【プロ解説】マツダ CX-30を徹底評価…良い点や欠点などを試乗レビュー!

2019年9月より予約が始まったマツダCX-30。その少し前に登場したマツダ3のSUV版でもあり、マツダ3に続く新世代商品の第2弾となります。ここでは、実際にCX-30を運転して得た印象を報告します。

文・鈴木ケンイチ/写真・宮越 孝政

Chapter
マツダ CX-30はSUVらしからぬスマートなデザイン
素直で運転が楽しいドライブフィール
ガソリンとディーゼルの良いとこ取りをしたようなエンジン「スカイアクティブX」
マツダ CX-30の課題は…燃費性能
スカイアクティブXの実力とは?マツダCX-30の真の性能を動画でお届け!

マツダ CX-30はSUVらしからぬスマートなデザイン

実車のCX-30に接したときに最初に感じた印象は、やはりデザインが秀逸だということ。兄弟車であるマツダ3は、2020ワールドカーデザインオブザイヤーを受賞しており、そのデザインの良さはCX-30も同様と言っていいでしょう。

必見だと思うのは、ボディを斜め横から見たところです。ボディの横面には、明確なプレスラインは存在せず、面の動きによって表現されています。ドアのあたりに、風景がS字になってうつり込んでいるところが、他にない美しさと躍動感を感じさせてくれます。

また、SUVでありながら、どこかクーペのようなスマートさを感じさせるのもCX-30の特徴でしょう。このルックスの良さこそ、CX-30の最大の魅力ではないでしょうか。

また、もうひとつ感じるデザインの秀逸なポイントが「意外に大きく感じる」ということです。実際の寸法は、全長4395×全幅1795×全高1540㎜で、それほど大きなわけではありません。

しかし、シャープな目つきのヘッドライトなど、グリルまわりの存在感が強いのが大きく感じさせる理由なのではないでしょうか。ところが、走り出してみると、また印象が変化します。視界が広いというのもあるでしょう。街中の取り回しに気を遣うところがなく、運転しやすいのです。

素直で運転が楽しいドライブフィール

近年のマツダ車は「人馬一体の走り」を謳いますが、それは別の言い方をすれば「クルマを意識しないほど、自然に運転できる」ということ。ステアリング操作やアクセル&ブレーキ操作に対するクルマの反応は、大げさなところがなく、非常に素直なものとなっています。

実のところ、CX-30は、G-ベクタリングコントロール・プラスという制御が入っており、ステアリング操作にあわせてエンジン出力を調整しています。しかし、実際に運転してみると、そんな制御の存在を感じることはできません。その作り込まれた自然さが、最も進んだマツダの人馬一体の走りとなります。非常に地味なところですが、これがCX-30の美点のひとつと言えるでしょう。

ガソリンとディーゼルの良いとこ取りをしたようなエンジン「スカイアクティブX」

ガソリン・エンジンでありながらも、ディーゼル・エンジンと同様に、燃料を圧縮して点火させる、新型のスカイアクティブXエンジン。この存在もCX-30の良いところになります。低回転域から非常にトルクフルで反応がよく、それでいて高回転域の気持ちの良い伸び感もあります。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いところ取りしたようなエンジンが、スカイアクティブXです。この画期的なエンジンの存在も、大きなCX-30の良いところとなります。

また、インテリアの質感の高さにあわせ、室内の静粛性の良さ、そしてオーディオの音の良さも印象的でした。まるで、欧州プレミアムカーを運転しているような気分になれます。これもCX-30の大きな魅力でしょう。

マツダ CX-30の課題は…燃費性能

改善点として挙げられるのが燃費性能です。従来型のガソリンエンジンであるスカイアクティブG、ディーゼルのスカイアクティブDの燃費性能は悪いわけではありません。しかし、ライバルには、さらに燃費性能の良いハイブリッドが数多く存在します。

とびぬけた燃費性能を有するライバルたちと戦うには、さらなる燃費向上が欲しいもの。スカイアクティブ-Xはデビューしたばかりということもありますが、まだまだ燃費性能的に不満があります。しかし、新型エンジンだからこそ、伸びしろも大きいはず。さらなる燃費性能向上を期待したいと思います。

CX-30のようなSUVは日本だけでなく、世界中で人気を集めています。そのため、どこの自動車メーカーも力を入れ、魅力的なモデルが数多く投入されているクラスです。その中でもCX-30のルックスの良さは、飛びぬけたものがあると思います。

また、スカイアクティブ-Xというエンジンの出来の良さも特筆ものです。あとは、燃費性能がもう少し伸びれば…といったところ、これからの改良に期待しましょう。

スカイアクティブXの実力とは?マツダCX-30の真の性能を動画でお届け!

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