広い室内空間をアウトドアでも便利に使う!ダイハツ 「タント ファンクロス」のユーティリティは?【プロ徹底解説】

タント ファンクロス

※この記事には広告が含まれます

元祖スーパーハイトワゴンである「タント」。その派生モデルとして2022年10月に新たに加わったのが「タント ファンクロス」です。その新顔である「タント ファンクロス」のユーティリティは、どのようなものなのかを解説します。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
「タント」ファミリーの特徴であるミラクルオープンドア
スライドドアの便利な機能
便利なロングスライドと多彩なシートアレンジ
上下2段に高さ調整できるラゲッジ床のデッキボード
たっぷりある収納スペース
すべての席を紫外線と熱線から守る

「タント」ファミリーの特徴であるミラクルオープンドア

「タント ファンクロス」のベースとなっている「タント」は、元祖スーパーハイトワゴンと呼べる存在です。車高が高く、スクエアで室内空間が広く、しかも両側にスライドドアがあるため、乗り降りもしやすいというのが魅力。小さな子供のいるファミリー層に強く支持されているジャンルです。
そんな「タント」の特徴は、車両左側のスライドドアがピラーごと開くというピラーインドア「ミラクルオープンドア」になっていること。もちろん派生モデルである「タント ファンクロス」にも「ミラクルオープンドア」が備わっています。

「ミラクルオープンドア」があることで、「タント ファンクロス」の助手席側は、前席とスライドドアの両方を広げると、最大で開口部が1490mmにもなります。この大きな開口部があるため、人の乗り降りや荷物の出し入れが非常に楽というのが「タント」ファミリーの最大のメリットとなります。

スライドドアの便利な機能

「タント ファンクロス」のスライドドアは、「ミラクルオープンドア」として広く開くだけでなく、さまざまな便利機能が備えられています。

まず便利なのが「両側パワースライドドア」です。外側ドアハンドルや、電子カードキー、運転席のスイッチをワンタッチするだけで、電動でスライドドアを開閉することができます。また、車を降りるときにインパネにあるスイッチで予約しておけば、その後の乗車時に電子カードキーを持って近づくだけで、自動でドアを開ける「ウェルカムオープン機能」を備えます。買い物などで両手がふさがっていても、車に近づくだけでドアが開くという便利な機能です。
さらに「タッチ&ゴーロック機能」も便利な機能。電子キーを持った状態で、車外でスライドドアを閉めている最中に、ドアハンドルにあるボタンを押すと、ドアが閉まった後に自動でロックを実施。ドアが閉まり切る前に車から離れることができるため、急いでいるときに便利な機能となります。

半ドアを防ぐ「助手席イージークローザー/スライドドアイージークローザー(左右)」も便利な機能。ドアを力いっぱい閉めずとも済むため、小さな子供でもドアの開閉を安全に行うことができます。

便利なロングスライドと多彩なシートアレンジ

「タント ファンクロス」の前席シートは、前後に大きく移動できるロングスライドが特徴です。運転席のロングスライド機能はメーカーオプション(2万2,000円)となりますが、前後に540mmものスライドを可能とします。助手席は380mm。前席の位置を自由にできるため、使い勝手に優れるのが魅力となります。また、前席のロングスライドは、インパネのスイッチ、シート下のハンドル、運転席シートバックのスイッチ&レバーで操作することができます。運転席だけでなく、後席からも操作できるようになっています。
ロングスライド機能は、後席にも備わっています。こちらは左右分割で、それぞれ240mmのスライドが可能となっています。また、その操作は座席側だけでなく、ラゲッジ側からも可能。ラゲッジに荷物を積むときにも、いちいち前に回り込む必要がありません。

また、後席のシートバックは、前側に倒れてラゲッジを広げるだけでなく、後ろ側にも50度リクライニングさせることもできます。

そのため、シートアレンジとしては、前席を後ろ側に完全に倒して後席座面とつなげることで、前席+後席の広々とした室内空間を作ることができます。また、前席を後ろに倒して、後席シートバックは前に倒して、ラゲッジまでつなげて、長い荷物を積むこともできます。
前席のシートにはシートヒーターを装備。ファブリックシートの表皮は撥水加工が施されています。後席のシートバックは防水加工されています。ラゲッジのデッキボードも防水機能がありますので、濡れた荷物も気にせずに搭載できます。

上下2段に高さ調整できるラゲッジ床のデッキボード

ラゲッジの床は取り外せるデッキボード。しかも、上下に装着場所をかえることのできる上下二段調整式。デッキボードを上段にセットすると、シートバックを前側に倒した後席と高さを揃えることができます。フラットなラゲッジスペースが欲しいときに便利な機能です。

また、デッキボードには折りたたみの脚が付いており、取り外して車外でテーブルとして利用することも可能。キャンプなどでは、大いに役立つことでしょう。

たっぷりある収納スペース

車内の収納スペースの充実ぶりも「タント ファンクロス」の魅力のひとつ。運転席周りでいえば、インパネアッパーボックス、ドアポケット&ボトルホルダー、インパネのカップホルダー、フロントセンターアームレスト(ボックス付き)が用意されています。

助手席周りには、大型インパネトレイ、インパネのカップホルダー、ドアポケット&ボトルホルダーが用意されています。
後席には、シートバックポケット、後席クォータートレイ&ボトルホルダーがあり、前席シートバックには折りたたみ式のシートバックテーブルが備わっています。

スマートフォンの充電などに使う、USBソケットは、運転席前のインパネアッパーボックス内に1個、後席右に1個を標準装備。オプションで、助手席インパネにUSBとHDMIソケットを追加することができます。

すべての席を紫外線と熱線から守る

すべての窓に360°スーパーUV&IRカットガラスを採用。紫外線(UV)を約99%カットするだけでなく、赤外線(IR)も遮断してくれます。車内での日焼けを緩和するだけでなく、車内温度の上昇抑制にも貢献します。

また、後席ドアには収納式リアドアサンシェードを装備。日差しから乗員を守ります。
スーパーハイト系ワゴンは、広い室内空間を特徴とする車です。そのジャンルに属する「タント ファンクロス」は、さらにアウトドア志向にカスタムされたモデル。広い室内をアウトドアで便利に使うためのユーティリティ装備が充実しているのが最大の魅力と言えるでしょう。

商品詳細