なぜTOYO TIRESはさまざまなステージで愛され続けるのか?

クルマにとって必要不可欠な存在のタイヤ。現在、さまざまな国に、さまざまなメーカーが存在しています。なかでも、ユニークな商品を世に送り出し、多くのクルマ愛好家から注目されているのが「TOYO TIRES」です。今回は、そのTOYO TIRESの製品について、技術に詳しい担当者様にインタビューしてきました。
【Sponsored by TOYO TIRES】

Chapter
TOYO TIRESの「セミレーシングタイヤ」とは?
新製品「プロクセスR888R」の魅力とは…?
ミニバン専用タイヤ「トランパス」を用意するTOYO TIRESのこだわり…
「トランパスML」の魅力とは…!?
常に変革を続ける挑戦的ブランド、TOYO TIRES
最強のD1マシンGT-R開発ストーリー【本編】 by Team TOYO TIRES DRIFT
GT-R Drift on Turnpike HAKONE by TOYO TIRES
Tokyo Design Week 2015 [ TOYO TIRES TIRE + ART ]本編

TOYO TIRESの「セミレーシングタイヤ」とは?

セミレーシングタイヤ…むしろ「スポーツタイヤ(Sタイヤ)」と言った方が通りがよいかもしれません。
スポーツタイヤは、レース向けの特別仕様というわけではなく、公道で装着して走行してもよいモータースポーツタイプの乗用車用タイヤです。路面と接する部分のタイヤ溝は比較的少なくデザインされており、通常のタイヤよりもグリップ力が高いのが特徴で、路面をしっかり捉えられることから、サーキットやジムカーナなどを楽しむ方には必須のアイテムといえるかもしれません。

「PROXES(プロクセス)」シリーズは、TOYO TIRESが手がけるスポーツタイヤの代表格です。「PROXES」は、TOYO TIRESのハイパフォーマンスタイヤブランドであり、特に「PROXES R888」は高い人気を誇ります。年初に開催された「2016 TOKYO AUTO SALON」のTOYO TIRESブースでは、「PROXES R888R」が参考出品されていました。R888の新たなモデルとして、2016年中にもリリースされるとのことです。

新製品「プロクセスR888R」の魅力とは…?

日本では、ライトユーザーとヘビーユーザーで、タイヤに対するニーズの二極分化が進んでいます。ウルトラハイパフォーマンスタイヤは、より高いレベルのグリップ性能を求める、いわゆるヘビーユーザーのニーズに応えるタイヤとして存在感を放っているのではないでしょうか。

一方、週末にヒルクライムなどのイベントを盛んに行う欧州では、気軽に「自動車でスポーツ走行を楽しむ文化」があります。

目を吊り上げてコンマ何秒を競うのではなく、いざとなれば、サーキットにさえ自分の愛車を持ちこむような、カジュアルな感覚でスピードと向き合っているといえます。要するに欧州では、実用性とともに、サーキットでそこそこ遊べる性能をタイヤに求める方が多いといえます。

TOYO TIRESの「PROXES R888」は、こうした欧州の方々に人気があります。
スポーツタイヤに求められるグリップ性能が先鋭化してしまうと、摩耗の早さや耐久性が気になってしまいますが、摩耗が少なくちょうどよいグリップ性能、というのが、R888のポイントです。

欧州では、低燃費タイヤの普及、環境配慮を目的とするレギュレーションとして、タイヤ性能を「転がり抵抗」「ウェットグリップ」「騒音」の三つの側面から法令で規制しています。本年中にも市場に登場する新製品「R888R」は、厳しくなってきている法規制にも対応し、開発の際には、転がり抵抗の低減、走行時のタイヤノイズの低減を実現したとのことです。

グリップの維持と転がり抵抗の低減は、いわば二律背反する要素であり、開発には大変な苦労があったと思われます。グリップ性能はそのままに、転がり抵抗を抑え、さらに騒音もケアできたことで、 燃費や静粛性がアップしています。新製品R888Rは、R888で設定のサイズをベースに日本での発売を計画しているそうですか ら、愛用者のみならずチェックすべきスポーツタイヤといえます。

今から発売が楽しみな限りですね!

