ホンダ 初代CR-Z(DAA-ZF2型)の便利なオプションを紹介

ホンダ 初代CR-Z

今回は、ホンダ  初代CR-Z(DAA-ZF2型)に用意されていたオプションを紹介します。

初代CR-Zはホンダのライトウェイトスポーツカーとして、2010年から2017年にかけて発売されていました。パワートレインにハイブリッドシステムを採用する点が大きな特徴ですが、ハイブリッド車には珍しく、MT車も用意されていました。

初代CR-Zは既に中古車しか販売されていないため、装着するオプションを自分で選ぶことができません。購入できる中古車は、何らかの装備がついているもの・ついていないものから選ぶことになります。

ここでは「中古車を選ぶ際にチェックしておきたい装備・機能」という観点から、初代CR-Zの発売時に用意されていたオプションを取り上げてご紹介します。

Chapter
ホンダ 初代CR-Zはどんなクルマだったのか
ホンダ 初代CR-Zの後付けでは選べないメーカーオプション
ホンダ 初代CR-Zに用意されていたディーラーオプション

ホンダ 初代CR-Zはどんなクルマだったのか

ホンダ 初代CR-Zは、ハイブリッド車とライトウェイトスポーツカーという2つの側面をもつクルマとして、2010年に誕生しました。そのスタイリングは、かつて一世を風靡したクルマであるホンダ CR-Xを彷彿とさせるもので、随所にCR-Xをオマージュした跡が見受けられます。

初代CR-Zはスポーツカーとしての素性もよく、日本最高峰のレースのひとつであるSuperGTの参戦車両としても使用されていました。ハイブリッド車としては珍しく、マニュアルミッション搭載モデルもあったのが大きな特徴です。

しかし定まらないキャラクターの方向性もあり、2017年後継モデルのないままに生産・販売を終了しました。

初代CR-Zに用意されているオプションは、いずれのパーツもその個性をより強く引き立たせるもので、ハイブリッド車としての個性を強調するものやスポーツカーの特徴を出すものなど、方向性がはっきりとしています。

ホンダ 初代CR-Zの後付けでは選べないメーカーオプション

車のオプション装備には、大きく分けてメーカーオプションとディーラーオプションの2種類があります。そのうちメーカーオプションは車の生産ラインで装着するため、ホンダ 初代CR-Zで新たに装着するのは不可能です。ただ中古車を選ぶ際の参考として、モデル末期に設定されていたものを中心に紹介します。

初代CR-Zのメーカーオプションは、音響に関する装備が多いようです。まずあげられるのは、Honda インターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器があります。

ナビゲーションシステムはディーラーオプションでも選ぶことができますが、スマートフォンのような操作感と渋滞を高精度に予測できる機能の高さは、メーカーオプションならではといえます。

初代CR-Zならではのメーカーオプションとしては、アクティブノイズコントロールアクティブサウンドコントロールがあります。どちらもハイブリッド車である初代CR-Zの個性を引き立たせるもので、前者はノイズを徹底的に削減して静粛性を高めるもの、後者は心地いいエンジン音をスピーカーから出すというものです。

特にアクティブサウンドコントロールは、ハイブリッド車である初代CR-Zにスポーティな雰囲気をもたらし、ドライバーのテンションを上げることにつながっています。

タイプ別に設定されるメーカーオプションとしては、2トーンのボディカラーや開放感を高めるスカイルーフ、質感を高めるためのフロント本革シートなどがありました。

ホンダ 初代CR-Zに用意されていたディーラーオプション

ホンダ 初代CR-Zにも他の車種と同様、様々なディーラーオプションが設定されていましたが、そのうちいくつかを取り上げて紹介します。

初代CR-Zをよりスポーティに仕上げる装備としては、テールゲートスポイラーアルミホイールなどがあります。これらは見た目をスポーティにするオプションですが、走行性能を高めるオプションとしてスポーツサスペンションが純正で選べたのは嬉しいポイントです。

初代CR-Zのオプションパーツには、インテリア(内装)を彩るものもあります。ドライバーに直接触れるものとしては、シフトノブやスポーツペダル、レカロ製のスポーツシートなどがあります。スポーティな雰囲気づくりにひと役買うだけでなく、手や身体の滑りを防ぐという機能も高められています。

ナビゲーションシステムは、メーカーオプションに加えディーラーオプションのものもラインアップされていました。ほとんどの前ユーザーは、何らかのオーディオやナビを装着しているはずです。ディーラーオプションのナビを装着している中古車であれば、最新の機能を備えた市販品に買い替えることもできます。

ホンダ 初代CR-Zには、かつてのCR-Xを感じさせるネーミングから、スポーツ性能の高さが求められていました。しかしハイブリッド車として高い燃費性能・環境性能も追求されたため、走行性を高めるようなオプションがあまりなかったのは残念な点です。

それでも初代CR-Zには、自分だけの一台に仕上げるためのオプションが豊富にそろっていました。既に中古車でしか購入できない初代CR-Zですが、現状で装備されているオプションを見て、購入するかどうかを判断することになります。

特にメーカーオプションとして用意されていた装備は、後付けが非常に困難です。初代CR-Zの中古車を購入する際は、自分に必要なオプションがそろっているかどうかを慎重に見極める必要があります。

※ 2021年3月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK