セリカXXやアコードに搭載。GPSが使えなかった時代のカーナビはどんなシステムだったの?

エレクトロ・ジャイロケータ

今では新車に当たり前のように装備されているカーナビ。その始まりは1980年初頭にさかのぼります。GPSが使えなかった時代、カーナビはどのような仕組みで動いていたのでしょう?

Chapter
GPSカーナビの歴史
トヨタ セリカXXに搭載された「ナビコン」
R30型スカイラインに搭載された「ドライブガイドシステム」
ホンダ アコード/ビガーに搭載された「エレクトロ・ジャイロケータ」
現代のカーナビ技術の礎を作ったホンダ

GPSカーナビの歴史

1970年代後半にアメリカが軍事利用のために開発したGPS(グローバル・ポジショニング・システム)は、現在は民間用途でも無料で使える環境になっています。

そのGPSを利用したカーナビゲーションシステムは、日本が最先端の技術力を持ち、普及率も高いのですが、その始まりは1990年にマツダが三菱電機と共同開発し、ユーノスコスモに搭載されたものでした。

同じ年に、 パイオニアが世界初の市販GPS式カーナビを発売。「道は星に聞く」という当時のコピーは大変衝撃的でした。

その後、1996年にはVICSサービスが開始。2000年になると、米国国防総省が民間用GPS上のSA(セレクティブ・アベイラビリティ)信号を停止したことで、精度が大幅に向上しました。かつては50万円以上もしたカーナビですが、いまではスマホで無料利用できる時代になっています。

それでは、GPS以前の各社のカーナビシステムを振り返ってみましょう。各社の”元祖カーナビ”搭載車が発売されたのはいずれも1981年の夏でした。

トヨタ セリカXXに搭載された「ナビコン」

トヨタの元祖カーナビは、「ナビコン」と呼ばれるもので、1981年7月に発売された2代目セリカXX 2800GTにオプション設定されました。

現在のように画面に地図が表示されることはなく、目的地までの方角を入力するとコンピューターが目的地までの距離を自動算出して表示するというもの。

システムは、地磁気センサーが方位角と、車速センサーから算出した走行距離を用いて、目的地の方位や目的地まであとどれくらいかの到達度を表示しました。

ちなみに、このセリカXX 2800GTには、ガソリン満タン時からの走行可能距離、燃料消費量、目的地までの到着予定時刻などをコンピューターが自動演算し表示するドライブ情報表示システムであるクルーズコンピューターが標準装備されていました。

<次のページに続く>
次ページ
R30型スカイラインに搭載された「ドライブガイドシステム」