最高出力500馬力、世界限定700台のBMW M4 GTS…搭載された水噴射装置の実力とは?

東京モーターショーでワールドプレミア(初公開)されるやいなや大人気!早くも全世界限定700台は完売になったというBMW4シリーズの高性能版「M4」のさらなるハイパフォーマンスモデル「M4GTS」そこには単なるスペックにとどまらない、BMWの挑戦がありました。

Chapter
「M3生誕30周年モデル」のベースとなったM4
通常のM4とM4GTSのスペック比較
今度のBMWは「水芸」で攻める!
水噴射装置とBMWの航空機用エンジン
この価格、ライバルと比較して高いか安いか?

「M3生誕30周年モデル」のベースとなったM4

M4 GTS

「M4GTS」は、「M3誕生30周年記念」の限定ハイパフォーマンスモデル。現行M3には4ドアセダンしか無いため、かつてのM3クーペのポジションについた「M4クーペ」がベースに選ばれました。

初代M3のキャラクターからは、2015年10月発表の「M2」が近い感じもしますが、特別仕様車を出すにはまだ新しすぎるのかもしれません。

通常のM4とM4GTSのスペック比較

M4 GTS

各メディアで既出ではありますが、一応スペックをおさらいしておきましょう。エンジントルクのみNmからkgmに換算してあります。
(カッコ内は通常のM4)

エンジン:直6 3.0Lツインターボ(同)
最大出力:500馬力(431馬力)
最大トルク:61.2kgm(56.1kgm)
0-100km/h加速タイム:3.8秒(4.1秒)
最高時速:305km/h(280km/h)
ミッション:7速DCT(7速DCT/6MT)
車両重量:1510kg(1640kg・7速DCT)
パワーウェイトレシオ:3.02kg/ps(3.8kg/ps)
トルクウェイトレシオ:24.67kg/kgm(26.80kg/kgm)

比較すれば、まさに「GTS」と呼ぶのにふさわしいモデルだという事がわかります。より軽く、よりパワフルにというだけで十分で、「リアコンビネーションランプにBMWの市販車としては初めてOLED(有機発酵ダイオード)を採用!」などというニュースは霞んでしまいます。

通常のM4より130kgも軽量化するためバケットシートやボンネット。ルーフ、リアディフューザーなどもカーボン化。このあたりはボディ各部のカーボン採用に熱心で、日本企業と合弁でカーボン素材工場まで作ってしまったBMWならではのアプローチです。

しかし!BMWらしいアプローチと言えば、大事なものがもう一つあります!

次ページ
60年の時を超えた、あの技術とは?