ミニバン専用タイヤ「トランパス」を用意するTOYO TIRESのこだわり…

TOYO TIRESは、日本で初めてのミニバン専用タイヤ「TRANPA TH(トランパス)」を提案しました。

以来、車両トレンドやドライバーの充足変化を捉え、詳細な市場分析を続けながら、ラグジュアリーミニバン用、軽自動車用などの新カテゴリーも創出するなど、幅広い専用タイヤのラインアップが多くのユーザーから支持されています。ミニバンユーザーが新しく夏用タイヤを選ぶこの時期、お勧めのタイヤが新製品「TRANPATH ML」です。「TRANPATH ML」です。

「トランパスML」の魅力とは…!?

TOYO TIRESは、力強い外装と高級感ある内装を持つスタイリッシュなデザインのミドルクラスミニバンを、ミニバン市場のセグメントの一つとして、新しいターゲットに据えました。その専用タイヤが、新製品「TRANPATH ML」です。22年にわたって蓄積してきた技術を踏襲、進化させました。

ミドルクラスミニバンに相応しいシャープな形状のトレッド、そして、タイヤの一部だけが摩耗する「偏摩耗」の抑制に寄与する非対称パターンデザインが採用されています。また、ミニバンユーザーが求める耐摩耗性能や走行安定性、低燃費性能を実現しているおすすめのタイヤといえます。

現在、多くのメーカーが参入していますが、ミニバン専用タイヤの先駆者として一日の長があるのが、TOYO TIRES。ミニバン(ミニといいつつ、大きいですよね…)はどうしてもレーンチェンジの際にふらつきやすい特性があります。

タイヤの剛性を高めることで、このふらつきを抑えています。ドライバーからは「しっかり感」を確実に感じる、と高く評価されており、乗る人の実感が性能を裏づけているといえます。

タイヤの剛性=しっかり感は、運転の楽しさにもつながるといえます。ファミリーで使うために、「ドライビングプレジャー」を諦めミニバンを選ぶ…という方もいるかもしれません。それを「諦めさせない」開発がされているということです。

ミニバン専用タイヤの中でも「トランパスML」はサイズを幅広くカバーしており、多くの方々が選べるモデルになっています。

これからの行楽シーズンにぴったりとも言えるタイヤ。ぜひチェックしてみてくださいね。

常に変革を続ける挑戦的ブランド、TOYO TIRES

今、TOYO TIRESが掲げているブランドメッセージ、「そのタイヤに、驚きはあるか。」。

これを世の中に伝えるべく、さまざまな取り組みにチャレンジしているそうです。

例えば、タイヤメーカーでは日本で初めて立ち上げたドリフトチーム「Team TOYO TIRES DRIFT」。ドリフト競技用のマシンとしてチューニングされたNissan GT-R のために、専用サイズのタイヤを開発するなど、その前例のない挑戦はファンや関係者の間にも激震が走りました。

その開発の様子を記録した動画は100万回再生を突破。またGT-Rの1,000馬力を生かした箱根ターンパイクでのドリフト動画についても94万回再生を超えるなど、web上で話題になったのを覚えている方も多いことでしょう。

他にもTOYO TIRESのタイヤを使用して、ライオン像を制作。クリエイティブの祭典「2015 TOKYO DESIGN WEEK」に出展するなど、タイヤのみならず、驚きの提供に挑戦し続けるのがTOYO TIRESの存在、と言えるかもしれませんね。

最強のD1マシンGT-R開発ストーリー【本編】 by Team TOYO TIRES DRIFT

GT-R Drift on Turnpike HAKONE by TOYO TIRES

Tokyo Design Week 2015 [ TOYO TIRES TIRE + ART ]本編