行することが可能です。

ETCパーソナルカードは高速道路6社が運営しているサービスで、予めデポジット金を支払うことでETCカードを利用できます。

具体的には、高速道路の月平均利用額の4倍をデポジット金として納めると、デポジット金額の80%までETCが利用できるのです。

このように、利用料金を前払いする形式のため、審査なしで発行することが可能なのです。

方法②:家族カードにETCカードを発行する

家族がクレジットカードを持っているのであれば、家族カードにETCカードを発行するという方法が使えます。

クレジットカードの中には、本会員の家族にもカードが発行できるものがあります。

請求は本会員に行くため、家族カードの発行に審査は必要ありません。

そして、家族会員にETCカードを発行できるカードであれば、審査なしでETCカードを手に入れることが可能なのです。

方法③:すでに持っているクレジットカードにETCカードを付帯させる

すでにクレジットカードを持っている場合、そこにETCカードを付帯させることが可能です。

ETCカードの発行する時に追加の審査は必要ないため、ETCカードを手に入れることができます。

とはいえ、クレジットカードの中にはETCカードを付帯できないものもあるので注意しましょう。

ETCパーソナルカードの3つのメリット

審査なしでETCカードを持つ方法の中でもおすすめなのが、ETCパーソナルカードです。

年齢などが理由でクレジットカードが作れない方は、審査なしで発行できるETCパーソナルカードにするとよいでしょう。

クレジットカードの不正利用が怖いから、クレジットカードは持ちたくないという方でもETCパーソナルカードはリスクが低いため、おすすめです。

ETCパーソナルカードを選ぶ以下の3つのメリットについて紹介します。

・審査なしで発行可能
・不正利用のリスクが低い
・法人でも発行可能

メリット①:審査なしで発行可能

ETCパーソナルカードの最大のメリットはやはり審査なしで発行可能なことです。

また、親権者の同意があれば16歳以上で発行可能なため、クレジットカードを発行できない未成年の方にもおすすめです。

メリット②:不正利用のリスクが低い

ETCパーソナルカードのメリットとして、不正利用のリスクが低いことも挙げられます。

クレジットカード付帯型のETCカードの最大のリスクはカードを紛失・盗難された時に不正利用されることです。

ETCパーソナルカードならETCでしか利用できず、使用できる限度もデポジット金の80%までです。

そのため、不正利用で多額の損害を受けるリスクが低いのです。

メリット③:法人でも発行可能

ETCパーソナルカードは法人でも発行できます。

法人で発行したい時は、法人登記簿謄本または抄本の写し(発行から6か月以内のもの)を利用申込書に同封してください。

また、利用申込書には法人登記簿に記載の名前と住所を記載して、申し込みをしましょう。

出典:パソカの申込について|ETCパーソナルカード事務局

ETCパーソナルカードの3つのデメリット

ETCパーソナルカードには以下の3つのデメリットがあります。

・1,257円(税込)の年会費がかかる
・2万円以上のデポジットの支払いが必要
・郵送で申し込む必要がある

それぞれのデメリットの詳細を解説します。

デメリット①:1,257円の年会費がかかる

ETCパーソナルカードには1,257円の年会費がかかります

クレジットカード付帯型のETCカードの中には、年会費・発行手数料ともに無料のものもあります。

コスト面ではクレジットカード付帯型のETCカードのほうがメリットが大きいでしょう。

デメリット②:2万円以上のデポジットの支払いが必要

ETCパーソナルカードを利用するためには2万円以上のデポジット金額を納める必要があります。

実際にETCを利用する時には、納めたデポジット金額から利用料金が差し引かれます。

具体的に必要な金額は毎月のETCの平均利用額の4倍になります。

毎月のETC平均利用額ごとの必要なデポジット金額は以下のとおりです。


1ヶ月あたりの平均利用額 デポジット金額
5000円以下 20,000円
10,000円以下 40,000円
15,000円以下 60,000円
20,000円以下 80,000円
ETCパーソナルカードを利用するためには、ある程度の初期費用が必要になるということです。

