ホンダ アコードの流麗なスタイリングは圧巻!エクステリアデザインをプロが徹底解説

ホンダ アコード CV3型

※この記事には広告が含まれます

現行型アコードは先代モデルよりもボディサイズが拡大されただけでなく、スタイリングも大きく変わっています。

クーペのような流麗なルーフラインをもつファストバックスタイルを採用し、先代よりもワイド&ローな堂々たる佇まいを見せています。

ここでは、現行型アコードのエクステリアデザインの特徴について解説します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
ホンダ アコードのエクステリアデザインは卓越した運動性能を本質的な美しさで表現している
ホンダ アコードのフロントマスク
ホンダ アコードのサイドビュー
ホンダ アコードのリアビュー

ホンダ アコードのエクステリアデザインは卓越した運動性能を本質的な美しさで表現している

一流アスリートや俊足動物がそうであるように、研ぎ澄まされた高い能力は、主張しなくても外見にそのポテンシャルがにじみ出てくるものです。

真に優れた走りを表現するには、表層的なデザインテクニックやギミックはふさわしくありません。

現行型アコードの開発では、いわば“走りの声”に耳を傾けながら、卓越した走りが求めるスタイリングを3つのキーワードに集約し、“走りの視覚化”を追求。

引き締まった体幹さながらの抑揚豊かなボディーと、たくましい四肢の筋肉を思わせる力強いフェンダーなどにより、動体としての本質的な美しさへと鍛え上げられています。
まず、一つ目のキーワードは基本骨格に逆らわない素直でクリーンなスタイリング、“CLEANです。

動体としてあるべき姿を本質から見つめ直し、基本骨格に逆らわない自然な造形を追求。

複雑に抑揚する面を緻密に整理することで、恣意的な屈折やラインに頼ることなく、存在感と品格を兼ね備えたクリーンなスタイリングを実現しました。
そして、力強い下半身とスリークキャビンが織りなす“SPORTY”。

低重心・低慣性プラットフォームの利点を生かし、力強い下半身とスリークキャビンが一体となったロー&ワイドなスポーティーフォルムを追求。

速さのみならず、アコードならではの上質かつ爽快なパフォーマンスをイメージさせる大人のスポーティを表現しています。
3番目は、身体を鍛え上げるかのように日々磨き上げたアスリートフォルムの“MATURE”です。

「成熟」を意味するキーワードで共有したものは、デザインを徹底的に鍛え上げるという意志。

能力に見合った筋肉を身に付けさせるように、例えばタイヤまわりの面構成を工夫するなどし、均整のとれた美しいアスリートフォルムへ鍛え上げられています。

ホンダ アコードのフロントマスク

現行型アコードのフロントマスクは、クルマ全体の塊感と調和し、なおかつ自信と品格が感じられるデザインを追求しています。

フロントグリルは、塊の先端を裁ち落とした断面かのように逆台形の一体造形とし、バンパーとバランスよく対比させることで車体中心を貫く力強い体幹をイメージ。

ショルダーを大胆にそぎ落とす一方でホイールハウスを張り出させ、低く構える四肢の筋肉を想起させました。

厚みのあるノーズは、巧みに面変化しながらシャープなサイドキャラクターを受け止め、力強さをクリーンに表現しています。
低く構えたフロントノーズの先端に、ホンダセダンの共通アイコンであるシャープなクロームバーを薄型ヘッドライト一体デザインで配置。

フロントグリルを黒基調とすることで、クロームバーの精悍さを一層際立たせています。

リングなどを用いないことでアウターレンズの存在感を薄くし、灯体の奥でライトが輝くイメージを創出。

9灯のLEDが美しく機能を主張しています。

ホンダ アコードのサイドビュー

現行型アコードのホイールベースは、従来モデルに対し55mm延長

いわゆるタイヤの四隅配置を可能にし、その堂々たるたたずまいを表現するために、ロングノーズを採用しています。

抑揚豊かなボディーセクションと張り出させた前後フェンダーは強靱な下半身を表現し、スリークなキャビンは伸びやかに前進感を強調しています。

それらすべてによって、その卓越した走行性能によって導かれた走りのプロポーションが実現しました。
フロントピラー下端を後方に引くことで伸びやかなフロントノーズを表現。

低い全高とショートオーバーハングとの相乗効果により、躍動感豊かなスポーティーフォルムを醸し出しました。

また、フロントウインドウの水平視野角を拡大し運転視界も向上させています。

ベルトラインを高い位置に設定、前後のドアウインドウに加えリアキャビンにも窓を設けることでスリークなウインドウグラフィックスとなっています。

これにより外観のスポーティーイメージを高めるとともに、乗員には守られ感を提供。特に高速走行時の安心感を高めます。
クリーンなルーフラインを実現するために、ルーフサイドの溶接にレーザーブレーズを採用。

段差の極めて小さいサーフェスを実現することでモールをなくし、なめらかさが強調されています。
さらにアウタードアハンドルは太さや断面形状、ドア側エンボスの深さまで研究を重ね、しっとりと手に馴染む握り心地と操作感を実現しました。

タッチセンサーの採用により施錠用ボタンを廃し、シンプルで美しい見え方まで考えられています。

ホンダ アコードのリアビュー

現行型アコードのリアビューは、張り出させたフェンダーとタイヤによって全体重をしっかりと足腰で支えるような安定感を強調しています。

質感を高く仕上げたリアコンビネーションランプや深絞りのテールリップなど、細部のデザインを徹底的に磨き上げ、力強く誇り高いリアビューを完成させました。

トランクエンドのリップは、ホンダのプレス技術を駆使し、かつてないシャープさで一体成形。角度と張り出し量を吟味することで空力性能も向上させています。
バンパーデザインは、コーナーを削ぎ落としたかのように絞り込み、安定感のなかに俊敏なイメージを創出しています。

ワイドに構えたタイヤをより多くのぞかせることで、路面を力強くつかみ続ける優れたロードホールディング性をも感じさせます。

また、絞り込んだ造形がサイドを抜ける風を効果的に整流し、空力性能向上にも大きく貢献。

外側に視覚的重心を持たせた横基調の薄型デザインで、リアビューの安定感を強調。

精悍かつシンプルな造形とすることで、遠くからでもひと目でアコードとわかる表現としました。

またストップランプとテールランプにはLEDを採用し省電力性も向上しています。
流麗なルーフラインを採用したファストバックスタイルとなった現行型アコード。

ロングノーズとショートオーバーハングの相乗効果により、スポーティなフォルムを強調しています。

また、モールを無くし滑らかさを強調するなど美しいスタイルを強調する工夫が細部に施されています。

商品詳細