アルファ159ってどんな車?スペックや中古価格は?

アルファロメオ アルファ159 (2009)

アルファ159は156の後継モデルとして、ひと回り大きなボディサイズとなり、プレミアムセダンとしての風格を身につけて2006年に日本での販売が開始されました。歴史と伝統の楯をかたどったフロントグリルと、片側に3個づつ配置されたヘッドランプが、アルファロメオらしいエレガントで鋭い印象を与えます。

Chapter
アルファ159とはどんな車?
アルファ159のスペックは?
アルファ159の中古価格は?

アルファ159とはどんな車?

アルファ159は世界的ヒットとなった156の後継として、2005年のジュネーブモーターショーでお披露目されました。

印象的なタテ型グリルと片側に3個ずつ配置された6連ヘッドランプは、2002年に発表されたコンセプトモデル、ブレラから始まった新しいデザインを反映したものです。日本での販売は2006年。ボディタイプは、156と同様セダンとスポーツワゴン(2007年発売)がありました。

ボディサイズは、セダンが全長4,690mm×全幅1,830mm×全高1,439mm、ホイールベース2,705mm。全幅は1,800mmを超えましたが、その分室内スペースの余裕度も増し、質感の高められたインテリアを含め、居住性や快適性も一段と進化しています。

そして価格は399万円~と手の届きやすい設定で、156同様に人気を博しました。乗車定員は全車5名です。

アルファ159のスペックは?

駆動方式はFFが基本となり、3.2リットルのV6エンジン搭載車にはQ4と呼ばれる4WDが設定されています。

159のエンジンは、2.2L 直4と3.2L V6の2種類で、ともにJTS(Jet Thrust Stoichiometric)と呼ばれる直噴エンジンです。このエンジンはいずれもGM系のブロックで、156/147まで使用されてきた伝統のフィアット&アルファ系ブロックから決別したことになりました。

とはいえ、2.2L 直4が最高出力136kW(185ps)/6,500rpm、最大トルク230Nm(23.4kgm)/4,500rpmを、3.2L V6は最高出力191kW(260ps)/6,300rpm、最大トルク322Nm(32.8kgm)/4,500rpmと、優れたパフォーマンスを発揮。

ちなみに、日本仕様はガソリンエンジンのみですが、欧州仕様には直列4気筒1.9Lと直列5気筒2.4Lのディーゼルエンジンもラインナップされました。

発売当初、トランスミッションは6速MTのみでしたが、その後、2.2LにATモード付6速シーケンシャルトランスミッションのセレスピード、3.2Lにシーケンシャルモード付き6速ATのQ-トロニックがそれぞれ追加されています。

アルファ159の画像ギャラリー

<次のページに続く>
次ページ
アルファ159の中古価格は?