ダクトにシャンプー液などが入っても問題ないの?

最近では減ってきましたが、昔のターボ車等のボンネットには、エアインテークダクトが必須といえました。いわばエンジンルームへ通じる穴ともなっており、当然、洗車をすれば、そこからシャンプー液等が入ってしまいます。そのままで、エンジンルームに問題はないのでしょうか?

Chapter
ボンネットのダクトへの浸水…これって洗車時に気を付けるべきなの?
ダクトに水やシャンプー液が入っても大丈夫?
気を付けるべきはボンネットを交換した場合…

ボンネットのダクトへの浸水…これって洗車時に気を付けるべきなの?

ダクト

2017年現在は少なくなりましたが、かつてのターボ車にはボンネット上のエアインテークダクトが多くみられました。またモータースポーツのホモロゲーションモデル等は、冷却効果を狙った(あるいはイメージさせた)ダクトが複数開けられています。

しかし、そうした冷却効果を狙ったダクトだけに、そこからエンジンルームへのアクセスはとても簡単にできてしまうのも事実。雨の日はもちろん、洗車時など、エンジンルームに水やシャンプー液が思いっきり入ってしまいますが、これは気を付けるべきなのでしょうか。

次ページ
ダクトに水やシャンプー液が入っても大丈夫?