オフロードヘルメットは何を基準に選ぶべき?おすすめのモデルも紹介!

オフロードヘルメット

※この記事には広告が含まれます

荒れた道を走る時に必須となるオフロードヘルメット。

近年では、街乗りでもオフロードヘルメットを被る方が増えています。

この記事を見ている方の中にも、「オフロードヘルメットを試してみたい」と考えている方がたくさんいるでしょう。

そこで今回は、オフロードヘルメットを選ぶ時の基準や、おすすめモデルについて詳しく解説していきます。

CarMe編集部

新車・自動車ニュースのWEBマガジン「CarMe[カーミー]」を運営。
「カーライフを楽しむ全ての人に」を理念に掲げ、編集に取り組んでいます。

CarMe編集部
Chapter
オフロードヘルメットとは一体何?
オフロードヘルメットを選ぶポイント
おすすめのオフロードヘルメット10選
自分に合ったオフロードヘルメットを見つけよう

オフロードヘルメットとは一体何?

オフロードヘルメットは荒れた道を快適に走るために開発されたヘルメットです。

呼吸しやすいように口元の部分が大きく伸びているのが特徴的です。

また、口元だけでなくおでこの部分も長く伸びているのですが、これはオフロードを走った時のほこりや泥などを回避するためです。

近年では、オンロードでも使える、口元と顎の部分が少し短めのデュアルパーパスヘルメットも登場しています。

オフロードヘルメットを選ぶポイント

では次に、オフロードヘルメットは何を基準に選ぶべきなのか、詳しく見ていきましょう。

シールドの有無

オフロードヘルメットを選ぶ時には、シールドの有無を確認しておかなければなりません。

■シールドなし
オフロードヘルメット

出典:Amazon

シールドなしオフロードヘルメットはゴーグルと一緒に使用できますので、「自分好みのゴーグルをつけたい」と考えている方におすすめです。

また、ヘルメットによってはシールドが曇ってしまうこともあるのですが、シールド無しタイプのヘルメットであればその心配もありません。

■シールド有り
オフロードヘルメット

出典:Amazon

シールドありのオフロードヘルメットはオンロードとオフロード両方を楽しみたいと考えている方に最適と言えます。

なぜなら、下記のように、その時の状況に応じて着用できるからです。
  • オンロード:シールド有り
  • オフロード:シールド無し(ゴーグル)
また、シールド有りタイプはヘルメットにインカムを取り付けられますので、仲間とのツーリングにも最適と言えます。

規格、認定マークの有無

ヘルメットは安全性を確保するためのアイテムです。

どれだけオシャレでも、多機能でも、安全性が欠けていれば意味がありません。

安全にライディングを楽しむためには、下記のような規格や認定マークの有無を確認しておくことが大切です。
  • SGマーク
  • PSCマーク
  • JIS規格(日本工業規格)
  • SNELL(国際基準)
  • DOT(国際基準)
  • ECE(国際基準)
これらのマークがついているヘルメットは安全性が高いと言えますので、ヘルメット選びの参考にしてみてください。

ヘルメットの大きさ

ヘルメットの大きさも事前に確認しておかなければなりません。

自分の頭に合ってないヘルメットや、フィットしないヘルメットを使ってしまうと、衝撃でヘルメットが外れてしまい、ケガしやすくなります。

小さすぎるヘルメットの場合は、息苦しさを感じたり、首や頭の部分への負担が大きくなってしまったりする可能性が高いので注意が必要です。

メンテナンスのしやすさ

オフロードヘルメットを長く、綺麗に使い続けるためにはメンテナンスのしやすさにも注目することが大切です。

取り外しできるヘルメットは、比較的お手入れがしやすく、汚れや臭いなどもこもりにくいと言えます。

特に、オフロードをメインで走る方は、泥汚れや汗汚れなどが付着しやすいため、メンテナンスのしやすいモデルを選ぶようにしましょう。

重量

オフロードヘルメットは、荒れた道を安全に走るために重たく設計されていることが多いです。

ただ、あまりにも重たすぎるヘルメットを長時間つけていると、首や頭に負担がかかってしまい、ライディングの快適性が落ちてしまいます。

オフロードヘルメットは一般的に、2㎏から3㎏を目安に展開されているのですが、できるだけ負担を軽減したいと考えている方は、2㎏以下のものを選ぶようにしましょう。

デザイン

オフロードヘルメットには様々なデザインがあります。

お気に入りのデザインを見つけられれば、愛着も湧きますし、ライディングのモチベーションも上がりますので一石二鳥と言えます。

機能性

オフロードヘルメットを選ぶ時は、機能性に注目することが大切です。

先ほども解説したように、オフロードヘルメットには、下記のようにさまざまな種類があります。
  • 内装を取り外せるタイプ
  • シールド有りタイプ、無しタイプ
  • チンガード有りタイプ、無しタイプ
  • バイザー有りタイプ、無しタイプ
目的に合ったものを選ばないと快適性が落ちたり、後悔したりする可能性が高くなりますので注意しましょう。

おすすめのオフロードヘルメット10選

では早速、おすすめのオフロードヘルメットを10個紹介していきます。

FS

フルフェイス ISHINO 零ONE

9,400円〜(税込)

