Uberとタクシーの違いは?利用するメリットや配車アプリも紹介

タクシー

Uberは配車ができる便利なサービスですが、一般的なタクシーとどう違うのか、疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。この記事では、Uberの概要とタクシーとの違い、利用する際の注意点についてご紹介します。Uberを利用するメリットを知り、活用してみましょう。

Chapter
Uberとタクシーに違いはある?
Uberの料金体系
Uberを使うメリット6つ
Uber利用時の注意点4つ
日本でもUberの利用可能な地域が拡大中
Uberの配車アプリ
Uberタクシーのメリットを知って活用してみよう

Uberとタクシーに違いはある?

Uber(ウーバー)とは、アメリカで生まれ世界中で利用されている配車サービスです。

アプリを利用して簡単に配車を依頼できる便利なサービスですが、タクシーと違う部分が存在します。

Uberは誰でも自家用車を使ってドライバーができるというサービスのためタクシーとは異なるものですが、日本においては違法となってしまうためタクシー会社が提携しているという事情があります。

現時点ではハイヤーを中心としたタクシーのみが利用できる状況です。また、Uberとタクシーでは料金体系が異なりますので、その点を詳しく紹介していきます。

Uberの料金体系

Uberは独自の料金体系となっており、タクシーを利用した場合とは異なる部分があります。

時間あたりで料金が加算されるという特徴があります。また、時間帯や混雑状況により追加料金がかかるというのも一般的なタクシー利用にはない点です。

基本的には通常のタクシーを使用するよりも割高な価格となりますが、ハイヤーを利用するのであればタクシー会社を利用するよりも安くなりやすいでしょう。

Uberを使うメリット6つ

ここまでは、日本におけるUberとタクシーの違いや、Uber独自の料金体系について説明しました。

Uberとタクシーを比較したとき、あえてUberを利用する理由について疑問に感じた方もいるのではないでしょうか。

一般的なタクシーを利用するよりも料金は高めになってしまいますが、Uberだからこそのメリットがあります。

ここでは、タクシーではなくUberを利用するメリットについてご紹介します。

1:乗る車を選べる

1つ目のメリットは、乗る車を事前に選べるという点です。

利用時に車種が選べるというのがUberの特徴となっており、日常で乗る機会の少ない高級車を選択することもできるというメリットがあります。

乗車場所や時間帯により選べる車は変動しますが、いくつかの種類の中から選択する形になるでしょう。

お祝いごとや、何かの節目といった場面で利用するのに向いています。

2:事前にドライバーを確認できる

2つ目のメリットは、利用前にドライバーを確認できるという点です。

乗車の前にドライバー情報を確認できる仕組みとなっており、顔写真や名前だけでなく、車両のナンバーやそのドライバーの評価までチェック可能です。

どのようなドライバーなのか、いい評価を受けているかなど事前に確認できるため、安心しやすいでしょう。

3:スマホで配車依頼から支払いまで完結する

3つ目のメリットは、スマートフォンひとつで配車依頼から支払いまで完結しているという点です。

車種の選択や目的地設定、支払いがアプリからの操作で完了するため、ドライバーと会話しなくても利用できます。ドライバーとのコミュニケーションが苦手という方におすすめのシステムだといえます。

4:到着見込みをアプリ地図で確認できる

4つ目のメリットは、到着するまでの見込み時間をアプリケーションの地図で確認できるという点です。

配車してから到着までの時間や、目的地にあとどれくらいで到着するのかを確認できますし、車が今どこにいるのかということも地図上で見られます。

車が到着するまでの時間が明確にわかるため、待ち時間を有効活用できるでしょう。

5:キャッシュレスで使える

5つ目のメリットは、クレジットカードを登録することでキャッシュレスで利用できるという点です。Uberでは自動的にクレジットカード決済されるため、降車する際の料金支払いが不要です。

便利なポイントとしては、現金の用意が不要であること、利用時の支払い履歴が確認しやすいことなどが挙げられます。

6:トラブルを運行会社やドライバーにすぐ連絡できる

6つ目のメリットは、トラブルが発生した際にも運行会社やドライバーにすぐ連絡できるという点です。

Uberを利用した際にトラブルに遭いすぐに問い合わせたい場合、直接ドライバーに連絡できるため、素早い対応が期待できます。また、アプリからの問い合わせも可能なため、疑問があった場合にも手軽に問い合わることが可能です。

