ソロキャンプ向けのおすすめタープ15選|使い方や選び方についても解説

夕暮れのキャンプ

ソロ用タープの必要性とタープの種類をいろいろな角度から説明し、またそれに沿った各社ソロ用タープを15種類紹介しています。ソロキャンパーがどのような状況で、どのようにタープが使えるか分かりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

Chapter
ソロキャンプにおけるタープのおすすめの使い方
ソロキャンプ向けのおすすめタープ15選
1:Unigear(ユニジア)「防水タープ」
2:snow peak(スノーピーク)「タープ/R ライトタープ "ペンタ"」
3:TRIWONDER「タープ 天幕 シェード 防水軽量」
4:Anyshop「防水タープ 収納袋付き」
5:Free Soldier「防水タープ 3mx3m」
6:Naturehike(ネイチャーハイク)「天幕 タープ 超軽量」
7:icamp(アイキャンプ)「ソロタープ tarp one ペンタゴンタープ」
8:FOTOCITI「防水タープ 天幕 タープテント」
9:DOD(ディーオーディー)「いつかのタープ」
10:BUNDOK(バンドック)「ミニ ヘキサゴン タープ」
11:Linkax「防水タープ」
12:Spitze Forge「防水タープ 天幕 シェード」
13:OUTDOORMASTER「防水タープ テント 防水収納ケース付」
14:DOD(ディーオーディー)「ライダーズコンフォートタープ」
15:FLYFLYGO「天幕シェード 防水タープ」
ソロキャンプにおすすめのタープの選び方5つ
お気に入りのソロキャンプ用おすすめタープを見つけよう

ソロキャンプにおけるタープのおすすめの使い方

ソロキャンプにタープは不要、組み立てるのに手間が掛かると思われがちですが、タープがあるだけで楽しみ方や快適さが違ってきます。最近では少人数用や1人用のタープの需要も多く、種類やサイズも豊富になってきています。

ソロタープのおすすめの使い方はリビング・ダイニング・キッチンとしてはもちろん、焚き火や薪ストーブで暖を取る場所として、さらにはテントなしのタープ泊としても使用ができます。

タープの種類

タープには、形状的に5種類あります。

ヘキサゴン型、ウイング型、レクタングラー型、スクリーン型の4つに、車の横などにタープを広げて使うカーサイド専用タープです。何名程度で使いたいか、どういった状況で使いたいかによってタープの種類が変わってくるため、ご自身に合ったものを選ぶといいでしょう。

ソロキャンプ向けのおすすめタープ15選

これから紹介する、おすすめの15種類はどれもソロキャンプにぴったりのタープです。それぞれの特長を説明していきますので、お気に入りのタープを見つけるための参考にしてみてください。

1:Unigear(ユニジア)「防水タープ」

ユニジア Unigear 防水タープ キャンプ タープ テント 軽量 日除け 高耐水加工 紫外線カット 遮熱 サンシェルター ポータブル 天幕 シェード アウトドア 収納ケース付 2-6人用 4サイズ

3,599円〜(税込)

防水でサイズ展開が豊富

MサイズからXXLサイズまでとサイズ展開も豊富です。

レクタタープとしては最小に近く、耐水圧3,000mmで大抵の雨であればしのぐことができます。また、丈夫なオックスフォード生地を使用し、遮光遮熱のためのシルバーのコーティングも施されています。

メーカー
Unigear
ブランド
ユニジア
商品モデル番号
021-JLS

2:snow peak(スノーピーク)「タープ/R ライトタープ "ペンタ"」

スノーピーク(snow peak) スノーピーク(snow peak) タープ /R ライトタープ "ペンタ" シールド STP-381 [1人用]

12,980円〜(税込)

ワンポールで簡単設営ができる佇まいが美しいタープ

スノーピークが「離陸する飛行機のような小型タープ」と紹介しているタープです。

格好良さだけでなく790gと軽量で、ポール1本で簡単に設営できるようになっています。また、生地にはSHIELDという遮光ピグメント加工が施されており、リビング環境を快適にしています。

メーカー
スノーピーク(snow peak)
ブランド
スノーピーク(snow peak)
モデル名
STP-381
梱包サイズ
35.6 x 22.9 x 15.2 cm; 1.1 kg
商品モデル番号
STP-381
商品の重量
1.1 kg

3:TRIWONDER「タープ 天幕 シェード 防水軽量」

TRIWONDER TRIWONDER 防水タープ キャンプ タープ テント 軽量 日除け UVカット 遮熱 サンシェルター ポータブル 天幕 シェード グランドシート アウトドア 収納袋付 (オレンジ+アクセサリー)

2,090円〜(税込)

軽量タープでグラウンドシートとしても使える

重量550gと軽くで、タープ以外の使い方もできるところがおすすめポイントです。耐水圧は2,000mmで、遮光遮熱性のためのシルバーコーティングもされています。

メーカー
TRIWONDER
ブランド
TRIWONDER
商品モデル番号
OS0309

4:Anyshop「防水タープ 収納袋付き」

Anyshop Anyshop 防水タープ 軽量 日除け 天幕 シェード サンシェルター レジャーシート 多機能 キャンプ用品 2-6人用 収納袋付き (L)

2,280円〜(税込)

ソロ用におすすめのサイズ感

重量は700gで、ソロ用としてジャストなサイズ感のタープです。レジャーシートやグラウンドシートとしても使用可能です。耐水圧は3,000mmで、遮光遮熱UV加工が施されています。

メーカー
Anyshop
ブランド
Anyshop
商品の重量
694 g

5:Free Soldier「防水タープ 3mx3m」

Free Soldier FREE SOLDIER防水タープ テント キャンプ タープ キャンプ たーぷ タープ 軽量 日除け タープ ソロ 遮光 タープ 1人用 遮熱 タープ スクエアタープ コンパクト 超軽量 タープ 3m UVカット 紫外線カット ヘキサタープ 320cmx300cm

4,589円〜(税込)

19か所のループで多様な使い方ができるレクタ―タープ

ループが19カ所あるため、様々な形での使用が可能です。

ループに加えて、ポールや連結テープを使うことでレクタタープのさらに多様な使い方ができます。耐水圧3,000mmで、遮光遮熱性がありUPF50⁺の加工が施されています。

メーカー
FREE SOLDIER
ブランド
Free Soldier

6:Naturehike(ネイチャーハイク)「天幕 タープ 超軽量」

Naturehike Naturehike(ネイチャーハイク) キャンプ 天幕 タープ Cloud Flying防雨 PU1500+ 日焼け止 シェルター シェード タープ アウトドア 軽量 日除け タープ テント 超軽量 (本天幕ポール含まない)

5,800円〜(税込)

本体重量400gの軽量タイプで独特の形状が目を引くタープ

ウイング型のタープで、軽くて設営も簡単です。ポールを入れず、付属のペグやカラビナ等を加えても630gです。耐水圧1,500mmで、十分に雨が降っても対応できます。

メーカー
Naturehike
ブランド
Naturehike
商品モデル番号
U53O1C99

7:icamp(アイキャンプ)「ソロタープ tarp one ペンタゴンタープ」

icamp(アイキャンプ) icamp(アイキャンプ) ソロタープ tarp one ペンタゴン タープ 軽量1.6kg アルミニウム合金ポール2本付 ソロキャンプ (アイキャンプ ゴールド)

6,980円〜(税込)

ソロテント用に制作されたタープ

コンパクトな専用バックにすべてを入れて持ち運べるため、楽に移動ができます。重量は、アルミポール2本を入れて約1,6kgで、耐水圧は3,000mm、遮光遮熱はPUコーティングUPF50⁺です。

メーカー
icamp(アイキャンプ)
ブランド
icamp(アイキャンプ)

8:FOTOCITI「防水タープ 天幕 タープテント」

Fotociti FOTOCITI 防水タープ 天幕 タープテント サンシェード ヘキサタイプ キャンプ アウトドア 軽量 防水 シェード 一人用 3x3m 3x4m 3x5m ソロキャンプ 日除け UVカット 紫外線 遮熱 大型

