4代目マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車を一挙紹介!

今回は、4代目マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車を一挙紹介します。マツダ デミオ(MAZDA2)は、高級感あるデザインと乗り心地の良い車内空間、優れた安全性能や静粛性などさまざまな魅力が詰まったモデルです。

多彩な魅力のあるデミオ(MAZDA2)ですが、より特別感を追求した特別仕様車も展開されています。デミオ(MAZDA2)の特別仕様車はどのような魅力があるのでしょうか?

文・PBKK

Chapter
マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortとは?
マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortのエクステリア
マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortのインテリア
マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S 100周年特別記念車
マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S 100周年特別記念車のエクステリア
マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S 100周年特別記念車のインテリア

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortとは?

デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortは、2020年4月9日より予約開始されました。

デミオ(MAZDA2)のガソリン車である「15S L Package」をベースとした「15S White Comfort」と、ディーゼルエンジン搭載車である「XD L Package」をベースとした「XD White Comfort」の2つを設定。

エンジンには力強く余裕のある走りを見せる「SKYACTIV-G 1.5」を採用しており、伸びやかな加速感や心地よい乗り心地を実現。また、安全装備も充実し、サポカーSワイドに該当されています。

特別仕様車 15S White Comfortは、もともとデミオ(MAZDA2)に備えられている上質なエクステリア(外装)やインテリア(内装)に、より高級感をあたえた贅沢なモデルとなっています。価格は以下の通りです。

XD White Comfort
2WD(6EC-AT):249万1500円
4WD(6EC-AT):270万500円

15S White Comfort
2WD(6EC-AT):216万7000円
4WD(6EC-AT):237万6000円

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortのエクステリア

デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortのエクステリアは、デザインこそスタンダードモデルのマツダ2と変わりませんが、新たなカラーが採用されています。

新色で追加されたのは、洗練されたグレーが美しい「ポリメタルグレーメタリック」です。影のある場所では貫禄と深みのあるグレー、日に当たる場所ではグレーメタリックの上質な光沢感をみせ、光の具合で雰囲気が異なります。

デミオ(MAZDA2)の持つ落ち着きのある精悍なフロントフェイスに新色ポリメタルグレーメタリックの組み合わせは最適で、デミオ(MAZDA2)が備えている上質感を一層盛り上げてくれることでしょう。

ポリメタルグレーメタリック以外のボディカラーは、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」「マシーングレープレミアムメタリック」「ソウルレッドクリスタルメタリック」「セラミックメタリック」を設定。全6色の豊富なカラー展開となっています。

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortのインテリア

デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S White Comfortのインテリアは、15S White Comfortの最大の特徴と言っても過言じゃないほどに魅力的なものとなっています。

車内に乗り込むと目に飛び込んでくるのは、一面に広がった上質なホワイトの本革シート。まるで北国を旅しているかのような非日常さを体感できることでしょう。爽やかさを感じる白い本革と温かみのあるウォームグレーのグランリュクス素材は、乗車したときに心地よいフィット感をあたえてくれます。

助手席のインパネデコレーションパネルにもグランリュクス素材を採用し、触れたくなるようなインパネを実現しました。

エアコンルーバーベゼルの外装には、ボディカラーのポリメタルグレーメタリックを採用。さらに、エアコンルーバーベゼルの内装にはスチールグレーのさりげないアクセントをきかせ、インパネのウォームグレーと合わせたベストコーディネートとなっています。

また、コンソールサイドデコレーション、ドアアームレストやドアアームレストロアパネルには、合成皮革のピュアホワイトを採用。やわらかなライトグレーステッチが施され、特別仕様車15S White Comfortの車内をよりあたたかみのある洗練された車内へと仕上げています。

スタンダードモデルのデミオ(MAZDA2)もおしゃれな上質感で人気を博していますが、特別仕様車15S White Comfortはそれを上回るワンランク上のインテリアを実現しています。

