アバルト 初代595(ABA-31214T)の便利なオプションを紹介

今回はアバルト 初代595(ABA-31214T)の便利なオプションについて紹介します。

「ドライビングとカスタマイズの真の歓びを知る」をコンセプトに設計されているアバルト 初代595。

コンパクトで可愛らしいボディでありながら刺激的な走りが魅力となっており、そのギャップから多くのファンを獲得しています。

そんな初代595にはどのようなオプションがあるのでしょうか。

Chapter
アバルト 初代595のボディカラーは?
アバルト 初代595のエクステリアのオプションは豊富なラインナップ!
アバルト 初代595はインテリアのオプションも充実!

アバルト 初代595のボディカラーは?

アバルト 初代595にはGrigio Campovolo(グレー)、Rosso Abarth(レッド)、Bianco Gara(ホワイト)の3つのボディカラーが用意されています。

この3色のボディカラーのなかでGrigio Campovoloのみが標準で設定されており、追加料金なしで選択できます。Rosso Abarth、Bianco Garaの2色はオプションのスペシャルソリッドカラーとなっているため、別途55,000円(税込)がかかります。

ATモード付5速シーケンシャルトランスミッションではRosso Abarthは受注生産となっているため注意が必要です。また、5速マニュアルトランスミッションでは全てのボディカラーが受注生産となっています。

受注生産の場合は通常のボディカラーに比べて納期がかかります。しかし、初代595のボディカラーはそのどれもがメーカーのこだわりの詰まった素晴らしい塗装となっています。納期がかかってでも購入する価値があるでしょう。

アバルト 初代595のエクステリアのオプションは豊富なラインナップ!

アバルト 初代595はエクステリアのオプションが豊富に用意されています。

ホイールは9つものラインナップを用意。サイズや形状、カラーの異なるさまざまなホイールが取り揃えられており、好みのホイールを選択できます。

ホイールは全て別売りのセンターキャップが必要ですが、センターキャップもクロームメッキ/グレーリング、クロームメッキ/レッドリング、ダークグレー/レッドリングの3色から選択可能です。27通りもの組み合わせから自分の好みに合ったものを選択できるのは嬉しいポイントです。

初代595のボディにはサイドストライプやミラーカバー、ボンネットデカールやルーフデカールなどのオプションがあり、ボディをおしゃれにカスタマイズできます。

サイドストライプは左右どちらに付けるかを選択できるだけでなく、4色のカラーから選択できます。ボンネットデカールはスコーピオンの模様となっており、こちらも3色のからから好みに合ったものを選択可能です。

フロントライトにはキセノンバーナー6200Kタイプを装備でき、精悍に青白く路面を照らし、ファッション性と安全性の両立を実現しています。

これほど豊富なオプションが取り揃えられていれば、自分オリジナルの初代595にカスタマイズできます。

アバルト 初代595はインテリアのオプションも充実!

ここまでアバルト 初代595のボディカラー、エクステリアのオプションについて紹介しました。最後に、インテリアのオプションについて紹介します。

センターコンソールのドリンクホルダーにはオートモバイルホルダアーを設置できます。アームには圧力センサーが備わっており、スマートフォンをおくと自動でアームが閉じてスマートフォンをホールドします。

スマートフォンを置いていない状態ではモーションセンサーの反応により、ホルダー中央に描かれているエンブレムが光ります。

カーナビゲーションシステムとしてはABARTH 純正カーナビゲーションシステムであるAVIC-RZ811-Dが用意されています。「高性能」×「使いやすさ」の融合を追求したものとなっており、スマートフォンのような感覚での゙フリックやドラッグ操作に対応しています。

7V型HDモニターを搭載することで、美しくて見やすい地図表示を実現しており、目的地 の検索や地図のスクロール、ナビ/AV機能の詳細な設定なども使いやすいものとなっています。

この他にも足元を照らすLEDフロアライトバルブや、リアクォーターやハッチゲート用のアディショナルLEDなどのオプションもあります。

今回はアバルト 初代595の豊富なオプションについて紹介しました。

エクステリアには豊富なオプションが用意されており、その組み合わせは無数に及んでいます。必ずや自分オリジナルの組み合わせを見出せることでしょう。自分好みにカスタマイズしたクルマはさらに愛着が湧き、所有者にとってとても思い入れのある1台となります。

購入の際にはぜひ自分好みの組み合わせを見つけ出し、オリジナルの1台へとカスタマイズしてみてください。

※ 2021年1月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK