BMW 初代X2の極上の乗り心地を支える最新のテクノロジーの数々をご紹介

BMW 初代X2

BMW 初代X2は、都会の街並みに溶け込む優美なエクステリア(外装)とSUVとしての確かな走行性能を併せ持った人気の1台です。

質感の高いマテリアルを使用したインテリア(内装)と、先進のインフォテインメントを装備しています。

今回は、コンパクトSUVとして人気のある初代X2の乗り心地についてご紹介します。

Chapter
BMW 初代X2はどんな乗り心地のクルマ?
BMW 初代X2には乗り心地を高める先進のテクノロジーが!
BMW 初代X2の乗り心地を左右するセーフティとインフォテインメントも充実!

BMW 初代X2はどんな乗り心地のクルマ?

BMWはSUVの新ジャンルとして、SAC(スポーツアクティビティクーペ)を発表。X6、X4に続く新たなSACとして、2018年にBMW X2が誕生しています。

X2はSUVの位置づけとなっていますが、エクステリはクーペのような流麗なデザインを基調としており、タウンユースのユーザーからも人気のある1台です。

エクステリアのデザインは見た目だけでなく、走りをグレードアップする機能性も備わっています。フロントに装備された逞しいエアインテークは、3つの吸気口で構成され、パワフルなエンジンと、強力なブレーキを確実にクールダウン。走りの安定性を向上します。

ドライバーオリエンテッドなインテリアは、視座の高いシートや、目視確認を行いやすいブラック・パネル・テクノロジー採用メーター・パネル、操作性抜群の10.25インチ ワイド・コントロール・ディスプレイなどを装備。快適なドライビング環境をセットします。

パワートレインに関しては、3種類をラインアップ。

「X2 sDrive18i M Sport X」は1.5L 直列3気筒DOHCガソリンエンジンを搭載、コンパクトな排気量でタウンユースでの使い勝手を考慮しています。

「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」・「X2 xDrive20d M Sport X」は、2.0L 直列4気筒DOHCのディーゼルユニットを採用。クリーンディーゼルユニットにより、環境に配慮しながら、太いトルクと低燃費性を実現しています。

「X2 M35i」は2.0L 直列4気筒DOHCガソリンエンジンを搭載。パワー、トルクともにSUVらしい力強い走りを楽しめます。

X2のいずれのグレードも室内環境の快適性や、振動の吸収、静粛性の向上などを追求。エンジンのパワーやトルクを楽しみながら、快適な乗り心地を体感できます。

BMW 初代X2には乗り心地を高める先進のテクノロジーが!

BMW X2には、乗り心地を高める先進のテクノロジーが用いられています。

ボディ材には、アルミニウムやカーボン・ファイバー強化樹脂などの超軽量素材を採用。今まで以上の高い剛性と軽量化を実現しています。ボディ剛性のアップにより、安定性と安全性が向上。さらに軽量化により加速性能やブレーキ性能も向上しており、ワンランク上の乗り心地を手に入れています。

新世代の直列4気筒のツインパワー・ターボ・エンジンは、使用頻度の高い低回転域のレスポンス特性が高く、アクセルワークに応じてターボチャージャーが迅速にパワーを供給。ストレスのない乗り心地を実現しています。

トランスミッションは、電子制御式となる7速ダブル・クラッチと8速スポーツ・オートマチックを採用。電子制御により走行シーンに応じて動力を的確に駆動系に伝達します。

心地のよいクルージングから、パワーを感じるスポーティなドライビングまで、スムースでクイックな変速を実行。ドライバーの意思に応える乗り味を実現しています。

「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」・「X2 xDrive20d M Sport X」・「X2 M35i」に搭載されているBMW xDriveは、常に走行状況を検知してオーバーステアやアンダーステア等の不安定な挙動を事前に察知。瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを最適に可変配分します。優れたコーナリング性能と走行安定性でドライブを快適にします。

BMW 初代X2の乗り心地を左右するセーフティとインフォテインメントも充実!

走行性能だけでなく、セーフティとインフォテインメントもクルマの乗り心地を左右する大切な要素のひとつです。BMW X2のセーフティとインフォテインメントの機能をチェックしていきましょう。

X2には、グレード別にセーフティ機能が装備されています。「X2 sDrive18i M Sport X」・「X2 xDrive20d M Sport X Edition Joy+」は、ドライビング・アシストを標準装備。「X2 xDrive20d M Sport X」と「BMW X2 M35i」には、ドライビング・アシスト・プラスを標準装備しています。

クルマの危険な状況を判断し、回避のためステアリングを自動操作する衝突回避・被害軽減ブレーキや、クルマが車線から外れそうになると、ステアリング・ホイールを微振動させてドライバーにアラートするレーン・ディパーチャー・ウォーニングなどで、乗員の安全を守ります。

インフォテイメント機能と言えるBMWコネクテッド・ドライブは、スマートフォンとの連携、ナビゲーションシステムの表示、24時間トラブル時の対応などのサービスを提供。快適なドライブタイムを約束します。

BMW X2は、BMWが積み上げてきた最新のテクノロジーに、先進のセーフティとインフォティメントが装備されていることがわかりました。

高級コンパクトSUVとしての、快適な乗り心地を堪能できる上質なクルマと言えるでしょう。

※2021年6月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道