レクサス 3代目ISの便利なオプションを詳しくご紹介!上質な空間にさらに磨きをかけよう!

レクサス 3代目IS

レクサス 3代目IS(3BA-GSE31-BEZLH/ASE30-BEZLZ/6AA-AVE30-BEXLH/AVE35-BEXLH型)は、2017年に発表されたレクサスのエントリーモデルですが、高級スポーツセダンというコンセプトも手伝って非常に人気の高いクルマです。

ただでさえ上質感が漂う ISですが、オプションを装備することによって、さらなる進化を遂げます。

そこで今回は、ISの上質間にさらに磨きをかける便利なオプションを詳しく解説していきましょう。

Chapter
レクサス 3代目ISにはどんなメーカーオプションがあるの?
レクサス 3代目ISはエクステリアにも便利なオプションがある!
レクサス 3代目ISの便利なオプションはインテリアにも用意されている!

レクサス 3代目ISにはどんなメーカーオプションがあるの?

代表的であり、かつISに必須のメーカーオプションとして挙げられるのが、インテリジェントクリアランスソナーです。

ISはトヨタ系列のクルマではあるものの、ほかのクルマと違って造形にこだわるあまり、見晴らしが悪いという欠点を抱えています。それを補うための機能として、ISにかかわらずすべてのレクサス車でオプションとして設定されています。

クルマの四隅および前後に搭載されたセンサーが障害物を検知すると、ブザーでドライバーに警告を促す機能です。ISの場合は前後のセンサーに連動した衝突防止機能がついており、障害物との距離が一定範囲内になると自動でブレーキをかけてくれます。価格は約12万円と高額ですが、安全を確保するためには必須のオプションと言えるでしょう。

また、ムーンルーフも、メーカーオプションでしか取り付けられないオプションです。

天井がやや低くなるものの、やや窮屈気味なISの車内空間に解放感をもたらしてくれます。天気のいい日などは開けておくこともできるので、風を感じてドライブを楽しみたい方にはおすすめです。

レクサス 3代目ISはエクステリアにも便利なオプションがある!

レクサス ISにはエクステリア(外装)のディーラーオプションも豊富にラインアップされており、上質感の演出から機能性向上まで、幅広くアレンジが可能です。

ISの高級感を守るためにはボディの保護が必要ですが、その役割を果たしてくれるオプションが、ドアハンドルガーニッシュになります。カラーはメッキとブラックの2種類で、どのボディカラーにもしっかりマッチするカラーです。ドアハンドルについてしまう傷を防ぐことができるのはもちろん、見た目の上質感も上がります。

また、ドアハンドルの受け側を保護するためにドアハンドルガーニッシュに加えてプロテクションフィルムも取り付けておくと良いでしょう。

ドアエッジプロテクターも、大切なISのボディを守るためには必須のオプションです。

ボディカラーと同じ色のプロテクターで、目立ちにくさもあって非常に便利なうえ、ドアの開閉によりボディに傷がつくのを防ぐだけではなく、見た目もきれいに整えてくれるのです。

このほか、ナンバープレートのロックボルトハブキャップボルトも、見た目・防犯性ともに向上させてくれるのでおすすめです。

レクサス 3代目ISの便利なオプションはインテリアにも用意されている!

ISの便利なオプションは、インテリア(内装)でも豊富に用意されています。

夜間での乗り降りがしやすくなる室内照明をLED化できるLEDバルブセットは、より明るく室内を照らしてくれるのでおすすめです。

室内を汚さないためのフロアマットも用意されていますが、フロアマットは通常のISと「Fスポーツ」で質感や装備できるものが違うので購入する際は注意しましょう。フロアマットは取り外して掃除できるので、お手入れも簡単です。

また、まぶしいときに役立つIR(紫外線)カットフィルムも装着するといいでしょう。特にエアコンをよく使う夏場での効果は高く、日光を緩和するだけではなくエアコンの機能をフルに生かすこともできます。

駐車中は、専用のフロントシェードを使うことで、フロントガラス全面を覆うこともできます。片付けるときは専用のケースに収納すれば非常にコンパクトで、置き場所にも困りません。

シートバックストレージクリーンボックスなど、室内空間をより快適にするオプションも多くラインアップされており、使い勝手によって取り外すことができるのも魅力のひとつです

レクサスのロゴが入ったオプションが、より上質感を演出してくれることは言うまでもないでしょう。

高級スポーツセダンでありながら、SUV全盛期のこの時代にISの人気が高い理由が、オプションにもあるということがわかりました。

ISに用意されているオプションは、ただ高級・上質なだけではないISの魅力をより一層高めてくれる大事なアクセサリーばかりです。

普段よく使うオプションをしっかり比較・検討、そして選択して、自分だけのISにカスタマイズすると良いでしょう。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道