スバル「クロストレック」の先進安全装備を紹介!最新世代のアイサイトと最新の安全機能が満載【プロ徹底解説】

クロストレック

※この記事には広告が含まれます

スバルのコンパクトなクロスオーバー/SUVである「クロストレック」がフルモデルチェンジを実施。新型モデルが2022年12月より価格が公開され、発売開始されています。新型「クロストレック」には、どのような先進安全装備が備わっているのかを解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
スバルの安全思想となる「0次安全」とは
新世代アイサイトの特徴
「ぶつからない」をサポートする機能たち
「疲れない」をサポートする機能たち
「ヒヤリハット」を防ぐための機能
万一の衝突に備える機能

スバルの安全思想となる「0次安全」とは

スバルは、安全性の高いという評判の高いメーカーです。予防安全の運転支援システムである「アイサイト」の存在や、衝突安全試験の好成績も、そうした評判の高さの理由となっています。また、自動車メーカーとして、「2030年死亡交通事故ゼロ」を目標に掲げているのも特徴でしょう。

そんなスバルの安全の基本となるのが「0次安全」という考えです。これは「走り出す前から安全。そもそも事故を起こしにくい車であるべき」というもの。「死角を徹底的に減らして、周りがよく見える安心な視界性能」「運転に集中できるドライビングポジション」「運転を邪魔しないインターフェイス」などが該当します。
新型「クロストレック」では、Aピラー付け根部分の形状を最適化することで、斜め前の視界を確保し、Dピラーとリヤゲートの骨格を最適化することで、斜め後方の視界が確保されています。また、運転の疲れを軽減する新開発のフロントシートや、より広い範囲を照らす、ステアリング連動ヘッドランプ+LEDコーナーリングランプが採用されています。

新世代アイサイトの特徴

スバルの予防安全の主力となるのがステレオカメラを使う「アイサイト」です。新型「クロストレック」では、刷新された新世代のステレオカメラが採用されるだけでなく、国内スバル車として初となる広角単眼カメラの追加を実施。前後バンパーに4つのレーダーとあわせた360度のセンシングを実現。反応に優れた電動ブレーキブースターの採用などもあり、これまで以上に幅広いシーンでの安全運転をサポートできるようになっています。
また、専用カメラ+赤外線レーザーによるドライバーモニタリングシステムも搭載されました。「ドライバー異常時対応システム」は、「クロストレック」用に新開発されたものとなります。

「ドライバー異常時対応システム」は、「アイサイト・ツーリングアシスト」機能(アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をアシストする)の作動中に、ハンドル操作が一定時間なく、警告後も反応がない場合、システムが「ドライバー異常」と判断。自動で減速しつつ、ハザードランプを点滅させ、ホーンを鳴らして、異常を周囲に知らせます。停車後は、電動パーキングブレーキを作動。コネクテッドサービス「SUBARU STARLINK」装備車は、自動でヘルプネットに接続して、警察や消防に通報します。

「ぶつからない」をサポートする機能たち

プリクラッシュセーフティ

自車前方の他車やバイク、歩行者、自転車と衝突しそうにシステムが判断すると自動でブレーキを作動させます。同一車線内の先行車だけでなく、交差点内での横断自転車や、右折時の対向車両・対向バイクにも対応。交差点を右左折するときに、曲がった先での道路を横断しようとする歩行者や自転車にも対応。自車が右左折するときに、歩行者の巻き込みも対応します。広角カメラを採用したことで、従来よりも、より広い範囲での衝突に備えます。アイサイト史上最高の性能となります。

前側方プリクラッシュセーフティ

前側方レーダーによって、前側方から接近する他車両を検知。衝突の危険があれば警報を発し、必要に応じてブレーキ制御が行われます。

緊急時プリクラッシュステアリング

プリクラッシュブレーキだけでは衝突回避が困難だとシステムが判断すると、自車線内で衝突を回避するためのステアリング制御が実施されます。回避のための十分なスペースがない場合は、作動しません。

後退時ブレーキアシスト

バック走行中に、壁などの障害物との衝突の可能性があると警告を発し、回避操作がない場合は自動でブレーキ制御を実施します。

AT誤発進抑制制御・AT誤後進抑制制御

発進時に車の前(後退時には後ろ)に障害物がある場合、警告音と同時にエンジン出力を抑制。シフト操作の間違いや、アクセルとブレーキの踏み間違いでの事故を防ぎます。

「疲れない」をサポートする機能たち

ツーリングアシスト

高速道路や自動車専用道路において、0㎞/hから約120km/hの間で、アクセル/ブレーキ/ステアリングの3つの操作をアシストします。先行車を設定された速度以下で追従しつつ、自車の車線の中央をキープするように走ります。

全車速追従機能付クルーズコントロール

高速道路や自動車専用道路において、0㎞/hから約120km/hの間で、アクセルとブレーキの2つの操作をアシスト。先行車に車間距離を維持しながら、設定速度以下で追従走行を行います。

「ヒヤリハット」を防ぐための機能

スバルビークルディテクション(後側方警戒支援システム)

車体後部に内蔵されたレーダーで、後側方から接近する他車両を検知。その存在を、ドアミラー内のインジケーターの点灯で知らせます。

エマージェンシーレーンキープアシスト

自動車専用道路を60㎞/h以上で走行中、隣接する車線に後方から他車両が接近しているにもかかわらずに車線変更をしようとすると、システムが危険を音と表示で警告を発し、同時にステアリング操作をアシストして、自車車線からの逸脱を抑制します。

アレイ式アダプティブドライビングビーム

対向車や先行車を照らす部分だけを遮光するハイビームシステム。上位グレードのリミテッドに標準装備で、ツーリングはオプションとなります。

デジタルマルチビューモニター

フロントグリル、左右のドアミラー、リヤゲートに設置されたカメラ類で、車内の11.6インチセンターディスプレイに、車の周囲を表示します。真上から俯瞰するトップビュー、車体を斜め上から見る3Dビュー、左右のドアミラーの映像のみのサイドビュー等を切り替えることができます。

万一の衝突に備える機能

歩行者保護エアバッグ

歩行者と自車車両との衝突を検知すると、車のボンネット後端にエアバッグが展開。フロントガラス下部やピラーといった硬い部品と歩行者の衝突を緩和します。

ポストコリジョンブレーキコントロール

衝突事故を検知すると、自動でブレーキをかけて、自車が停車するまでブレーキを継続。自車両が対向車線へはみ出さないようにサポートします。また、同時にハザードランプを点滅させることで周囲に注意をうながします。
新型「クロストレック」には、数多くの安全装備が備えられています。スバルの安全性の高さの象徴ともいうべきアイサイトは、最新世代のものとなり、また、単眼カメラが国内スバル車初として採用されています。最新モデルに与えられた安全機能の充実度の高さに、スバルの安全にかける強い思いを感じることができます。
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細