レクサス GSをクーペに!レクサス RCとはどんなクルマ?

レクサス RC F  Carbon Exterior package

販売台数的には、ややニッチではあるものの、高級ブランドに欠かせないクーペとして開発されたレクサス RC。スポーツバージョンのレクサス RC Fとの共同開発であったため、サイズ的にはジャストにハマリそうなレクサス ISではなく、ひとクラス上のレクサス GSのプラットフォームを使って仕立てられている。

ここでは、レクサス RCの魅力や、本格派スポーツ仕様であるRC Fとの違いなどに迫ってみよう。

文・塚田 勝弘

Chapter
ジャストサイズなレクサス ISではなく上級のGSがベース
セダンと異なるプロポーションによる乗降性
クーペ専用モデルとして登場
RCとRC Fの美点の違いは?
個性的なフォルムと熟成の走りが楽しめる

ジャストサイズなレクサス ISではなく上級のGSがベース

FFベースのレクサス ESの登場に伴い、RCと同じプラットフォームのGSが廃止される、という噂がネット上などで囁かれている。真偽は不明だが、レクサスのラインアップの中では、FRベースの貴重なミドルサイズクーペになっている。

レクサスのラインアップは、メルセデス・ベンツやBMW、アウディなどのドイツプレミアム御三家と比べると、数だけ見るとやや少なくなっていて、こうした色気のあるモデルは高級ブランドに不可欠といえるはずだ。

逆にいえば、ドイツプレミアム御三家は、隙間という隙間を執念で埋めるかのような商品ラインアップの拡充に励んできた。2ドアクーペやステーションワゴン(シューティングブレーク)、オープンモデルだけでなく、5ドアクーペやクーペ系クロスオーバーといえるSUV。

アウディA4オールロードクワトロなどのステーションワゴン派生型クロスオーバーなど、非常に多岐にわたっている。レクサスは、こうした世界の老舗高級ブランドよりも歴史が浅いこともあり、ヒットモデルを育てていくにはまだ時間も必要という見方もあるだろうし、一方でマネをする必要もないともいえる。

レクサスは、国内勢ではマツダのように、マイナーチェンジや年次改良を含めた細かな改良を各モデルに施していて、RC・RC Fを含めた最新のレクサスに乗れば熟成ぶりは十分に伝わってくる。

セダンと異なるプロポーションによる乗降性

2ドアクーペは、普段は2人までしか乗らない層であっても、後席に荷物を置きにくいなど、多少の実用性には目をつぶって乗るモデルだ。しかも、スポーティーなスタイリングと、高いハンドリング性能などを与えるべく、低く構えている。フロアやシートの着座位置も低く、乗降性も一般的なセダンよりも不利になりがち。

レクサス RCも例に漏れず、やや寝かされたAピラーに頭をぶつけないように気をつけながら、ワイドなサイドシル(ロッカーパネル)をまたがるように低めのシートに腰を落ち着ける。

逆にいえば、乗り込むまでの所作からしても特別感のあるモデルに乗っているという実感が得られ、スタイリングや走りなどのほかに、所有欲を満たす要素の1つになっているかもしれない。

さらには、分厚いロッカーパネルからも分かるように、レーザースクリューウェルディングやウェルドボンド(ボディ用接着剤)に加え、高剛性のガラス接着剤などの剛性向上やNVHの改善に寄与するメニューを加えている。

実際にステアリングを握っても、ISよりも高いボディ剛性感が得られるなど、走行フィールの面からも能力の高さがうかがえるのだ。

<次のページに続く>
次ページ
クーペ専用モデルとして登場

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