DiDiで領収書は発行できる?おすすめのタクシー配車アプリも紹介

NV200 タクシー 2015

タクシー配車アプリなら、スマホ1つでタクシーを呼べます。利用されたことがある人もいるのではないでしょうか。

今回はそんなタクシー配車アプリのアプリ決済の便利さやおすすめのタクシー配車アプリなどをご紹介します。

Chapter
タクシー配車アプリDiDiで領収書は発行できる?
タクシーでの領収書発行方法とは?
タクシーの領収書についてのポイント4つ
タクシーに乗車した際に領収書を貰っておいた方が良い理由5つ
DiDiなどのアプリ決済が便利である理由6つ
DiDiなどのアプリ決済を利用する際の注意点
DiDiで領収書を再発行する手順
おすすめのタクシー配車アプリ4選
DiDiなどのタクシー配車アプリを活用して領収書を発行しよう

タクシー配車アプリDiDiで領収書は発行できる?

結論から言うと、タクシー配車アプリ「DiDi」は2つの方法で領収書は発行できます。

1つ目は「車内決済」で、つまり現金をドライバーに支払ったときにその場で受け取る方法です。もう1つは、クレジットカードやPayPayなどのアプリ決済の場合で、登録メールアドレス宛に領収書が送られてきます。

タクシーでの領収書発行方法とは?

タクシーの領収書発行方法について解説します。業務上の理由でタクシーを利用した場合は、後日経費として申請すると代金が戻ってくる場合も多いでしょう。そのため申請書に添付しないといけない領収書が必要になってきます。

では、どのように貰えばいいのか見てみましょう。

一般的なタクシーにおける領収書発行方法

一般的なタクシーの場合、現金、クレジットカード、電子マネー、タクシーチケットなどで代金決済を行いますが、その決済後に領収書を手渡しで発行してもらえます。

何も言わなくても発行してくれるタクシードライバーが多いですが、ときには言わないと渡されない場合もあるので、その際はしっかりと要求しましょう。

タクシー配車アプリにおける領収書発行方法

タクシー配車アプリを利用し、アプリ決済をした場合は、アプリやネット上で領収書が発行されます。基本的に、アプリ決済を行った場合タクシー内部での発行はないことになっていますが、実際には発行してくれるドライバーも多くいます。

タクシーの領収書についてのポイント4つ

タクシーで発行される領収書についてポイントをまとめます。タクシーの領収書の記載内容は他のお店の領収書と違う点がいくつかありますので、ここでチェックしておきましょう。

1:領収書に記載される内容

タクシーの領収書に記載される内容は次のようなものです。

1.利用日
2.無線番号(または車両番号)
3.料金
4.タクシー会社連絡先

乗車場所や降車場所についての記載は普通ありません。また、料金にはメーター料金のほか、有料道路通行料金、迎車料金、割引料金などが含まれる場合もあります。

2:領収書に記載される日付

タクシー領収書に記載される日付について、気を付けなくてはいけないことがあります。それは日付をまたいだ場合です。乗車日は前日で降車日はその次の日となるようなケースです。

実は、この場合に領収書に記載される日付はタクシー会社や領収書印刷機によって答えが変わってきます。乗車日か降車日のどちらかにはなりますが、気になるようならばドライバーに確認してください。

ただ、多くの場合は、降車日が記載されます。

3:領収書に記載される時間

タクシーの領収書には時間が記載されていないことが多いです。ただし、これもタクシー会社や領収書の印刷機によっても違います。この点についても気になるようならば、ドライバーに確認しておきましょう。

4:タクシーのレシートとは?

タクシーの領収書というテーマで紹介していますが、同じようなものにレシートがあります。この2つの違いですが、領収書は手書きで記入し、押印したものを指すことが多いです。一方、レシートは機械印字されたものとの認識があります。

ただ、普通タクシーでは機械印字されたものも領収書として扱うことも多く、レシートと区別されない場合がほとんどです。

タクシーに乗車した際に領収書を貰っておいた方が良い理由5つ

タクシーに乗車する際に、なぜ領収書を貰っておいた方がいいのか、その理由をご説明します。領収書を貰わずに降車してしまう人もいますが、タクシー領収書は後で様々な場面で役に立つため、貰っておく方がいいでしょう。

1:利用したタクシー会社がはっきりわかる

タクシーの領収書を貰うと、利用したタクシー会社がはっきりわかります。これは後で大きな意味を持つ場合があります。利用したタクシー会社がわかれば、連絡もしやすくなり、何かあったときに困ったり、あわてたりせずに済むでしょう。

2:車両の特定ができる

タクシーの領収書には車両番号が記載されているので、降車して時間が経った後でも車両の特定ができます。これは、後で忘れ物や会社に意見を言いたいときなどにどのタクシーであったのかを伝えるのに役立つでしょう。

