スバル レガシィ アウトバックの見積りを取ってみた!見積価格は547万3,150円!?気になる納期は?

レガシィ アウトバック

※この記事には広告が含まれます

2023年9月に改良モデルが発表されたばかりの、スバル レガシィ アウトバック。アウトドアでの使い勝手と上質さを兼ね備えた特別仕様車の新たな設定や、安全面の向上など、新たにいくつかの改良が加えられました。

今回は、そんなスバル レガシィ アウトバックの見積りについてご紹介します。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
スバル レガシィ アウトバックはどう進化した?
スバル レガシィ アウトバックの見積り価格は547万3,150円!

スバル レガシィ アウトバックはどう進化した?

「レガシィ アウトバック」は、歴代モデルを通じ、どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装といった、クルマとしての本質的価値を磨き続けてきたスバルのフラッグシップクロスオーバーSUVです。

2021年10月に発表した現行モデルでは、「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化を遂げています。
今回の改良では、ステレオカメラに加えて広角単眼カメラを搭載した新世代アイサイトを装備。また、シャークフィンアンテナにカメラを内蔵したスマートリヤビューミラーを採用し、ラゲッジルームの積載性能を確保しつつ安全性能を高めました。

さらに、「Limited EX」の本革シート装着車にはシートベンチレーション/クッション長調整機構を追加することで、商品力を向上。加えて、アウトドアでの使い勝手と上質さを兼ね備えた特別仕様車「Limited EX “Active × Black”」を追加。ボディカラーには専用色となる、カシミアゴールド・オパールを設定しました。

スバル レガシィ アウトバックの見積り価格は547万3,150円!

メーカー:スバル
車種:レガシィ アウトバック「リミテッド EX」
外装色:ブリリアントブロンズ・メタリック
型式:BT5D5M8-4GC-CD20
駆動:AWD
ドア:5
定員:5

メーカーオプション:本革シート(ナッパレザー)、シートベンチレーション・クッション長調整機構、ハーマンカードンサウンドシステム、サンルーフ(本体価格に含む)

販売店オプション:ETC2.0+ドラレコ(メーカーOPナビ用)(9万5,200円)、ETC2.0車載器キット DENSO(2万7,800円)、ETCビルトインキッド(6,200円)、ドライブレコーダー(5万8,200円)、ドライブレコーダー 取り付けキット(3,000円)、カーゴステップパネル 樹脂(1万1,800円)、フロアカーペット(3万5,400円)、カーゴトレーマット(1万8,400円)、ETCセットアップ(2,850円)

【見積もり内容】
車両本体:444万円
販売店オプション:16万3,650円
税金・保険料等:19万9,190円
販売諸費用等(課税):4万8,200円
預かり法定費用等 (非課税):6,250円
預かり法定費用等 (不課税):15万675円

支払総額:547万3,150円
スバル レガシィ アウトバックは、アウトドア思考のユーザーにぴったりなモデルとなっており、一定の人気を誇る車種です。今回の改良で、より安全性や快適度が向上し、さらに商品力に磨きがかかりました。

納期ですが、ディーラーの担当者によると2,3ヶ月後くらいと言います。気になる方は一度ディーラーに足を運ぶことをおすすめします。

商品詳細