ホンダ 初代ゼストの長所とは?現在でも人気を集めるクルマの秘密に迫る!

ホンダ 初代ゼスト

2012年11月まで販売されていたホンダの軽自動車、ホンダ 初代ゼスト(DBA-JE1/CBA-JE2型)。使い勝手の良さと多彩な機能で、販売が終了した現在でも人気を集める1台です。

そんなホンダ 初代ゼストの長所について、詳しく解説してまいります。

Chapter
ホンダ 初代ゼストは抜群の安定性と快適な乗り心地を両立するエンジンを搭載
ホンダ 初代ゼストは収納機能が充実!小物類から長尺物までラクラク収納
ホンダ 初代ゼストは、環境に配慮し尽くした地球に優しいクルマだった!

ホンダ 初代ゼストは抜群の安定性と快適な乗り心地を両立するエンジンを搭載

ホンダ 初代ゼストは、街中でも中・高回転域まで使用する軽自動車の特性を考慮したi-DSIエンジンを搭載しています。

このi-DSIエンジンは、摩擦が少ないショートストロークを基本に、燃焼室に2本の点火プラグを持ち、タイミングをずらして点火することで燃焼効率を高めています

また、ロックアップ機構付電子制御4速オートマチックが採用されているほか、坂道などで最適なギアチェンジを行うプロスマテックを搭載することで、燃費向上に貢献しています。

高剛性シリンダーブロックの搭載や吸音・遮音材の最適配置により、エンジンの振動やロードノイズにきめ細かく対応しているので、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立しているのです。

ホンダ 初代ゼストは収納機能が充実!小物類から長尺物までラクラク収納

ゼストは、収納機能が充実しているのも魅力のひとつです。

フロントシート(前席)にはチケット&カードホルダーインパネセンターアッパーボックス助手席アッパーボックスフロントアンダーポケットドライバーズポケットなど、多くの収納機能が備わっています。

助手席アッパーボックスやドライバーズポケットはスペースも大きく、箱ティッシュや長財布など、大きな荷物も収納可能です。

この他にも、フロントアンダーポケットやフロントシートセンターカップホルダー、フロントドアポケットなども備わっており、ドリンクや小物類の収納にも困りません。

また、テールゲート開口高1,020mm、ラゲッジルーム(荷室)高1,100mm、ラゲッジルーム床面地上高530mmと、クラストップレベルの大開口・大容量・低床を実現しています。

さらに、リアシート(後席)は分割可倒式のものを採用しており、前面に倒すことでラゲッジルームを拡大できるうえ、後ろにも倒せるなど、多彩なシートアレンジが可能となっています。

フロントシートもリアシートの座面と同じ高さまで後方に倒せるので、2mを超える長尺物の積載もゆとりを持って行えるのがポイントです。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 初代ゼストは、環境に配慮し尽くした地球に優しいクルマだった!

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道