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S 100周年特別記念車

マツダは、長きにわたり多くの人から愛され続け、2020年で創立100周年を迎えました。それを記念して、100周年特別記念車を2020年4月3日より予約開始

マツダが創立してから継承されてきた志である「人々の生活を豊かにする」ことを踏まえ、クルマづくりの原点を忘れないという想いを込めてつくられた100周年特別記念車は、100周年特別記念車はマツダより販売されている人気車種ごとに設定されています。

もちろんデミオ(MAZDA2)にも設定されており、デミオ(MAZDA2)の「15S L Package」と「XD L Package」をベースに、100周年にふさわしい1台に仕上げられています。また、デミオ(MAZDA2)の100周年特別記念車も安全装備が充実したサポカーSワイドに該当しています。価格は以下の通りです。

15S 100周年特別記念車
2WD(6AT):231万円
4WD(6AT):251万9000円

XD 100周年特別記念車
2WD(6AT):256万8500円
4WD(6AT):277万7500円

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S 100周年特別記念車のエクステリア

デミオ(MAZDA2)の15S 100周年特別記念車のエクステリアは、1960年にマツダがはじめて手がけた乗用車であるR360クーペの象徴ともいえるカラーがモチーフとなっています。

採用されたカラーは「スノーホワイトパールマイカ」。洗練されたホワイトカラーですが、何色にも染まらない上質な深みを感じさせます。ホイールやフロントグリルのブラックがアクセントとして15S 100周年特別記念車のエクステリアを引き締めます。

センターホイールキャップには創立100周年スペシャルロゴを入れ、フロントフェンダーには創立100周年記念バッジを採用。スペシャルロゴには「工業で世界に貢献する」という創業者の志が込められ、マツダが100年続いた今、そしてこれからまた受け継いでいくという想いが伝わってくるようです。

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車15S 100周年特別記念車のインテリア

デミオ(MAZDA2)の15S 100周年特別記念車のインテリアは、エクステリアと対照的に存在感のあるレッドとブラックの2トーンカラーを採用しています。

レッドといっても鮮やかなレッドではなく、レッドにブラウンを混ぜたようなワインレッドに近いカラーです。そこへインパネやシート背面にブラックのアクセントを持ってくることで車内全体をモダンに仕上げています。

シート素材には上質で肌触りの良いスムースレザーを採用。華やかなレッドカラーに深みのある演出を施します。インテリアカラーのレッドシートとボディカラーのスノーフレイクホワイトパールマイカは、どちらもR360クーペのカラーがモチーフにされています。100周年ならではの特別なモデルであることが感じられるでしょう。

さらに、ヘッドレストやフロアカーペットにまで100周年を記念したロゴが刻まれています。また、100周年記念ロゴはキーフォブにも刻まれ、クルマの施錠/解錠するその瞬間までも特別感が味わえそうです。

マツダ デミオ(MAZDA2)の特別仕様車をご紹介しました。デミオ(MAZDA2)はスタンダードモデルももちろん高級感あふれる特別なクルマです。上質なデザインはさることながら、サポカーSワイドにも該当しているので、乗り心地の良いクルマでしょう。

そんなデミオ(MAZDA2)には、スタンダードモデルをさらに磨きあげた特別仕様車が存在します。特別仕様車15S White Comfortは、光の具合で表情を変えるボディカラーのポリメタルグレーメタリック、インテリアの気品あふれるホワイトカラーが印象的です。よりデミオ(MAZDA2)をおしゃれに乗りこなしたい人におすすめです。

15S 100周年特別記念車も特別な日にきっと乗りたくなるクルマであることまちがいないでしょう。スタイリッシュなスノーホワイトパールマイカに包まれたボディの中には、重厚感のあるレッドカラーを採用したラグジュアリー空間が広がっています。

マツダがはじめて手がけた乗用車R360クーペを彷彿とさせ、多くのマツダファンの心をキャッチすることでしょう。ぜひデミオ(MAZDA2)の特別仕様車もチェックしてみてください。