レクサス 3代目ISのグレード比較!おすすめのグレード「IS300h」はこれだ!(3BA-GSE31/6AA-AVE30/6AA-AVE35/3BA-ASE30型)

レクサス 3代目IS

今回はレクサス 3代目IS(3BA-GSE31/6AA-AVE30/6AA-AVE35/3BA-ASE30型)のグレードについて紹介します。

3代目ISは2013年5月に登場したレクサスのDセグメントセダンであるISの3代目で、グリルには新世代レクサスの象徴であるスピンドグリルが採用されるなど、アグレッシブなスタイルにブラッシュアップされています。

そんな3代目ISにはどのようなグレードが設定されているのでしょうか。

Chapter
レクサス IS「IS300」【価格:480万円~】
レクサス IS「IS300 F SPORT」【価格:535万円~】
レクサス IS「IS300 version L」【価格:555万円~】
レクサス IS「IS300h」【価格:526万円~】
レクサス IS「IS300h F SPORT」【価格:580万円~】
レクサス IS「IS300h version L」【価格:600万円~】
レクサス IS「IS350 F SPORT」【価格:650万円~】

レクサス IS「IS300」【価格:480万円~】

「IS300」はレクサス ISのベースグレードで、駆動方式はFR(後輪駆動)となっています。

トランスミッションとしては、滑らかな変速で快適な走りを生み出す8速ATである8-speed SPDSを採用しています。8-speed SPDSではMポジション選択時に最短0.2秒で変速し、MT車のような本格的なスポーツドライビングを楽しめます。

また、DポジションでドライブモードセレクトをSportに合わせると、コーナー入口での加速度の変化に合わせて最適なギアへ変速し、旋回中にはギアをホールドするため、コーナー出口で力強い加速を得られます。

装備としては、オートアウェイ&オートリターン機構付電動チルト&テレスコピックステアリングコラムやゲート式シフトレバー、運転席・助手席8Way調整式パワーシートや運転席・助手席上下調整式ヘッドレスト、運転席・助手席独立温度調整オートエアコンなどが標準で備わっています。

さらに安全装備も充実しており、Lexus Safety System +やブラインドスポットモニター、ABSやELR3点式シートベルトなどが備わっています。

Lexus Safety System +は、歩行者や自転車との衝突回避をサポートするプリクラッシュセーフティやレーントレーシングアシスト、レーダークルーズコントロールなどで構成されています。

燃費はWLTCモードで12.2km/L、価格は480万円です。

レクサス IS「IS300 F SPORT」【価格:535万円~】

「IS300 F SPORT」は「IS300」の上位グレードで、スポーティなチューニングを施したモデルです。

エンジンとしては、意のままの加速が快感へと変わるL4 2.0L ターボエンジンが搭載されています。ツインスクロールターボチャージャーと吸排気のバルブ開閉タイミングを最適に制御するDual VVT-iと最適な燃焼効率を実現する先進技術D-4STを採用しており、パワフルなフィーリングを実現しています。

最高出力は180kW(245PS)/5,200~5,800rpm、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/1,650~4,400rpmを誇っています。

装備としては「F SPORT」専用スピンドルグリル、サイドガーニッシュ、ロッカーモールフィン、リアスポイラー、リアバンパーロアガーニッシュ、マフラーカッターなどが備わっています。

また、ホイールにはダークプレミアムメタリック塗装が施された「F SPORT」専用アルミホイールが装備されています。

燃費はWLTCモードで12.2km/L、価格は535万円です。

レクサス IS「IS300 version L」【価格:555万円~】

「IS 300version L」は「IS300」の上位グレードで、よりラグジュアリーな装備を施したモデルです。

エンジンとしては「IS300」「IS300 「F SPORT」と同様にL4 2.0L ターボエンジンが搭載されており、最高出力は180kW(245PS)/5,200~5,800rpm、最大トルクは350Nm(35.7kgm)/1,650~4,400rpmと、同様に数値となっています。

装備としては三眼フルLEDヘッドランプやLEDフロントターンシグナルランプ、広角・運転席自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー/チルト・ダウン・メモリー・ヒーター付オート電動格納式ドアミラー、運転席・助手席シートヒーターやステアリングヒーターなどが標準で備わっています。

さらに、ホイールとしてはシャインシルバーメタリック塗装が施されたアルミホイールが備わっています。

また、「version L」にはリアシート(後席)の快適さとプライバシー保護に寄与する電動リアウィンドウサンシェードが備わっています。

室内への日差しを和らげるとともに外からの視線も遮断することで、室内に落ち着きを与えます。シフトレバーを「R」に入れた際には自動でパッケージトレイ内に収納されるため、後退時には後方視界の妨げにもなりません。

燃費はWLTCモードで12.2km/L、価格は555万円です。

レクサス IS「IS300h」【価格:526万円~】

「IS300h」は「IS300」の上位グレードで、レクサス ISのハイブリッドモデルです。

駆動方式としては「IS300」同様にFRモデルとAWD(全輪駆動)モデルが設定されています。

AWDシステムでは、全後輪に豊かな動力を配分するトランスファーに、前後輪の車輪速度に速度差が生じた際にトランスミッションからの駆動トルクを適切に配分するトルセンセンターディファレンシャルギアを採用いています。

