トヨタ 初代カローラスポーツの収納機能は利便性が抜群!

トヨタ 初代カローラスポーツ

日本人なら誰もが知るロングセラー車のトヨタ カローラ。1966年に初代カローラが誕生し、2021年3月現在には12代目カローラが活躍しています。

この記事では12代目カローラの中でもトヨタ 初代カローラスポーツに注目します。

初めて3ナンバー車として登場した初代カローラスポーツは広くなった車内に収納機能も存分に散りばめられていることが特徴です。

初代カローラスポーツの特徴を確認した後に、車内の収納機能を確認していきましょう。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
トヨタ 初代カローラスポーツの特徴を確認
トヨタ 初代カローラスポーツのフロントシート収納機能をチェック
トヨタ 初代カローラスポーツのリヤシート収納機能をチェック
トヨタ 初代カローラスポーツの収納機能はシンプルで使いやすい!

トヨタ 初代カローラスポーツの特徴を確認

トヨタ 初代カローラスポーツは2018年6月に発売されました。

12代目カローラの他モデルにはセダン、ステーションワゴンであるトヨタ カローラツーリングがありますが、初代カローラスポーツはハッチバックタイプです。低重心でスポーティーなエクステリア(外装)が特徴的な1台といえます。

初代カローラスポーツは全長4,375mm×全幅1,790mm×全高1,460mmのサイズ感です。これまで全幅1,700mm以下の5ナンバー車にこだわってきたトヨタ カローラシリーズですが、初代カローラスポーツは3ナンバー車として登場し、注目されています。

動力は1.8L 直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドタイプと、1.2L 直列4気筒エンジン+ターボチャージャーの2タイプから選択可能です。

初代カローラスポーツにはTNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれるプラットフォームが採用されています。TNGAはトヨタのグローバル戦略の一つで、世界各地の生産合理化や部品の統一を図るために開発されました。TNGAが採用された初代カローラスポーツはグローバル戦略の目玉車種といえるでしょう。

トヨタ 初代カローラスポーツのフロントシート収納機能をチェック

トヨタ 初代カローラスポーツの収納機能を、まずはフロントシート(前席)部分から確認していきましょう。

助手席側前方に定番のグローブボックスがあります。グローブボックスは大型で、ティッシュボックスなど嵩張るものでも難なく収納することが可能です。

次はセンターコンソール部分に着目してみましょう。まず目に付くのが、センターコンソール前方にあるトレーです。大きめの作りとなっており、スマホなども楽々と収納できます。

スマホと連動することが多いコネクテッドカーらしいこだわりポイントといえます。アームレストを兼ねているセンターコンソールボックスも深さがあり、大容量です。ボックス内にはUSB端子も装備されています。

快適なドライブに必要不可欠なドリンクホルダーは、センターコンソールボックスとシフトレバーの間と、フロントドアポケットに設置されています。フロントドアポケットには小物入れも装備されており、フロントシートの収納機能は抜群と言えそうです。

トヨタ 初代カローラスポーツのリヤシート収納機能をチェック

次にトヨタ 初代カローラスポーツのリヤシート(後席)部分の収納機能を見ていきましょう。

まず注目したいのが、ドリンクホルダーです。ドリンクホルダーはリヤシートに格納されているアームレスト部分と、ドアポケットに設置されています。

ドアポケット部分のドリンクホルダーは一般的にはドアの下部に設置されることが多いですが、初代カローラスポーツはドアハンドルのすぐ下の高い位置に設置されているのが特徴です。乗員が飲み物を取りやすい位置に配置されていることが分かります。

その他、リヤシートにはフロントシート後部にあるバックポケットや、センターコンソールボックス後部にある小物入れが収納機能として存在します。シンプルな作りながらも機能性は十分備わっており、非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

トヨタ 初代カローラスポーツの収納機能はシンプルで使いやすい!

トヨタ 初代カローラスポーツの収納はシンプルな作りとなっていますが、一つ一つの収納機能が細部までこだわり抜かれていることが分かります。

スマホを使用するドライバーが増え、スマホを置く場所も豊富です。センターコンソールボックス前方にあるドリンクホルダーは、2つのホルダーの間にスリッドがあり、スマホ置きとしても活用することが可能です。

TNGAのプラットフォームが採用され、他の車種とも共有する部分が増えているトヨタ 初代カローラスポーツ。

収納機能はシンプル且つ機能性抜群の作りとなっていることが分かりました。初代カローラスポーツであれば快適なドライブを楽しむことができそうです。

あなたも初代カローラスポーツの快適性を試してみませんか?

※ 2021年4月現在

商品詳細