トヨタ 初代ルーミー(DBA-M910A・DBA-M900A)の長所を7つ紹介!

画像8

今回は、トヨタ 初代ルーミー(DBA-M910A・DBA-M900A)の長所について紹介します。ルーミーは2016年11月にトヨタから発売されました。トヨタからの発売となっていますが、ダイハツからの開発を受けて、OME車として発売されています。

発売されてから高い人気を誇り幅広い方から支持を集めてきましたが、その人気となる理由、トヨタ 初代ルーミーの持つ長所とはどんなところにあるのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
1.トヨタ 初代ルーミーの長所はコンパクトで広い車内!
2.トヨタ 初代ルーミーの長所は使い勝手の良い収納機能!
3.トヨタ 初代ルーミーは小さな収納も強みの一つ!
4.トヨタ 初代ルーミーの長所は広大なラゲッジルーム!
5.トヨタ 初代ルーミーはラゲッジルームがシートアレンジでさらに広がる!
6.トヨタ 初代ルーミーの長所は充実した安全機能!
7.トヨタ 初代ルーミーは誤発進を防いでくれる!

1.トヨタ 初代ルーミーの長所はコンパクトで広い車内!

トヨタ 初代ルーミーの長所のひとつに、5人乗り仕様のコンパクトなボディーに、広い車内空間をつくられていることがあげられます。

トヨタ 初代ルーミーのボディーサイズは最大全長3,725㎜×全幅1,670㎜×1,735㎜で、最小回転半径は4.6メートルと普通車でありながら軽自動車並みに小回りがきくようになっており、駐車や狭い道でもスムーズに乗りこなすことができるほどコンパクトです。

また、運転席のアイポイントが高く設定されていることや、広いガラスエリア、水平基調のインパネピラーに組み込んだガラスによって、車両前方と周囲の状況をしっかりと見渡すことができる視界の良さも運転がしやすいと評価されています。

コンパクトさがありながら、室内長2,180㎜、室内高1,365㎜と5人が乗車しても余裕があるほど広い車内空間。さらに、リアシートは、最大240㎜も前にも後ろにもスライドさせることができるので、できるだけ後ろにスライドさせると、足を伸ばして座ることができるほどのスペースをつくり出すことが可能です。

このように、コンパクトで運転しやすい仕様になっているだけでなく、車内を無駄なく活用しリビングにいるかのようなゆったりとくつろげるようになっています。

2.トヨタ 初代ルーミーの長所は使い勝手の良い収納機能!

トヨタ 初代ルーミーの広い車内には、使い勝手の良い収納機能が多く装備されています。オープントレイ、グローブボックス、ダストボックス、お買い物フック、フロアトレイなどが用意されており、これらは大きめのものを収納したいときに便利な収納機能です。

オープントレイは、タオルやポーチなどを載せても余裕のあるスペースになっており、グローブボックスには、書類などをきれいに収納しておけます。

ダストボックスは、ペットボトルが4本ほど入るようになっており、入れるものが少ないときや容量を超えなければ、中が見えないように収納しておくことができるので、スタイリッシュなインテリア(内装)を邪魔することもありません。

さらに、このダストボックスは脱着式になっているので、ものを入れるときはもちろん、取り出すことも簡単にできるようになっています。

お買い物フックは、助手席側に取り付けられ、フロアトレイは、運転席と助手席の間のスペースを活用した収納機能です。これらには、カバンなど手荷物を置いて置けるようになっているので、運転手や助手席に座る方の荷物の置き場所に困ることはありません。

<次のページに続く>
次ページ
3.トヨタ 初代ルーミーは小さな収納も強みの一つ!