車のエアバック、ここ30年でどれほど進化した?

エアバッグ

2017年現在、クルマの標準装備となっている安全装備「エアバッグ」。ハンドルや助手席に配され、事故の際にはボンと膨らみ乗員を保護するシステムです。このエアバッグの歴史、進化について触れてみましょう。

Chapter
実は日本人の発明だったエアバッグ…
日本におけるエアバッグの先駆者(車)は…
エアバッグはどう進化した?

実は日本人の発明だったエアバッグ…

1963年、特許申請事務代行業のGIC(グッドアイデアセンター)を経営していた小堀保三郎氏が、航空機事故などの際に衝撃を緩和させて、生存率を改善させる装置として考案したのが、現在クルマに採用されているエアバッグの祖とされています。

当時はシートベルトの着用すらも法制化されていない時代で、エアバッグに使う火薬が消防法に抵触したこともあり、日本で着目されることがなかったといわれています。その後、1970年代にフォード、ゼネラルモーターズがエアバッグの開発を行いますが、高額であること、また誤動作による事故が発生したことなどの理由から本格的な普及とはなりませんでした。

市販車への採用は、1981年。メルセデスが最高級モデルSクラス(2代目W126型)にオプションとして用意しました。そしてこの安全技術を無償公開したことから、エアバッグは高級車を中心に普及して行くことになります。

日本におけるエアバッグの先駆者(車)は…

さて、国産車で最初にエアバッグを搭載したモデルは、1987年のホンダ レジェンドといわれています。初めは運転席のみ。オプション装備でした。

そして1989年、トヨタ セルシオ、日産インフィニティQ45が標準装備を開始。1990年代に急速に普及して行きました。

日本ではホンダが先鞭をつけたエアバッグですが、それゆえにホンダと関係の深いタカタ製エアバッグのリコール問題は非常に残念でもありますね。

ホンダ レジェンド(1990年)

<次のページに続く>
次ページ
エアバッグはどう進化した?