「新型トライトン」や将来の「デリカ」も?ジャパンモビリティショー2023は「三菱ブース」へ!

新型トライトン ラリーカー[アジアクロスカントリーラリー2023 参戦車両レプリカ]

※この記事には広告が含まれる場合があります

三菱自動車工業株式会社は、ジャパンモビリティショー 2023においてプレスカンファレンスを実施し、電動クロスオーバーMPV『MITSUBISHI D:X Concept』を世界初披露し、新型ピックアップトラック『トライトン』のプロトタイプも日本初披露しました。(2024年初頭に国内で発売予定)プレスカンファレンスでは、代表執行役社長の加藤氏がスピーチされ「今回の『MITSUBISHI D:X Concept』は、カーボンニュートラル社会の実現を見据え、電動化技術と四輪制御技術を中心に当社の技術の粋を集めたコンセプトカーです。三菱自動車はこれからも、ドライバーの冒険心を呼び覚まし、乗る人すべてがワクワクするような、心豊かなモビリティライフをお客様に提供し続けてまいります」と述べました。他にもどんな車たちが「ジャパンモビリティショー 2023」に展示されているのか、見てみましょう。

編集:CarMe編集部/写真:三菱自動車
Chapter
未来の『デリカ』をイメージした『MITSUBISHI D:X Concept』
498万円から〜「新型トライトン」日本市場へ導入!
ジャパンモビリティショー2023の三菱ブースには現行車種も多数展示
新型トライトン ラリーカー[アジアクロスカントリーラリー2023 参戦車両レプリカ]

新型トライトン ラリーカー[アジアクロスカントリーラリー2023 参戦車両レプリカ]

未来の『デリカ』をイメージした『MITSUBISHI D:X Concept』

MITSUBISHI D:X Concept

MITSUBISHI D:X Concept

『MITSUBISHI D:X Concept』は、未来の『デリカ』をイメージした、冒険心を呼び覚ます三菱自動車らしい電動クロスオーバーMPVのコンセプトカーとして展示。

MPVならではの便利で快適な広い室内空間と、SUVならではの高い走破性を兼ね備え、行動範囲を限定しないPHEVがもたらす力強く快適な走りにより、アクティブなモビリティライフをサポートするとのことです。

パワートレーンには、PHEVが採用され、電動4WD「S-AWC」も併せて採用しています。
MITSUBISHI D:X Concept

MITSUBISHI D:X Concept

未来の『デリカ』のカタチとして、「絶対安全大空間 ✕ 絶対走破性」をデザインコンセプトに、大空間キャビンとそれを守るプロテクティブボディとしています。

キャビン前方からDピラーまで続くサイドウインドウグラフィックと堅牢なDピラーにより『デリカ』らしさを表現。また下方まで回り込んだフロントウインドウにより大空間を演出していて、更にはオーバーフェンダーと大径タイヤにより力強さを表現しています。

また、前後スキッドプレートとサイドステッププロテクターを装備することで、荒れた路面でも安全・安心に走行できる高い走破性を実現しています。
堅牢なDピラーをはじめとした各ピラー部分には、『デリカD:5』で高い安全性に定評のある、環状骨格構造リブボーンフレームをさらに強化して採用し、高い安全性と乗員を包み込む安心感のある広い室内空間を実現しました。

室内は、乗員すべてがゆったりと過ごせるスペースを確保し上下動や回転するパノラミックシート、解放感のある広々とした視界をもたらすフロントウインドウとシースルーボンネットにより、宙に浮いたような運転体験を可能とするエアリアルコックピットを実現しています。

シート全体を上下動させて、体格に合わせた見晴らしの良い着座位置に設定することができるパノラミックシートを全席に採用し、休憩時には、後方に回転させることもできます。

さらに、フロントウインドウと連続して足元まで繋がるシースルーボンネットには、前方の路面状況とフロントタイヤの切れ角などを組み合わせて表示し、解放感のある広々とした視界を実現、安心して運転することができます。
音声対話式AIコンシェルジュが目的地までサポートしてくれるとのことです。

また、ヤマハ株式会社との協業により、さらに進化した新世代のオーディオシステムを採用し。立体感のある大迫力のサウンドが楽しめる多数のスピーカーをヘッドレストや車体の適所に配置し、高い没入感を体感することが出来るとのことです。

498万円から〜「新型トライトン」日本市場へ導入!

新型『トライトン』 / The all new Triton

新型トライトン

新型『トライトン』 / The all new Triton

新型トライトン

新型『トライトン』(日本仕様、プロトタイプ)は、ピックアップトラックならではの高い堅牢性、SUV並みの快適性と操縦安定性の両立を実現しており、日本仕様は2列シートのダブルキャブで4WD車のみの設定としています。車両本体の予定価格帯は498万円~540万円(消費税込)とアナウンスがありました。

エンジンやラダーフレームも新開発で、ラダーフレームには、ハイテン鋼の採用比率を大幅に高め、先代モデルから断面積を65%増とし、曲げ剛性60%、ねじり剛性40%の強化を実現。また、大型化したボディは超高張力のハイテン鋼を採用して軽量化を図っています。フロントサスペンションには、ダブルウィッシュボーン、リアサスペンションには、リーフスプリング式を採用しています。

新開発の2.4Lクリーンディーゼルエンジンは、2ステージターボシステムを採用し、スポーツモード付6速A/Tとの組み合わせで、大型化したボディながら、きびきびとした走りを実現しています。

また、三菱自動車独自のスーパーセレクト4WD-II(SS4-II)やレーダークルーズコントロールシステム[ACC]などのた運転支援機能「e-Assist」、コネクテッドシステム「MITSUBISHI CONNECT」を採用しています。
新型トライトンのインテリアには、「BEAST MODE」(勇猛果敢)をデザインコンセプトが掲げられ、ピックアップトラックに求められる力強さに加え、堅牢でありながら俊敏さも併せ持つ堂々とした佇まいを表現しています。

インストルメントパネルは水平基調で力強い造形をしており、また、乗員を保護するためにソフトパットを要所に配置し、実用性の高さを確保。モニターやメーター、コントラストをつけたスイッチ類は視認性にこだわりながら、スイッチ類は手袋をしたままでも確実に操作ができるよう程よい節度感を実現しています。

ジャパンモビリティショー2023の三菱ブースには現行車種も多数展示

デリカD:5 サポートカー[アジアクロスカントリーラリー2023 実走車]

デリカD:5 サポートカー[アジアクロスカントリーラリー2023 実走車]

ダイナミックサウンドコンセプト搭載 アウトランダーPHEV /

ダイナミックサウンドコンセプト搭載 アウトランダーPHEV

デリカミニ / Delica Mini

デリカミニ / Delica Mini

デリカミニ×Colemanコラボラッピング車

デリカミニ×Colemanコラボラッピング車

デリカD:5 / Delica D:5

デリカD:5 / Delica D:5

【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細