マセラティ 3代目ギブリの収納は機能性と利便性が抜群!

マセラティ 3代目ギブリ
マセラティ ギブリはイタリアの最高級スポーツカーメーカーであるマセラティが製造しており、現在市場で販売されているのは3代目ギブリです。

この記事ではマセラティ 3代目ギブリ(MG30C/MG30D/MG30A/MG30AA型)の特徴を紹介し、初代と2代目との違いについてと、車内に注目し、収納スペースについての紹介をしていきます。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道
Chapter
歴代のマセラティ ギブリを確認しよう!
マセラティ 3代目ギブリのフロントシートの収納機能は?
マセラティ 3代目ギブリのリヤシートの収納機能は?

歴代のマセラティ ギブリを確認しよう!

マセラティ ギブリが初めて誕生したのは1966年のことです。マセラティ 初代ギブリは天才デザイナーとして名高いジョルジェット・ジウジアーロ氏がデザインを手がけた1台です。

フェラーリ デイトナやランボルギーニ ミウラがライバル車であり、当時のスーパーカーブームの火付け役ともいえる存在でしょう。ファストバックスタイルでロングノーズの特徴的なエクステリア(外装)に目がいきがちですが、4.7LのV8エンジンを搭載し、圧倒的な瞬発力を秘めた走りで、多くのユーザーを魅了しました。

マセラティ 2代目ギブリは1992年に4人乗りの2ドアクーペとして登場しました。ノッチバックスタイルを採用していることが特徴で、見た目は初代と大きく異なります。フロントに2.8LのV6エンジンを搭載し、インテリア(内装)には高級感漂うレザーやウッドトリムを採用。走行性能と快適性の両立を目指した1台でした。

そして、2代目ギブリが生産終了となった16年後の2013年に満を持して登場したのがマセラティ 3代目ギブリです。4ドアのスポーツセダンで、全長4,985mm×全幅1,945㎜×全高1,485㎜とギブリ史上最大のサイズを誇ります。

3.0LのV6エンジンを搭載しており、ガソリン仕様とディーゼル仕様があることが特徴です。ディーゼルエンジンの採用はマセラティとしては初めての試みで、走行性能もさることながら、最大の特徴はラグジュアリー感溢れるインテリアを実現しています。

また、マセラティのシンボルであるトライデントの刺繍が各シートのヘッドレストに施されるなど、誰もが憧れる程の高級感をまとっています。

マセラティ 3代目ギブリのフロントシートの収納機能は?

マセラティ 3代目ギブリのインテリアデザインコンセプトは旅への誘いです。乗る人全ての快適性を考え、フロントシート(前席)には随所に収納機能がちりばめられています。

まずはフロントドア下部に設置されたドアポケットです。地図などを格納するには便利といえるでしょう。運転手側にはコインポケットも設けられており、使い勝手が良い作りです。もちろん助手席側にはグローブボックスも設置されています。

続いて木目調のセンターコンソールを確認していきましょう。シフトレバーの横にドリンクホルダーが2つ用意されているだけでなく、シフトレバーの後部には小物を収納できるスペースもあります。

スマホや財布などを置いておくのに便利です。さらに後部にあるボタンを押すと、アームレストが開いて少し深めの収納スペースが現れます。この中にはスマホの充電などで使用するシガーソケットがあるので、急な充電の際も安心です。

マセラティ 3代目ギブリのリヤシートの収納機能は?

マセラティ 3代目ギブリのリヤシート(後席)は60:40の分割シートとなっています。使用しない場合は折りたたんでもよいでしょう。リヤシート中央部にはアームレストが格納されています。

このアームレストが収納機能を兼ねており、ドリンクホルダー2個と小物を入れるスペースとして利用可能です。また収納機能ではないですが、センターコンソール後部にはエアコンの吹き出し口も完備されており、リヤシートに乗る人も快適に過ごすことができる工夫がなされています。

その他、フロントシートの背面には雑誌や地図を収納できるスペースがあります。リヤシートの収納部はとてもシンプルですが、必要なものは揃っている印象です。長距離のドライブでも快適に過ごすことができるでしょう。
マセラティ 3代目ギブリは走行性能と車内の快適性の両立を目指した高級セダンです。3.0LのV6エンジンが繰り出されるエンジンサウンドとパワーは乗る人全てを魅了します。

車内の快適性にも最大限配慮されており、収納機能も使いやすく、文句の付け所がありません。機会があれば、収納機能も充実している3代目ギブリを体験してみてはどうでしょう。

※ 2021年2月現在
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細