いまさらだけど…タイヤのインセットとは

【東京オートサロン2018】RAYS

タイヤ選びはクルマの基本と、かつてあの近藤真彦さんも仰っていました。その大切なタイヤを装着するホイールは、車の走行性能を左右する重要なパーツのひとつです。しかし、いざホイールを選ぶとなると、分からない用語や数字が出てきて、ホイール交換を断念したという方もいるのではないでしょうか?

Chapter
ホイール各部の名称と意味
ホイールのインセットとは?
インセットを考慮する事例

ホイール各部の名称と意味

ホイールのカタログを眺めていると、リム幅、リム径、PCD、インセットなど、ふだん聞きなれない用語が使用されています。

ざっくり説明すると、リム幅は、ホイールの全幅。リム径は、ホイールの直径。PCDは、Pitch Circle Diameter(ピッチサークル・ダイアメーター)の略で、ホイールのボルト穴の中心点を結んでできた円の直径。そして最後のインセットは、ホイール(リム幅)の中心線から取り付け面までの距離です。

このインセットが、今回取り上げたオフセットを理解するカギになります。

ホイールのインセットとは?

インセットは、2008年に国際基準に基づき名称を変更したという新しい用語です。それ以前はオフセットと呼んでいました。

インセットは、ホイールリム幅の中心線を基準として、ホイールの取り付け面(ホイール穴の裏面)との距離を示しています。ホイール中心線と取り付け面の距離が0なら”ゼロセット”、取り付け面が外側(プラス側)にあると”インセット”、内側(マイナス側)に入っているなら”アウトセット”と呼びます。

インセットならホイールはタイヤハウスやフェンダーの中に、アウトセットなら外に突出します。

ちなみに、リム幅やリム径はインチ表記。PDCやインセットはミリ表記です。

<次のページに続く>
次ページ
インセットを考慮する事例