【プロ解説】BMW M4クーペ Competitionのエクステリア(外装)やデザインを徹底解説!!

BMW M4

現行型BMW M4クーペ Competitionは、2021年1月に導入された、サーキット走行を可能にするMハイ・パフォーマンス・モデル です。

現行型 M4クーペはBMWブランドのアイコンであるキドニーグリルが、迫力ある縦型の大型のデザインを採用しています。

ここでは、注目度の高いM4クーペの外観について紹介しましょう。

文・写真/萩原 文博

Chapter
全体的なデザイン
フロントマスクの特徴や機能・デザイン
サイドビューの特徴や機能・デザイン
リヤビューの特徴や機能・デザイン

全体的なデザイン

現行型M4クーペ Competitionの外観には、モータースポーツに触発されたキャラクターが忠実に反映されています。表情豊かでエモーショナルな美しさを放つM4クーペの外観は、競合ひしめく環境の中において、卓越したパフォーマンスを示す明確なシグナルとなっています。

力強くはっきりしたサーフェス・デザインと空力的に最適化されたラインが、スポーティなポテンシャルを一目で明らかにします。さらに現代的なスタイリングの中に、性能スポーツ・カーにとって必要な機能を一貫して追及したM特有のデザイン的特徴が調和しています。

フロントマスクの特徴や機能・デザイン

現行型M4クーペ Competitionのフロントデザインは、どこから見てもすぐにわかるほど個性的です。フロントエンドのデザインの中央には、最大限のダイナミクスを表現するために、あえて装飾的な要素を削ぎ落としたMキドニーグリルが印象的です。

初のフレームレスでオールブラック仕様のキドニーグリルは、水平に配置されるM特有のダブル・バーにモデル・バッジが配されています。垂直方向に延びた大きなキドニーグリルは、その背後に搭載されているエンジンに大量の冷却用エアが必要であることを示しています。

そのグリルの左右にはドライブトレインとブレーキ・システムの冷却を最適化するため大きなインテークが追加されています。この開口部は2分割されており、それぞれ内側がブレーキ・エア・ダクト、外側が別体式ラジエター用となっており、標準装備のハニカム・パターン・グリルで覆われています。

さらにフロント・エプロンの外縁には空力的に効果的なエアロ・フリックを組み込んだエア・カーテン用の垂直インテークが配され、車幅の広さを強調しています。 現行型M4クーペ Competitionには、デイ・ランニング・ライト用のU字型ライト・ガイドを備えたフルLEDヘッドライトが標準装備されています。

サイドビューの特徴や機能・デザイン

現行型M4クーペ Competitionのサイドビューは、凝縮されたパワーとダイナミクスを表現しています。

ブラックのカーボンルーフとモータースポーツからインスパイアされ、空力的に最適化されたシルは、視覚的にも物理的にも低重心さを強調しています。またMモデル特有のデザインとして、フロントフェンダーとリヤホイールハウスはとりわけワイドになっています。

これにより、魅力あふれるコーナリング性能に貢献するワイドなトレッドと大径ホイールのためのスペースを確保できるのです。特徴的なMのギルは、フロントサイドパネルのサーフェス・デザインに調和良く組み込まれています。

M4クーペ Competitionに標準装備された、カーボン・ファイバー強化プラスチック(CFRP)製ルーフにより車両重心を下げ、俊敏性が高まっています。またカーボンルーフ上を前後に走る2つのフィンは、中央部に切込みのあるリヤスポイラーと同様に気流を最適化する効果を発揮します。

リヤビューの特徴や機能・デザイン

現行型M4クーペ Competitionのリヤビューは、ひと目見て並外れたパワーとスポーツ性がわかります。

印象的なホイールハウスの他にも、際立ったデザインで目を引くのが大きく張り出したサイドシルです。これらは、同じく外側へ突出するリヤエプロンのアタッチメントと共に、車両を囲む帯状のハイグロス・ブラックで統一されています。

このボディ・エレメントは、ボディ下周りのダウンフォースを高め、フロント・スポイラー・リップ、エア・カーテン用エアロ・フリック、ストラット・カバーなどの空力バランスを最適化する数々のディテールを効果的に補完しています。

迫力ある縦型の大型キドニーグリルはハイパワーなエンジンの冷却のために採用されています。さらに大型のエアインテークやリヤスポイラーなど装着されているアイテムはすべて空力特性を向上させるための不可欠なものです。

高い機能性がデザインに融合しているのがM4クーペの外観デザインの特徴です。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博