ちなみに、余ったデポジット金額はサービスを解約する時に返却してもらうことができます。

デメリット③:郵送で申し込む必要がある

ETCパーソナルカードはWeb完結での申し込みができず、Webページから申込書をダウンロードして、郵送する必要があります。

多少手間がかかる点がデメリットと言えます。

クレジットカード付帯型のETCカードであれば、Web完結で申し込める場合がほとんどです。

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードは以下のような手順で作成することが可能です。


★ETCパーソナルカードの作り方★
ETCパーソナルカードWebサービスにアクセスする
②「申し込み書作成」から申込書をダウンロードし、記入する
③「〒216-8520 ETCパーソナルカード事務局 宛」まで郵送する
④デポジット振込ご依頼書を受け取り、デポジット金額を振り込む
⑤ETCパーソナルカードを受け取る

詳しい申し込み方法は公式ページを参照しましょう。

ETCカードを審査なしでしか作れないのは金融ブラックの場合

ここまでETCカードを審査なしで作る方法を解説しました。

ETCカードを審査なしでしか作れない人は、「金融ブラック」に該当する人です。

金融ブラックとは、過去に以下のようなことがあり、クレジットカードを作ったりローンを組んだりできなくなってしまう状態のことです。

★金融ブラックになる例★
・クレジットカード、携帯料金を3ヶ月以上延滞したことがある
・債務整理を行った(自己破産、任意整理、個人再生)
・短期間でクレジットカード、ローンなどの多数の申し込みを行った

気づかないうちに金融ブラックの可能性がある

いざ、ETCカードを申し込もうとしたら、金融ブラックになってしまっていたという場合もあります。


過去のクレジットカードなどの未払いが重なってしまっていたことに気づかずに、金融ブラックになってしまっていたという可能性もあるのです。


未払いを完済していても、その記録はしばらく残ってしまうため、普段から支払いを忘れないようにするだけでなく、無理な利用をしないようにしましょう。

実は審査ありのETCカードも作れる3つのパターン

実は、自分が金融ブラックだと思っている人の中には、実は金融ブラックではなく、クレジットカードを作れる人もいます。

それは具体的には以下のような場合です。

・金融事故から5〜10年経過している場合
・申し込みブラックから半年が経過している場合
・短期間の延滞しかしてない場合

それぞれの場合の詳細を見ていきましょう。

ちなみに、自分が金融ブラックかどうかは、実は信用情報機関に開示請求をすることで確かめられます。

自分が本当に金融ブラックか気になる場合には、開示請求をしてみましょう。

金融事故から5〜10年経過している場合

金融ブラックに該当することが起こっても、実は5〜10年経つと信用情報機関から記録が抹消されてクレジットカードを作成できるようになります。

具体的には、延滞の場合には5年、債務整理の場合には5〜10年程度で記録が抹消されることが多いようです。

申し込みブラックから半年が経過している場合

申し込みブラックの場合には半年が経過すればクレジットカードの審査に通れるようになる場合が多いようです。

申し込みブラックとは、ローンやクレジットカードなどに同時に大量に申し込みすぎて審査に通らなくなる状態を指します。

同時に大量に申し込むとよほどお金に困っているのかと疑われてしまうのです。

短期間の延滞しかしてない場合

クレジットカード、ローン、スマホなどの支払いに延滞すると、すぐ金融ブラックになってしまうのではないかと思う方もいらっしゃいます。

しかし、実は3ヶ月より短い延滞の場合には、金融ブラックにならないことが多いと言われています。

審査はあるがおすすめのETCカード5選

ETCパーソナルカードと違って審査はあるものの、おすすめのETCカードは以下の5つです。

・エポスカード
・楽天カード
・コスモ・ザ・カード・オーパス
・リクルートカード
・三井住友カード(NL)

それぞれのETCカードの詳細を解説します。

エポスカード:完全無料のETCカード

エポス エポスカード(エポスETCカード)

年会費無料

完全無料のETCカード

エポスカードはETCの発行手数料、年会費が0円で、ETCカードを完全無料で作れる点が嬉しいカードです。

ETCを利用した時の還元率も0.5%で、効率的にポイントを貯めることが可能です。

年間で50万円以上の利用があると、年会費無料のゴールドカードの招待を受けられる点も評価されています。

ETC還元率
0.5%
ETC年会費(税込)
永年無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
永年無料
クレジットカード還元率
0.5〜1.5%
ブランド
Visa
ポイント
エポスポイント