通常時は前後輪のトルクを40:60で配分することで高い走破性を実現していますが、その時々の走行条件に合わせて50:50から30:70の間で瞬時にトルク配分を変更するため、優れた操縦安定性を誇っています。

「IS300h」のボディカラーとしては、ソニックイリジウム、ソニッククロム、ソニッククォーツ、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、レッドマイカクリスタルシャイン、セレスティアルブルーガラスフレークの7色が設定されています。

また、シートカラーとしてはオーカー、ブラック、ダークローズの3色が設定されています。

燃費はWLTCモードでFRモデルが18.0km/L、AWDモデルが16.2km/L、価格はFRモデルが526万円、AWDモデルが568万円です。

レクサス IS「IS300h F SPORT」【価格:580万円~】

「300h F SPORT」は「IS300h」の上位グレードで、スポーティなチューニングを施したモデルです。

「IS300h」同様にFRモデルとAWDモデルが設定されています。

「F SPORT」では特別装備として、「F SPORT」専用8インチTFT液晶式メーターや「F SPORT」専用スポーツシートが備わっています。

「F SPORT」専用8インチTFT液晶式メーターは、スタイリッシュなシルバーの可動式メーターリングに8インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを組み合わせたもので、ステアリングスイッチの操作で様々な情報を表示可能です。

「F SPORT」専用スポーツシートは、「表皮一体発泡工法」で開発したスポーツシートで、シート表皮を一度で成形することで生まれた凹断面で、優れたフィット感と高いホールド性を実現しています。

日常走行時は快適な座り心地を、スポーツ走行時にはしっかりと体を支える「F SPORT」のためのシートです。

「F SPORT」のボディカラーとしてはソニックイリジウム、ソニッククロム、ソニックチタニウム、グラファイトブラックガラスフレーク、ホワイトノーヴァガラスフレーク、ラディアントレッドコントラストレイヤリング、ヒートブルーコントラストレイヤリングの7色が設定されています。

このうち、ホワイトノーヴァガラスフレーク、ラディアントレッドコントラストレイヤリング、ヒートブルーコントラストレイヤリングの3色は「F SPORT」専用カラーとなっています。

燃費はWLTCモードでFRモデルが18.0km/L、AWDモデルが16.2km/L、価格はFRモデルが580万円、AWDモデルが622万円です。

レクサス IS「IS300h version L」【価格:600万円~】

「IS300h version L」」は「IS300h」の上位グレードで、よりラグジュアリーな装備を施したモデルです。

「IS300h」「IS300h F SPORT」と同様に、FRモデルとAWDモデルが設定されています。

エンジンとしてはL4 2.5L エンジン搭載ハイブリッドシステムが搭載されています。

L4 2.5L エンジン搭載ハイブリッドシステムは、Dual VVT-iやD-4Sを採用したエンジンと、高出力・高トルクモーターや電気式無段変速機のトランスミッションを融合しており、優れた環境性能と走行性能を追求しています。

アクセル操作に対する駆動力の出力制御を最適化することで電動モーターがもたらすレスポンスの良さを際立たせ、ドライバーの意図通りに動く楽しくスポーティな走りを実現しています。

最高出力は131kW(178PS)/6,000rpm、最大トルクは221Nm(22.5kgm)/4,200~4,800rpmを誇っています。

また、「IS300h」ではハイブリッド駆動用バッテリーの電力を使うことでエンジンの始動を制限するEVドライブモードも搭載されています。

シートカラーとしてはオーカー、ブラック、ダークローズの3色が設定されており、シート素材にはセミアニリン本革が採用されています。

燃費はWLTCモードでFRモデルが18.0km/L、AWDモデルが16.2km/L、価格はFRモデルが600万円、AWDモデルが642万円です。

レクサス IS「IS350 F SPORT」【価格:650万円~】

「IS350 F SPORT」」はレクサス ISの最上位グレードで、駆動方式としては後輪駆動であるFRモデルのみが設定されています。

エンジンとしては、V6 3.5L エンジンが搭載されています。アトキンソンサイクルの実現に加えて、Dual VVT-iやD-4Sなどによって、同排気量トップクラスのパワーと環境性能を追求したエンジンとなっています。

D-4Sは高燃圧での筒内直接噴射を実現した上で、吸気ポート噴射との使い分けの最適制御を行います。

最高出力は234kW(318PS)/6,600rpm、最大トルクは380Nm(38.7kgm)/4,800rpmを誇っています。

燃費はWLTCモードで10.7km/L、価格は650万円です。

今回はレクサス ISのグレードについて紹介しました。

ISには7つのグレードが設定されていましたが、中でも「IS300h」がおすすめです。

「IS300h」はISのハイブリッドモデルであり、優れた走行性能と環境性能を両立しています。

また、ハイブリッドモデルのベースグレードではありますが、装備も充実しているため、所有欲も満たします。

※2021年8月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道