高級車を中心に普及してきたエンジンカバー…何のために付いているのか?

高級車を中心に、最近よく見かけるエンジンカバー。エンジン自体にまるごとカバーをして、見た目はすっきりとした高級感があります。しかし、エンジンを覆ってしまうことで熱がこもることはないのでしょうか?そもそもこのカバーは何のためについているのでしょう?

Chapter
エンジンカバーが必要になってきた背景
デザイン、見た目のため?
防音・防振効果も…
歩行者保護
熱はこもらないのか?

エンジンカバーが必要になってきた背景

BMW 218d Active Tourer

エンジンカバーを採用する車種が増えてきた背景は、いくつか考えられます。

現代では車は燃費が良いことが求められるようになりました。燃費をよくする方法として軽量化があり、素材を金属から樹脂に変える、薄くする等の取り組みが進んでいます。しかし、それによりエンジンノイズが大きくなるという問題が発生しました。こうした問題を解決するために、新しい防音技術を盛り込んだエンジンカバーが必要になってきたのです。

また、現代の車はエミッションコントロールのバルブをはじめ、エンジン回りの配線などが複雑になっています。これを隠すための化粧カバーとしての役割もあります。

それではエンジンカバーに与えられた役割をもう少し詳しく見ていきましょう。

次ページ
エンジンカバーに与えられた役割とは?