トヨタ 新型MIRAI(JPD20型)の欠点(デメリット)は?

トヨタ 新型MIRAI

トヨタ 新型MIRAI(JPD20型)が2020年12月9日にいよいよ販売開始されました。

MIRAIは2014年末に世界初の量産燃料電池車として販売されました。新型MIRAIでは先代に比べて航続距離も伸びて環境にもより優しいクルマとなっているため、大注目の1台となっています。

そんな新型MIRAIにはどのような欠点があるのでしょうか。

今回は発売されて間もない新型MIRAIの欠点について紹介します。

Chapter
トヨタ 新型MIRAIのリアシート(後席)はシートアレンジできない?
トヨタ 新型MIRAIに必要不可欠な水素ステーションはまだまだ少ない!
トヨタ 新型MIRAIは値段設定が高め?

トヨタ 新型MIRAIのリアシート(後席)はシートアレンジできない?

トヨタ 新型MIRAIの室内は室内長1,805mm×室内幅1,595mm×室内高1,135mmとなっており、フロントシート(前席)に2名、リアシートに3名乗車することのできる5人乗りのクルマです。

フロントシートはシートの高さや背もたれの角度、前後の位置など幅広くアレンジすることができますが、リアシートはリクライニング機能もなくアレンジすることができません。さらにリアシートは前方に倒すこともできず、ラゲッジルーム(荷室)を拡大できません。

しかし、新型MIRAIのリアシートは深いくつろぎをもたらすことを目指し、心地良く包み込むような座り心地を確保しています。フロントシートとリアシートの間にも十分な感覚をとっており、足元にもゆとりがあります。また、シートの座面は角度のあるように設定されており、通常よりも深く腰掛けることが可能です。

ラゲッジルームも拡大できませんが、さまざまなライフシーンに対応できるように広いラゲッジルームが設定されており、ゴルフバッグを3個収納できるスペースがあります。

新型MIRAIのリアシートはシートアレンジはできないものの、快適な乗り心地は確保されているでしょう。

トヨタ 新型MIRAIに必要不可欠な水素ステーションはまだまだ少ない!

2つ目の欠点は、水素ステーションの数が全国的に少ないことです。トヨタ 新型MIRAIは水素を燃料として走るため、定期的に水素ステーションでの水素の充填が必要になります。しかし、現状ではまだまだ水素ステーションの数が少ないと言えます。

東京や主要都市を中心に増えて来ているものの、県内に1つ、あるいは1つも水素ステーションがないという場所もあるようです。

関東圏の水素ステーションの数は地方に比べれば多くなっていますが、それでも十分に設置されているとはいえそうにありません。現在のままでは、いざ購入しても燃料である水素を充填するのに苦労しそうです。

新型MIRAIを普及させるにはまだまだ課題が残っているのが現状だと言えるでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
トヨタ 新型MIRAIは値段設定が高め?

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道