ホンダ 初代ゼスト(DBA-JE1/CBA-JE2型)の機能性を高める便利なオプションをご紹介!

ゼスト

ホンダ 初代ゼストは2006年から2012年まで発売されていた軽自動車です。

現在は発売を終了しておりますが、その端正なフロントマスクのデザインと使い勝手の良いサイズから人気のクルマでした。

ここでは、中古車を選ぶ際にチェックしておきたいオプションという視点から、初代ゼストの発売当時に用意されていたオプションを取り上げてご紹介します。

Chapter
ホンダ 初代ゼストとはどんなクルマだったのか?
ホンダ 初代ゼストのインパネ周りのオプション設定は?
ホンダ 初代ゼストの収納に関する便利なオプションは?
ホンダ 初代ゼストの安全性能を高めるオプションとは?

ホンダ 初代ゼストとはどんなクルマだったのか?

ホンダ ゼストとはどんなクルマだったのか、基本情報をご紹介します。

ゼストはホンダ ライフの派生車としての位置づけで、2006年に発売されました。ライフと共通のプラットフォームを採用しており、車体の大きさが全長3,395mm×全幅1,475mm×全高 1,635mmとなっています。

使い勝手の良いサイズ感でありながらも、1,340mmという当時としては高い室内高が人気となっていました。さらに軽自動車でありながらも、充実した安全装備や走行性能などでも定評のあるクルマで、生産終了となった今でも人気があります。

ホンダ 初代ゼストのインパネ周りのオプション設定は?

ゼストのインパネは基本的にはシンプルで使いやすいデザインになっています。

メーターは3つ窓で視認性が高く、シフトレバーはインパネ付近に設置されており、操作がしやすい設計になっています。

オーディオ・カーナビ周りですが、純正でオーディオやカーナビのオプション設定がありました。 2DINが入るスペースを確保していますので、後付けでお好みのカーナビやオーディオをすっきりと収めることも可能です。

またインパネ周りの純正キットとしては、インパネやハンドル、シフトノブのカバーを変更するキットが存在していて、特にインパネカバーはカーボン調となっており、装着することで通常とは一味違った見た目に変更することができました。

<次のページに続く>
次ページ
ホンダ 初代ゼストの収納に関する便利なオプションは?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道