クーペってどんな車?クーペの特徴とメリット・デメリットをわかりやすく解説

レクサス LC

※この記事には広告が含まれます

かつて絶滅寸前とまで言われたクーペスタイルのスポーツカー。ところが、ここ数年、2ドアクーペに格好良いおしゃれなセダンのような4ドアクーペ、さらにはSUVにもクーペスタイルが登場するなど、クーペといってもボディスタイルはさまざまです。このクーペには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
Chapter
クーペとは、どんな車種?
クーペのメリット4選
クーペのデメリット4選

クーペとは、どんな車種?

一般的にクーペは、フロント座席主体の2ドア車のことを指していました。デザイン的には、車高が低く、屋根の面積が狭く、後部座席上のガラスがなだらかに車体後部につながる流線形シルエットが特徴です。

近年、このようなデザインを施した4ドア車やSUVも誕生し、4ドアクーペやクーペSUVといった新ジャンルも誕生しています。

クーペのメリット4選

①外観がカッコいい!

車高が1,400mmを切ると、自動車はカッコよく見えるようです。クーペに分類される車種では、全高1,400mmを切るものが多く、美しさやカッコよさを強調するデザインが多いですね。

②全高が低いので、操縦安定性が向上

車高が低いメリットとして挙げられるのが、車両重心位置の低下です。車両重心が下がると、ロールが少なくなり、操縦安定性能が高まります。

また、乗員が大きく前後左右に振られないことによる乗り心地の良さ、さらには横転防止が期待できます。スポーツ走行がお好きな方には、よりコーナーを速く駆け抜けることも可能でしょう。

全高が低いということは、前後左右から見た投影面積の低下にもつながります。これにより風の影響が少なくなり、燃費の向上や、強い横風でもハンドルを取られる場面が少なくなることが期待できます。

③室内スペースがタイトで雰囲気が出る

クーペは元来、2ドア車でフロント座席優先の車両です。つまりリアシートは無いか、あってもエマージェンシー的な使い方を想定して設計されているものがほとんどです。

スポーツカーであれば、この狭さがレーシーなコックピット感を演出してくれます。デートカーであれば、愛し合う2人だけの空間となり、より親密度も上がるかも知れません。

④最新の最先端技術が満載!

以前は、さまざま排気量が存在していたクーペモデルですが、2017年現在はトヨタ 86など一部の車種を除き、クーペは高級クラスに集中しています。

そのため、一時レクサスLCがサイドミラーレスで登場といわれたように、最新の技術が搭載されるケースが多くなっています。アクティブセーフティ装備を始め、凝った造りのパワートレーン、新しいボディ製造技術など。新しい技術やギミック好きにはたまらないですね。

クーペのデメリット4選

①後席の居住性がイマイチ

2ドアクーペの場合、後部座席はあってもエマージェンシー用です。幼児ならいざ知らず、成人が乗れるようなスペースではありません。

成人では、膝をかかえた体育座りのような格好となり快適とは言えません。後席は前席の2人のための荷物置きと割り切りましょう。

また、車高が低くドアが大きいスタイルは、狭い駐車場で乗り降りにも苦労します。

比較的、リアの居住性が良い4ドアクーペの場合でも、リアウインドウが傾斜しているため、頭上から背中にかけて直射日光にさらされてしまうという車種も多いようです。

眩しかったり、季節によっては暑かったりするかもしれません。また頭上がガラスだと落ち着いて車に乗っていられない、と考える人も多いようです。

②荷物はほとんど載せられない

デザイン性やスポーツ性を重視したデザインであるため、基本的にクーペスタイルのボディの積載量は少ないと言えます。

SUVクーペであっても、リアハッチが傾斜しているため、一般的なSUVと比較すると荷物の積載性という点では劣ります。

③大排気量エンジンを搭載し、燃費・自動車税が高額

最近のクーペは、前述のように高級クラスに車種が集中しています。その関係もあって、クーペモデルはプレミアムガソリン仕様の大排気量エンジンを搭載していることが多くなります。燃料費に加え、大排気量車はより高額な自動車税を課税されます。維持費がかかりますね。

その一方で、ハイブリッド化、EV化も進み、日本国内で純然たる大排気量ガソリンエンジン搭載車は、日産 GT-R、フェアレディZ、スカイラインクーペ、レクサス LC500、RC F、RC350と少なくなりました。

レクサス LC500hやRC300h、ホンダ NSXなどはハイブリッド車で、自動車税、重量税も減免されます。乗り味は、ガソリンエンジンとは違いますが、ハイブリッド車のフィールが合えば、大排気量クーペに乗りながら維持費も抑えられます。

④そもそも車両本体価格が高い!

クーペボディは同クラスのセダンやSUVと比較すると、1~2割高価に値付けされる傾向にあります。生産台数の少なさや凝った装備のため、コスト高になるのは仕方ないところですが、高い買い物であることに違いありません。

ただし、それを裏返せば"高い買い物ができる金銭的余裕がある”ことを、さりげなく周囲にアピールするが可能なのです。


クーペはデザインがカッコよく、おしゃれな自動車です。しかしおしゃれは我慢をしてこそ、成り立つもの。クーペの場合は、実用性を我慢する必要があります。購入時にはこの点を、しっかりと検討しましょう。
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細