3,480円〜(税込)

充実のサイズ展開で安心の耐水圧

このシリーズでは300*300cm以外に、300*400cmと300*500cmのサイズがあり、自分の好みに合ったサイズを選ぶことができます。

耐水圧は3,000mmで、遮光遮熱性はPUシルバーコーティングを施すことで高めています。

メーカー
FOTOCITI
ブランド
Fotociti
商品モデル番号
1063
商品の重量
843 g

9:DOD(ディーオーディー)「いつかのタープ」

DOD DOD「いつかのタープ」

¥9,536〜

オールインワンタイプ

初心者にも使いやすいように、ポールやスチール製のペグ等、設営に必要な道具もすべてがオールインワンで揃っています。

さらに、小川張り(テントと連結させる張り方)ができる延長ベルトまでついている点もポイントです。耐水圧は2,000mmでPUコーティングのUVカットUPF50⁺です。

使用時サイズ
420cm×410cm
収納時サイズ
67cm×14cm×14cm
素材
ポリエステル150D(PUコーティング)
機能
最低耐水圧:2000mm、UVカット:UPF50+、遮光率: 90%以上

10:BUNDOK(バンドック)「ミニ ヘキサゴン タープ」

BUNDOK(バンドック) BUNDOK(バンドック) ミニ ヘキサゴン タープ UV BDK-25 【3~4人用】 収納ケース付 テント アウトドア

4,800円〜(税込)

フルセットで大きめのタープで軽量

ソロとしては大きめの3〜4人用にも関わらず、ポールが2本付属のフルセットで約2.2kgと軽量です。耐水圧は1,000mmで、UV加工UPF50⁺が施されています。

メーカー
カワセ(Kawase)
ブランド
BUNDOK(バンドック)
モデル名
BDK-25
商品モデル番号
BDK-25
商品の重量
2.3 kg

11:Linkax「防水タープ」

Linkax キャンプ テント Linkax 防水タープ UVカット 天幕シェード タープ テント ポータブル アウトドア 収納袋付き 多サイズ (3*3m/3*4m/3*5m)2-6人用

2,899円〜(税込)

遮光や遮熱、紫外線対策が完璧

遮光遮熱はシルバーコーティングが施されており、紫外線対策はUPF50⁺です。

耐水圧は、土砂降りでも安心の3,000mmです。丈夫な210Dオックスフォード生地で、3*3mの他に、3*4m、3*5mのサイズ展開があります。

メーカー
Linkax
ブランド
Linkax
商品モデル番号
543213.5

12:Spitze Forge「防水タープ 天幕 シェード」

Spitze Forge Spitze Forge 防水タープ 天幕 シェード テント タープ 大型 軽量 紫外線 UV カット 日よけ 遮熱 撥水加工 耐久 サンシェルター キャンプ アウトドア ポータブル 収納ケース付 2-6人用 グリーンS(3m*3m)

2,799円〜(税込)

シンプルで使いやすく軽量

初心者の方でも慣れると簡単に設営が可能で、丁寧な素材のタープです。

価格も安く設定されています。耐水圧は3,000mmで、遮光遮熱はシルバーコーティング(UVカット)を施しています。レクタ使用のためバリエーション豊かに張ることが可能です。

メーカー
Spitze Forge
ブランド
Spitze Forge
商品モデル番号
NS2004101_G

13:OUTDOORMASTER「防水タープ テント 防水収納ケース付」

OutdoorMaster OUTDOORMASTER防水タープ テント キャンプ タープ 日除け 遮熱 遮光 軽量 UPF50+ 紫外線99.9%カット 3000mm耐水圧 300D高密度生地 8つペグ付 8つテントロープ付 防水収納ケース付 UVカット 運動会 ピクニック アウトドア 一年保証

3,499円〜(税込)

生地の厚みが1.5倍で丈夫

丈夫さを求める人に特におすすめのタープです。

一般的な210Dより約1.5倍の強度がある300Dの生地を使用しており、遮熱遮光性能もアップしています。シルバーコーティングが施され紫外線対策はUPF50⁺です。

