ポルシェは日本より米国の方が安い?各国におけるポルシェの価格とは?

「ポルシェは米国で安い」と言われています。ポルシェにとって米国は最初の「356」からとても大事な市場だったので、戦略的な価格が設定されているとも言われてきました。現実はどうなのでしょうか?

Chapter
ほとんどのポルシェは日本より米国の方が安い
縮まってきた価格差
実は日本の方が安いポルシェもある
ドイツ本国との比較で見えてくるもの
新興国に対してのポルシェの考え方
まとめ

ほとんどのポルシェは日本より米国の方が安い

ポルシェ 911 992型

日米でのポルシェの価格を比較すると。確かにほとんどのポルシェは日本より米国の方が安価に設定されており、「911」「パナメーラ」「カイエン」は特にその傾向が顕著です。代表的なグレードで比較してみると、「911ターボSカブリオレ」が日本では2,813万円(税込。以下同)なのに対して、米国では2,381万3,020円(19万4,600ドル)と、実は430万円以上の差があります。

単純な価格差だけではなく、例えば「911カレラSカブリオレ」は米国(115,700ドル=1,415万8,101円)では日本(1,813万円)より21.9%も安く買えるのです。

縮まってきた価格差

ポルシェ 911 ターボS

とはいえ、前とは少し状況が変わってきています。2014年に米国での販売が発表された「GT-R NISMO」の価格は14万9,990ドル(当時の日本円で1,554万5933円)、対して当時の「911ターボ」の価格は14万8300ドル(同1,538万円)でした。

「ついにGT-Rの価格が911ターボを上回った」と話題になりましたが、現在の「911ターボ」の価格は15万1,100ドルとなっており、価格変更の無い「GT-R NISMO」を再び上回っています。ここがポルシェの価格戦略の微妙なところで、米国では安価に設定したい反面、「GT-Rより安いポルシェ911ターボ」というのはブランドとして問題があると感じたのかもしれません。

事実、「911」の他のグレードが軒並み日本より15%~21%程度割安なのに対し、「911ターボ」および「911ターボS」のみが、12~13%程度割安に留まっています。この事から、「911」の中でもこの2グレードだけは「あえて少し割高にしている」、逆に言えば、戦略的な価格設定を行っている事が伺えます。

実は日本の方が安いポルシェもある

ポルシェ 918 スパイダー

実は、米国よりも日本の方が安価に設定されているポルシェもあります。「ボクスター」「ボクスターGTS」「ケイマン」「ケイマンBlackEdition」「ケイマンGTS」がそれで、3万5,000円~14万6,000円程度、日本の方が割安です。ボクスターとケイマンはその他のグレードも日米の価格差が0.5~2.3%程度割高なだけで、この2車種に関しては日米とも量販車種と考えているのが伺えます。

同じように量販車種と考えられているのが「パナメーラ」の下級グレードで、「パナメーラS」以上のグレードが日本より16.1%~23.9%(295万~530万円)も割安なのに対し、「パナメーラ」「パナメーラ4」および「パナメーラEdition」「パナメーラ4Edition」は、5.6~11%(58万~125万)程度割安に過ぎません。

別な意味で日米の差が無いのが「918スパイダー」で、こちらも日米ともに価格は1億円前後、3.5~4.1%程度(とはいえ350~450万円の差ですが)日本が安価に設定されているだけで、プレミアムスーパースポーツカーとして差が無く扱われている事がわかります。

ドイツ本国との比較で見えてくるもの

ポルシェ 911ターボS

ドイツ本国でのポルシェの価格とも比較してみると、また面白い事実が見えてきます。「ボクスター」や「ケイマン」は米国ではドイツ本国より数%安く価格で販売されていますが、日本でも同じように、ドイツ本国より数%安いのです。

また、「911」についてもほぼ全てのグレードがドイツ本国より日本の方が割高なのに対して、「911ターボ」と「911ターボS」の2グレードのみ、米国ほどでは無いにせよ日本の方が若干割安になっています。わずか15~20万程度の差なので、高級車では為替レートの差で吸収されそうな「誤差」にすぎないかもしれませんが、「911」の他のグレードは最低でも50万円以上ドイツ本国より割高です。その点を考えれば、ポルシェが「911ターボ」と「911ターボS」だけは「米国は少し高めに」「日本を少し安めに」価格を調整している事は明らかと言えます。

同様の事が「ボクスター」と「ケイマン」、さらに「パナメーラ」や「カイエン」の下級グレードについても言えるので、ポルシェは各国の市場に合わせ、価格を慎重に調整していると言えるでしょう。

新興国に対してのポルシェの考え方

最近のポルシェ好調の原因であり、成熟した日米よりもよほど重要な新興国での価格も気になったので、代表として中国を調べてみました。

ほとんどの車種・グレードにおいて日本の倍から2.5倍程度の価格になっており、中でも「カイエン」が2.4~2.7倍増しと飛び抜けて高く、その割に「911」は1.8倍から2倍程度となっているのが目立ちます。「ボクスター」や「ケイマン」「パナメーラ」も日本の倍以上割高になっている事から、「カイエン」も含めたこの4車種については、どれだけ高価であれ売れるという判断なのだと思います。

まとめ

ポルシェ 911

最近のポルシェ好調の原因であり、成熟した日米よりもよほど重要な新興国での価格も気になったので、代表として中国を調べてみました。

ほとんどの車種・グレードにおいて日本の倍から2.5倍程度の価格になっており、中でも「カイエン」が2.4~2.7倍増しと飛び抜けて高く、その割に「911」は1.8倍から2倍程度となっているのが目立ちます。「ボクスター」や「ケイマン」「パナメーラ」も日本の倍以上割高になっている事から、「カイエン」も含めたこの4車種については、どれだけ高価であれ売れるという判断なのだと思います。

Source:
www.porsche.com
fuminoske.exblog.jp
response.jp