日産セレナの維持費は105万5286円!新車購入から、最初の車検までかかる費用を計算してみた!【プロ徹底解説】

日産セレナ

※この記事には広告が含まれます

昨年に登場した新型セレナ。日産の人気ミニバンです。その新型セレナのオーナーとなった場合、どれだけの維持費がかかるのでしょうか。そこで新車購入後から、最初の車検がやってくるまでの3年間にかかる費用を計算してみました。


文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
車にかかる維持費の内容
任意保険は、人と車と補償内容で変わる
燃費性能次第となる燃料費
先払いで安くなるパックのメンテナンス費用
総額はいくら

車にかかる維持費の内容

車を所有しているとお金、いわゆる維持費がかかります。その内訳となるのが、税金、保険、燃料費、そしてメンテナンス費用です。これらの金額は車によって異なります。新型セレナの場合はいくらぐらいになるのでしょうか。エンジン車である「ハイウェイスターV」グレードで試算してみましょう。


まず、税金から。車にかかる税金は、一つではなく数多く存在します。ざっと挙げれば、「環境性能割」「自動車重量税」「自動車税種別割」(一般的に「自動車税」とよばれています)が存在します。そして車という商品を購入すると「消費税」も課せられます。


これらの税金は、一度に支払うのではなく、購入時や維持している途中など、課せられるタイミングが異なります。新車購入時に課せられる税金は「環境性能割」「自動車重量税」「消費税」の3つ。「自動車重量税」は、車検のときにも課せられます。

そして、今回のテーマとなる「新車購入後から車検までの間」に課せられる税金は、「自動車税」のみ。ただし、この税金は、毎年1回ありますので、3年間では3回分が維持費になります。


次は保険です。自動車の保険は2つ。ひとつは、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」。これは義務なので、「強制保険」と呼ぶこともあります。そしてもうひとつは、義務ではない保険です。こちらは「任意保険」とも呼ばれます。内容的には、保険会社が用意する、一般的な自動車保険です。任意なので、加入しなくても法律的には問題ありません。ただし、万一、交通事故を起こして加害者になり、「自賠責保険」を超える補償金を請求されると、まさに人生が詰むという状況に陥ってしまいます。一生涯かかる巨額な借金を背負わないために、「任意保険」に加入する必要があるのです。
燃料費は、車を走らせるほどに必要になる費用です。その額は、車の燃費性能次第となります。燃費性能が良ければ燃料費を少なくすることができます。
メンテナンス費用も車を維持する上で必須のもの。車は、定期的な点検の実施が法律で定められています。また、点検や修理を怠るのは、交通事故の元にもなりかねません。万一の事故が発生すれば、点検の費用を大きく上回る出費が発生します。トータルで安く、安心なカーライフのために、メンテナンス費用は必須となるのです。

任意保険は、人と車と補償内容で変わる

「任意保険」は、保険会社が販売する保険商品ということで、車ごと、加入者の条件、保険の補償内容によって保険の掛け金が変わります。また、1年ごとの加入が一般的です。


保険の掛け金は、補償内容が充実するほど高くなります。また、交通事故の多い車種も高くなります。そして加入者は、過去に事故を起こさずに保険に加入し続けた人ほど安くなります。つまり、保険加入の実績の少ない人、交通事故で保険の補償を利用するほど、掛け金は高くなります。また、同じ条件でも、保険会社によって掛け金は異なります。そのため厳密な任意保険の額は、人それぞれ異なります。ここでの数字は、あくまでも目安であると理解してください。
今回は、セレナのエンジン車を、25歳の人が、初めて購入する車として、車両保険も含めて、ネット保険で見積もりを取ってみました。すると、保険額は6万5340円、車両保険が10万1850円、合計で16万7190円でした。「任意保険」は、事故なく過ごせば、2年目、3年目と保険料は割引となりますが、今回は目安ということで、割引なしで計算すると、3年分で50万1570円となります。

燃費性能次第となる燃料費

燃料費は、走行距離が伸びるほどに高くなるもの。ただし、燃費性能が良いほど、その額は小さくなります。セレナのエンジン車である「ハイウェイスターV」の燃費性能は13.0㎞/lです。この性能で、年間1万㎞を走行すると仮定して、年間に必要な燃料費を計算してみました。
必要な燃料の量は約769.2リッター。1リッターのガソリン価格を160円で計算すると、769.2リッターの燃料費の価格は12万3072円。その3年分となると、36万9216円。これが新型セレナの燃料費となります。

先払いで安くなるパックのメンテナンス費用

車を安心・安全に走らせるために必須のメンテナンス。そのメンテナンスで近年、人気となっているのが新車ディーラーの用意するメンテナンスパックです。これは、料金を先払いするかわりに必要なメンテナンス費用を割引というサービスです。日産の場合は、「メンテプロパック」の名称となります。これはディーラーごとに設定するサービスのため、内容と価格は、全国一律ではなく、店ごとに異なります。
目安としては、セレナの車検なしの33年分のサービスでは6か月点検2回/法定12か月点検2回、エンジンオイル交換5回/オイルフィルター交換2回分で7万6500円ほどとなります。割引なしの場合、全部で12万7000円ほど。つまり3年間のメンテナンス費用の目安は、7万6500円となります。

総額はいくら

以上のように求めた維持費をプラスすると以下のようになります。

「セレナ ハイウェイスターV」の場合
自動車税:10万8000円
任意保険料:50万1570円
燃料費(ガソリン代金):36万9216円
メンテナンス費用:7万6500円

合計:105万5286円
セレナの3年間の維持費を試算すると、合計は105万5286円となりました。これが最低限度の価格となります。ただし、そのうち半分近くが車両保険となります。2リッター・エンジン・クラスのミニバンとしては、これくらいの額が標準的なものになるのではないでしょうか。また、ハイブリッド車の場合、自動車税と燃料費が、これよりも安くなります。
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細