トラブルなどがあった場合にも、車両番号がわかれば、タクシー会社の対応も早くなります。もし領収書がないと、タクシーセンターに連絡を入れることになりますが、車両の特定が難しく、適切な対応をしてもらえない場合もあるでしょう。

3:忘れ物などをした際に連絡先がわかりやすい

タクシーにうっかり忘れものをするのは、よくあるケースです。その場合も領収書が大きな役割を果たします。領収書に記載された車両番号で、忘れ物をした車両が特定でき、忘れ物がすぐ見つかるということもあります。

流れとしては、次のようになるでしょう。

1.タクシーに忘れ物したことに気づく
2.領収書に記載されている連絡先(タクシー会社)に連絡
3.車両番号を伝える
4.タクシー会社がドライバーに連絡

忘れ物の回収方法については、タクシー会社と相談の上決めます。

4:経費の精算をする際に使用する

事業で使用した費用は経費として落とすことができ、事業所得が低くなり、税額も減額されます。経費精算はとてもお得なのですが、タクシー代も経費精算可能です。その場合は、勘定科目を旅費交通費として計上します。

この経費の精算時にもタクシーの領収書を使用します。税務署が領収書の確認をするのです。経費精算は納税額を抑えるためにも重要なことですから、タクシーの領収書は大事に保管しておきましょう。

5:家計簿などに記載する際にわかりやすい

家計簿に出費項目を詳しく記入する際は、領収書があれば、やりやすくなります。スーパーなどで貰うレシートは保管している人も多いでしょうが、同じようにタクシー領収書も取っておけば、家計簿記載が簡単になるでしょう。

これでタクシー代の出費を管理できるようになり、利用状況が一目でわかります。

DiDiなどのアプリ決済が便利である理由6つ

「DiDi」などのタクシー配車アプリを利用すれば、スマホ1つでタクシーを呼べてとても便利です。それだけでなく、アプリ決済自体も便利です。具体的にどう便利なのか、ここでは6つの理由を紹介します。上手にご活用ください。

1:貰い忘れる心配がない

タクシーに乗車して、領収書を手渡しで受け取る際には、貰い忘れということが時々あります。ドライバーの方が忘れるか、受け取る側で忘れるかですが、これはアプリ決済なら起こらないことです。

例えば、アプリ「GO」の場合、アプリ画面の「利用履歴・領収書発行」メニューから、メールアドレスと宛名(任意)を入力すると、メールで領収書が送信されます。これなら、いつでもどこでも領収書が貰えて、貰い忘れはありません。

2:再発行が可能であり紛失の心配がない

紙の領収書の場合、紛失してしまうことがあります。それでも再発行される場合もありますが、手続きが面倒です。その際は電話で手続きをし、状況を伝えて、再発行を依頼します。ホームページ上では再発行されない場合がほとんどです。

一方、アプリ決済の場合は、簡単にタクシー領収書も再発行ができます。「DiDi」でも「GO」でも「S.RIDE」でもネット上ですぐに再発行してくれます。アプリ決済で領収書をなくすことはあまりないでしょうが、なくしても心配はありません。

3:宛名入りの領収書の発行ができる

タクシー車内で貰う領収書の場合、宛名は書いてもらえないと思った方がいいでしょう。手書きの領収書を用意しているドライバーもいないわけではありませんが、かなり少数派です。印刷された領収書の発行が普通行われ、そこには宛名は記入できません。

一方、「DiDi」「GO」「S.RIDE」などのアプリ決済では、宛名入りの領収書発行も可能です。

4:一元的に管理することができて便利

紙の領収書管理が面倒なのはかさばることです。タクシー以外の領収書も加わり、入り混じって困ることもあるでしょう。

その点、アプリでタクシー領収書を発行してもらうと、Web上に情報がまとまり、一元管理できます。これで管理もしやすくなり、必要に応じて情報を引き出せるでしょう。

5:経費精算を自動化できるアプリもある

タクシー代を経費精算できればお得ではあるのですが、申請手続きが少し面倒です。そんな面倒を解消してくれるアプリも登場しました。経費精算を自動化できるアプリです。

例えば、タクシー配車アプリの「S.RIDE」は「コンカー」と連携して、経費の自動精算を可能にしました。「DiDi」も「コンカー」と連携しています。今後もこのように便利な体制が続いていくでしょう。

6:アプリ特典が利用できる場合がある

タクシーの配車アプリには特典が付帯していることがあります。クーポンを発行し、割引を適用させているのです。

クーポンには初回利用者向けというもののほか、電子決済や地域割引などの特典をつけている場合があります。クーポンがあれば、タクシー利用もお得になりますから、見逃さないようにしましょう。

DiDiなどのアプリ決済を利用する際の注意点

「DiDi」などのタクシー配車アプリでアプリ決済をする場合にはいくつかの注意点があります。まず、迎車料金がかかるケースがあります。それほど高い金額ではありませんが、タクシー代に合わせて請求されるでしょう。

次に、アプリ決済をした場合に、クレジットカードの残額が足りないときは、車内で現金払いを求められることもあります。

それから、クーポンとタクシーチケットの併用はできません。タクシーチケットは車内決済で使用することになっているので、アプリクーポンとの同時利用ができないのです。

DiDiで領収書を再発行する手順

「DiDi」のアプリ決済では領収証がメールアドレスに送られてきますが、再発行を希望する場合は、次のような手順を踏みます。

1.トップページ左上の「サイドメニュー」をタップ
2.「注文一覧」「明細書を発行」へと進む
3.対象注文を選択
4.右下の「送信」をタップ
5.メールアドレスを入力後「送信」をタップ

これで入力したメールアドレスに「DiDi」の領収書が再発行されます。

おすすめのタクシー配車アプリ4選

スマホ1つでお好きな場所にタクシーを呼べるタクシー配車アプリはとても便利なものですが、いくつものアプリの種類があります。そのため、どれを利用すればいいか迷うこともあるでしょう。それぞれメリットがあります。

そこで、特におすすめできるタクシー配車アプリを4つ厳選して紹介します。このほかにもアプリはありますが、まずはこの4つを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

1:DiDi

タクシーがすぐやってくるタクシー配車アプリ

「DiDi」アプリに行先と乗車地点を入力すると、一番早く到着できるタクシーが呼び出されます。それまでの時間は平均5分という速さです。タクシーが到着するまでの時間や位置情報はリアルタイムでの確認ができるようになっています。

タクシーから降りるときは、アプリに登録したクレジットカードやデビットカード、PayPayなどでそのまま決済できます。車内で面倒な現金の引き渡し(車内決済も選択可能)は必要ありません。目標地点に到着後は、ドライバーとやり取りをせずに降車できます。

「DiDi」は、タクシーを頻繁に利用する方、電話でタクシーを配車するのが面倒な方、タクシーをすぐに呼びたい方などの要望に素早く応じるタクシー配車アプリです。

DiDi タクシーがすぐ呼べるタクシー配車アプリ(ios)|https://apps.apple.com/jp/app/id1362398401
DiDi タクシーがすぐ呼べるタクシー配車アプリ(android)|https://play.google.com/store/apps/details?id=com.didiglobal.passenger

2:GO

一番近くのタクシーがすぐ来て乗れる

「GO」アプリからタクシーを呼ぶと、旧MOVとJapanTaxiの提携車両の中から一番近くを走っている車両が素早く配車されます。AI予約を使うと、指定した日時にタクシーを呼ぶことも可能です。

タクシーの到着目安時間がわかるうえ、到着通知も来るので、路上でタクシーを待つ必要はありません。通知が来てから、乗りにいけばいいだけです。また、ドライバーとメッセージ機能で連絡が取れるようになっているので、何かあっても安心でしょう。

「GO Pay」を利用すると、キャッシュレス決済ができるようになります。タクシーに乗っている間に自動的にアプリ決済が済むので、降車時の手続きは要りません。無駄な時間を使わないで済みます。

3:S.RIDE

ワンスライドでタクシーがお迎え

「S.RIDE」でタクシーを呼ぶのは簡単です。アプリ起動後、ワンスライドだけでお近くのタクシーがやってきます。お迎え位置は自動調整されるので、細かい調整は不要です。待ち時間の間に目的地を入力しておくと、その後の移動がスムーズに進むようになるでしょう。

ドライバーとは簡単なメッセージのやり取りもできるのでトラブルが生じても安心です。

アプリに事前にクレジットカードやApple Payを登録しておくと、ネット決済ができます。各種コード決済や独自の二次元バーコード決済も利用可能です。やり方は、後部座席モニターに示される二次元バーコードをアプリで読み込むだけで、決済が終わります。

4:Uber

タップするだけで利用可能

「Uber」の利用方法はタップするだけです。後は、アプリを開いて目的地を入力するだけで、ドライバーが責任を持って運んでくれます。配車については、必要時はもちろん、事前に予約しての利用も可能です。

車の種類、大きさ、料金などはご都合に応じて選ぶことができます。また、予約前に料金の見積もりが確認できるのもいいところです。支払う金額の目安を確かめることができるので、利用がしやすいでしょう。

乗車中の位置情報や乗車状況、到着情報を家族や友人とも共有できます。これで相手に安心してもらうことができるでしょう。乗車が終了すると、コメントや評価の送信もできます。

Uber - Request a ride(ios)|https://apps.apple.com/us/app/id368677368
Uber(android)|https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ubercab

DiDiなどのタクシー配車アプリを活用して領収書を発行しよう

スマホ1つでいつでも好きな時間にタクシーを呼べるタクシー配車アプリは心強い存在です。急いでいるときにはとても助かるでしょう。

タクシー配車アプリでアプリ決済をすれば、領収書をメールアドレスに送ってくれて、紛失する恐れもありませんから、アプリ決済を利用してはいかがでしょうか。