楽天カード:1%の高還元カード

Rakuten 楽天カード(楽天ETCカード)

年会費無料

1%の高還元カード

楽天カードは1%という高い還元率に大きなメリットがあるカードです。

楽天系のサービスと特に相性が良く、貯まる楽天ポイントは楽天系のサービスを利用していくことにより還元率を上げていくことが可能です。

たとえば、マイカー登録をすることでポイント還元率を+3倍することが可能です。

ETC還元率
1%
ETC年会費(税込)
550円
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約1週間
クレジットカード年会費(税込)
永年無料
クレジットカード還元率
1〜4.5%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS
ポイント
楽天ポイント

コスモ・ザ・カード・オーパス:最短即日発行

イオン コスモ・ザ・カード・オーパス(ETC専用カード)

年会費無料

最短即日発行

コスモ・ザ・カード・オーパスは最短即日発行できる点が魅力的なカードです。

その上、ETCカードを完全0円で持てるため、メリットが大きいです。

コスモ石油での給油が会員価格になる点も嬉しいですね。

さらに、ETCの開閉バーで車体を損傷した時には5万円の見舞金を手に入れることもできます。

ETC還元率
0.5%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
最短即日
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
0.5〜1.33%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB
ポイント
WAON POINT

リクルートカード:1.2%の高還元率

リクルート リクルートカード

年会費無料

1.2%の高還元率

リクルートカードは1.2%というクレジットカードとして最高レベルの高還元率が嬉しいカードです。

特にホットペッパーなどリクルート系のサービスではポイント還元率が高くなります。

ETCカードの発行スピードも約1週間と通常のカードよりも早めに設定されています。

ETC還元率
1.2%
ETC年会費(税込)
無料
ETC発行手数料(税込)
1,100円 ※JCBのみ無料
ETCカード発行スピード
約1週間
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
1.2〜4.2%
ブランド
Visa、Mastercard、JCB
ポイント
リクルートポイント

三井住友カード(NL):セキュリティ重視のカード

三井住友カード 三井住友カード(NL)

年会費無料

セキュリティ重視のカード

三井住友カード(NL)はカード表面にカード番号、名義情報などが記載されておらず、カードを不正利用される心配が少ないカードです。

ETCカードの発行手数料は無料、年会費も初年度無料であり、2年目以降もETCカードを年1回利用するだけで無料にできます。

クレジットカードだけであれば、最短5分で発行可能です。

ETC還元率
0.5%
ETC年会費(税込)
初年度無料
ETC発行手数料(税込)
無料
ETCカード発行スピード
約2週間
クレジットカード年会費(税込)
無料
クレジットカード還元率
0.5〜5%
ブランド
Visa、Mastercard
ポイント
Vポイント

年収が低くても審査に通ることは可能

ETCカードを持つためにクレジットカードを発行する場合、年収が低いと審査に通りにくくはなるでしょう。

しかし、年収が低いからと言って、必ずしもクレジットカードの審査には通らないというわけではないのです。

クレジットカード会社の中には年収に制限を設けていないところもあります。

審査が通るか不安な場合は、このような条件があるクレジットカード会社を選ぶとよいでしょう。

審査なしでETCカードを発行しよう

ETCカードには審査なしで発行する方法が3つありました。

特にETCパーソナルカードは発行できる人が多くおすすめです。

自分に合ったETCカードを発行してカーライフを充実させましょう。

伊藤 亮太|いとう りょうた

岐阜県大垣市出身。慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻修了。在学中にCFPを取得する。その後、証券会社にて営業、経営企画、社長秘書、投資銀行業務に携わる。2007年11月に「スキラージャパン株式会社」を設立。現在、富裕層個人の資産設計を中心としたマネー・ライフプランの提案・策定・サポート等を行う傍ら、資産運用に関連するセミナー講師や講演を多数行う。著書に『図解即戦力 金融業界のしくみとビジネスがこれ1冊でしっかりわかる教科書』(技術評論社)、『ゼロからはじめる!お金のしくみ見るだけノート』(宝島社)、『あなたの街でも砂金が採れる!?~令和時代の砂金採り入門~』(Amazonオンデマンド)など多数。

伊藤 亮太

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
商品詳細