スタイリッシュなオフロードヘルメット

FSのISHINO 零ONEは、オフロード感を抑えたスタイリッシュなヘルメットです。

ユニセックスヘルメットとなっていますので、男女関係なく使えます。

SG規格適合且つ全排気量対応となっていますので、安全性や利便性を求めている方におすすめです。

HJC HELMETS(エイチジェイシーヘルメット)

CS-MXII SOLID(ソリッド) HJH102

13,279円〜(税込)

幅広い用途に対応した使い勝手の良いモデル

こちらのヘルメットは、ツーリングからレースまで、幅広い用途に対応した使い勝手の良いモデルです。

広い視界を確保できますし、ゴーグルの収まりも良好ですので快適性にこだわっている方にピッタリと言えます。

重量も2.19㎏と平均的ですので、バランスの取れたヘルメットを探してい方は是非試してみてください。

帝都産業

インナーサンバイザー装備 TX-28

15,700円〜(税込)

アドベンチャーツアー・オフロードに最適なヘルメット

帝都産業のTX-28は、アドベンチャーツアー・オフロードに最適なヘルメットです。

開閉式のインナーサンバイザーを装備しているため、その時の状況に合わせて使い分けられます。

顎周りからの巻き込み風を防ぐチンカーテンもありますので、ストレスを感じることなくライディングを楽しめるでしょう。

ヤマハ発動機(Yamaha)

YX-6 ZENITH

18,071円〜(税込)

頑丈で安全性が高いヘルメット

誰もが知っている有名メーカー、YamahaのYX-6 ZENITHは、強靭なポリカーボネイト複合素材を使った頑丈なヘルメットです。

スピーカーの収納スペースもありますので、音楽を楽しみたい方や、仲間との会話を楽しみたい方にもおすすめできます。

さらに、走行疲れを軽減するために低重心設計になっていますので、長時間のライディングを楽しみたいと考えている方にもぴったりと言えます。

アライ(Arai)

TOUR-CROSS3 VISION

52,208円〜(税込)

衝撃を「かわす」ヘルメット

有名なヘルメットメーカーAraiが販売しているTOUR-CROSS3 VISIONは、衝撃を「かわす」ことをモットーにして設計されています。

特殊な設計が施されているため、安定感とフィット感にこだわっている方に最適と言えます。

オンロードにも、オフロードにもピッタリのオールラウンドヘルメットとしても人気を集めていますので、気になる方は是非試してみてください。

アライ(Arai)

V-CROSS4

52,848円〜(税込)

便利機能多数のヘルメット

AraiのV-CROSS4には、ゴーグルを固定するためのゴーグルロケーター、エアースルー形状の排気ダクト、取り外しができる「Vクロス4システムネック」など、様々な便利機能が搭載されています。

機能性だけでなく、安全性にも優れたモデルとなっていますので、「バランスの取れた本格的なオフロードヘルメットが欲しい」と考えている方にピッタリです。

HJC HELMETS(エイチジェイシーヘルメット)

CS-MXII ELLUSION(エリューション) HJH200

19,818円〜(税込)

とにかく使いやすいヘルメット

CS-MXII ELLUSION(エリューション) HJH200は、「息苦しさが少ない」「内部に熱気がこもりにくい」「バイザーの角度を調整できる」「ゴーグルのバンドが外れにくい」という4つメリットがあります。

重量も1.5㎏とかなり軽量ですので、とにかく使いやすいヘルメットを求めている方におすすめです。

HJC HELMETS(エイチジェイシーヘルメット)

i50 SOLID(ソリッド) HJH176

17,863円〜(税込)

総合性能が高いオフロードヘルメット

i50 SOLID(ソリッド) HJH176は、HJC独自の衝撃分散システム「SLID」を内装に搭載したオフロードモデルのヘルメットです。

下記のような総合的な性能の高さが魅力的なモデルです。

  • 熱気がこもりにくい
  • バイザーの角度を調整できる
  • ゴーグルのバンドが外れにくい
  • スピーカー内蔵スペースを確保している
  • スクリュー1本で着脱可能(工具不要)
気になる方は是非試してみてください。

HJC HELMETS(エイチジェイシーヘルメット)

オフロードヘルメット i50 ARTAX(アルタクス) HJH198

20,644円〜(税込)

本格的なオフロードヘルメット

i50 ARTAX(アルタクス) HJH198は、先ほど紹介した同メーカーのヘルメット「ELLUSION(エリューション)」「SOLID(ソリッド)」2つと同じ特徴を持っている、本格的なオフロードヘルメットです。

デザインがとにかくかっこいいため、「見た目にもこだわりたい」と考えている方に最適と言えます。

自分に合ったオフロードヘルメットを見つけよう

オフロードヘルメットには、数えきれないほどの種類があります。

ただ、それぞれで特徴が大きく異なるため、自分に合ったヘルメットを慎重に選んでいかなければなりません。

「何を基準に選べばいいかわからない」
「人気のモデルを購入したい」

このように考えている方は、今回紹介したモデルの中から気になるヘルメットをピックアップして絞り込んでいくことをおすすめします。

※楽天市場では価格、送料、納期やその他の詳細については、商品のサイズや色等によって異なる場合があります。
商品詳細