外気温5度以下には要注意!路面凍結が起こる条件とは?

雪道

これからの時期は、雪が降らない地域でも、路面の凍結には要注意です。毎年、交通事故の大きな原因にもなっている路面凍結は、一般的に外気温が5度以下になると発生すると言われています。路面凍結しやすい場所を覚えて、安全運転に役立てましょう。

Chapter
凍結は0度以下からではない
路面凍結はなぜ起きる?
橋の上は凍結しやすい?

凍結は0度以下からではない

一般的に路面の凍結が起こるのは、3度以下とされていますが、「気温=地面の温度」ではありません。

気温と地面には温度差があり、その差は約3~5度。そのため気温が5度程度になれば、凍結の可能性があります。もちろん、外気温が5度以上でも、路面状況によっては凍結している場合もあるので、気温が高いからといって油断してはいけません。

では、路面凍結はどのようにして起きるのでしょうか?

路面凍結はなぜ起きる?

路面凍結はなぜ起きるのでしょうか?路面の凍結にはいくつかの種類があります。

日本では、『アイスバーン』とも言われる凍結路面は、道路上の水分が凍ることで発生します。

雪道の凍結は、雪の上を車が繰り返し通行することで、表面の雪が溶けて水になり、それが氷になるというもの。冬の晴れた朝の放射冷却や、夜間、温度が下がったときになどに発生しやすくなります。この状態は、昼間に気温が上がっても、水分蒸発しない限り、同様の条件で凍結が起こります。

また圧雪がタイヤによって研磨され、路面が鏡面のようになる『ミラーバーン』は、多くの車がブレーキや加速を行う交差点付近で発生します。

その他、雪道では、トンネルの出入り口、駐車場の出口、坂道、カーブの手前などで、アイスバーンが発生しやすくなります。

そしてもうひとつ、気をつけたいのが『ブラックアイスバーン』。こちらは、路面が濡れて黒っぽくなっているように見える凍結路面です。湧き水などが路面に流れ出している箇所で、日の当たりにくい北側に多く見られる現象で、夜間は特に注意が必要です。

ブラックアイスバーンは、雪がなくても発生します。知らない場所の山道では、慎重な運転を心がけましょう。

橋の上は凍結しやすい?

ブラックアイスバーンと同様、雪がなくても凍結しやすいのが橋梁です。

橋梁は、地中からうける熱の影響がありません。しかも、上下が空中にあるので、放射冷却によって熱が奪われやすい構造になっています。そのため、周囲の大気との温度差が大きくなり、結露を発生させます。この結露が放射冷却と橋を通り抜ける風によって冷やされることで、凍結路面を作ります。

そのため、他の路面に凍結が見当たらない状況であっても、橋の上だけが凍結していたという状況は珍しくありません。

凍結路面では、急のつく運転は非常に危険なことは知られています。とはいえ、目の前に凍結路面が見えてからでは、ほぼ急な対応になっていまいます。これからの時期は、凍結に注意しながら運転をしましょうね。

商品詳細