Uber利用時の注意点4つ

ここからは、Uberを利用する際の注意点をご紹介します。

アプリで全て完結できるUberは便利なサービスといえますが、アプリだからこそ注意しなければいけないポイントもあります。

タクシーを利用する場合と異なる点が多くありますので、サービスを利用する時は事前に確認しておくことが大切です。

1:スマホを使える環境が必須

1つ目の注意点は、アプリを利用する必要があるため、スマートフォンを使える環境が必須であることです。

電池切れを起こさないことはもちろんとして、ネットワーク接続ができる状態かどうかが重要になります。Uberを利用する際は、スマホの電池残量や通信状態に注意しましょう。

2:ドライバーの評価を最初にチェック

2つ目の注意点は、配車を依頼する前にドライバーの評価をチェックすることです。

日本で利用する時というよりは、主に海外でUberを利用する際に注意すべき部分になります。

海外では自家用車を用いて登録している人が多く、中には悪質なドライバーも存在するため、必ず最初にドライバーの評価をチェックしましょう。

3:乗車できる人数をあらかじめ確認

3つ目の注意点は、車を手配する前にその車種の乗車可能人数を確認しておくことです。

車の種類を選べるのは便利なポイントではありますが、車ごとに乗れる人数は異なります。車を手配する前に利用予定の人数が収容できるかを確認しておくことで、トラブルを回避できます。

4:目的地の名称・住所を正確に入力する

4つ目の注意点は、目的地の名称・住所を正しく入力する必要があるということです。

事前に目的地を登録してから利用するという流れのため、正式名称で登録しないと意図と違う場所へ行ってしまう可能性があるため、注意しましょう。

日本でもUberの利用可能な地域が拡大中

日本におけるUberの利用可能な地域は、徐々に拡大してきています。利用可能範囲は全国各地の都市で利用できますが、全ての地域で利用できるわけではありません。

都内については、従来では港区、新宿区、渋谷区など東京23区内のごく一部のみで利用可能でしたが、目黒区、品川区のほかお台場などが追加されるなど、広がりを見せています。

利用できる範囲はまだ限られていますが、今後もさらなる拡大が期待できるでしょう。

Uberの配車アプリ

配車アプリ「Uber」にアカウント登録するだけで、「Uber Taxi(ウーバータクシー)」、「Uber Black(ウーバーブラック)」などのサービスを利用できるようになります。

乗車したい場所と目的地を設定し、乗りたい車の種類を選ぶだけで配車依頼が完了します。アプリの操作だけで完結することから、コミュニケーションが難しい海外でも気軽に利用できるでしょう。

iOS版:https://apps.apple.com/jp/app/uber/id368677368
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ubercab

Uber Taxi

Uber Taxiは、地域のタクシー会社に配車依頼ができるサービスとなっています。

一人のときや、少人数のグループの際に利用しやすく、お手頃な料金設定でタクシーを利用できます。

Uber Taxiを利用する場合は、ハイヤーの場合と料金体系が異なり、一般的なタクシーの料金体系に近い迎車料+メーター料金という形式になります。

クーポンによる割引サービスを行っている場合もあり、初めての方でも利用しやすくなっています。

Uber Black

Uber Blackは、高級車の配車を依頼できるサービスです。

プレミアムな配車サービスということで、黒い高級車で高い評価を受けたドライバーの提供を受けることができます。

ハイヤーであることからタクシーよりも車内が広いため、ゆったりとした空間がほしい場合や、荷物が多い場合はこちらのサービスを利用するといいでしょう。

Uberタクシーのメリットを知って活用してみよう

ここまでは、Uberとはどのようなサービスか、使用するメリットや注意点について紹介してきました。

Uberタクシーの利用可能範囲は全国の各都市や東京23区内の一部地域と限られていますが、利用可能範囲は少しずつ広がってきているため、今後も拡大していくと考えられます。

また、Uberは使い方次第で料金が抑えられるため、一般的なタクシーに変わる移動手段になりうるサービスです。

ここで紹介した注意点を参照しながら、Uberタクシーを利用してみてはいかがでしょうか。

商品詳細