メーカー
OutdoorMaster
ブランド
OutdoorMaster
梱包サイズ
24 x 23 x 5 cm

14:DOD(ディーオーディー)「ライダーズコンフォートタープ」

DOD(ディーオーディー) DOD(ディーオーディー) ライダーズコンフォートタープ 【ツーリング仕様】 コンパクト収納 TT5-282

8,973円〜(税込)

ライダーズ専用に開発されたミニタープ

サイドポールをフロント部に通すことで居住性がアップしていて、1人用タープの下にはバイクが置けます。また、バイクに積むことを考えたパッキングサイズもポイントです。耐水圧3,000mmでUPFは50⁺です。

メーカー
DOD(ディーオーディー)
ブランド
DOD(ディーオーディー)
モデル名
TT5-282
商品モデル番号
TT5-282

15:FLYFLYGO「天幕シェード 防水タープ」

FLYFLYGO FLYFLYGO 天幕シェード 防水タープ タープUV 日焼け紫外線カット 多機能タープ 超軽量携帯便利タープセット オフホワイト 3*3m ポール付き

6,999円〜(税込)

収納サイズが極小

収納の便利さを考えたため、長方形で通常のタープより記事が薄くて軽く、タープを折りたたむのが簡単です。

遮光遮熱はシルバーシートを施すことで遮断する仕組みになっています。

メーカー
FLYFLYGO
ブランド
FLYFLYGO
商品モデル番号
Tarpaulin-white-S1

ソロキャンプにおすすめのタープの選び方5つ

ここまでソロキャンプにおすすめのタープを紹介してきました。ここからは具体的にどのような点に注意してタープを選べばいいのか紹介していきます。選ぶ際の参考にしてみてください。

1:使い勝手の良い形状とサイズ

ソロタープのサイズは300*300cm以下が良いでしょう。

ソロタープ用に相応しい形状は、生地が少なく済むウイング型やヘキサゴン型で、ポールの数も1~2本のものが多いです。折り畳みを考えると、レクタタープは長方形なので適しています。

2:設営のしやすさ

簡単に設営撤収ができるタープを選びましょう。

ソロキャンプでは設営のしやすさが大事です。なぜなら、設営の時間帯が夕方や夜だったり天候が悪天候だったりした場合も、ひとりで簡単にすばやく作る必要があるためです。事前に設営の道具を確認し、本番前に何度か設営撤収のシミュレーションをしておくことをおすすめします。

3:持ち運びのしやすさ

持ち運びのしやすさには、まずは重量とサイズ感が大事です。ワンタッチタープの場合、重量が10Kgほどでサイズも大きいため、ソロキャンプには向きません。できるだけ軽量のもので専用の収納バックにポールも一緒に収納でき、片手で持ち運びできるものが望ましいでしょう。

ポールもセットのソロ用タープは持ち運びがしやすくおすすめです。オールイワンで軽量なものがベストでしょう。

4:必要な付属品があるか

絶対に必要なものが入っているかしっかりと確認しましょう。

タープは本体だけでは使用できません。購入前に付属品としてペグ、自在、紐、ポールがあるかどうかを確認しましょう。

また、付属品のペグや紐は使用用途によっては強度が足りない場合もあるため、実際にキャンプに行く前にちゃんと確認することが大切です。特にポールについては、ついてない場合別途購入する必要があります。

5:必要な機能があるか

ソロキャンプで使うタープをイメージして確認しましょう。

サイズや重量、耐水圧などの他に、生地の種類や生地の厚みなどを考えて購入するといいでしょう。さらに、ソロキャンプはすべて1人で行うため、設営・撤収のし易さなど、使う場面もしっかりイメージしておくことが大切です。

お気に入りのソロキャンプ用おすすめタープを見つけよう

タープの用途は多岐にわたります。通常の使い方だけでなく小川張りすることでテントと連結したり、最近では車中泊で、タープをサイドやハッチにとりつけて楽しんでいる方もいます。

様々な種類と用途がありますので、この15選を参考に自分にあったお気に入りのタープを選びましょう。