ランドローバー ディスカバリーの欠点(デメリット)は?

ランドローバー ディスカバリーは、1989年に初代モデルが登場し、国内では1991年に輸入開始されました。洗練されたボディデザインと優れた悪路走破性、使い勝手の良さから一躍クラストップモデルの座を獲得しました。

時代と共に進化し続けてきたディスカバリーも現行モデルで5代目(L462型)。長きにわたり、現在も多くのユーザーに愛されています。しかし、そんなディスカバリーにもやはり欠点(デメリット)は存在します。今回は、ランドローバー ディスカバリーの改善を願う欠点について注目してみました。

文・PBKK

Chapter
先代モデルL319型よりも拡大したボディサイズ
取り回しの悪さも気になるポイント
やや高い?上がりすぎた本体価格
グレードバリエーションが少ない?
安全装備が付いていない?

先代モデルL319型よりも拡大したボディサイズ

ランドローバー ディスカバリー

ランドローバー ディスカバリーの欠点として1番に挙げられるのが、そのフルサイズSUV特有の巨大なボディサイズです。

先代モデルにあたる4代目(L319)でさえ、全長4,850mm×全幅1,920mm×全高1,890mmという大きさを誇っていましたが、2017年にフルモデルチェンジを受けた現行モデルは全長4,970mm×全幅1,920mm×全高1,890mmと、更にボディサイズが拡大されることになりました。

全幅が2mにも及ぶこのボディサイズでは日本の狭い道を走行する際、最新の注意を払わなくてはなりません。駐車場を選ぶ必要も出てくるでしょう。

ランドローバー ディスカバリー

しかし、ボディサイズの拡大は居住スペースの確保のために必要であったといえます。ディスカバリーは7人が快適に過ごせる開放的な室内を実現しており、長時間のドライブにも対応する奥行きのある車内はユーザーから好評価です。

またそのたっぷりとした居住スペースは、広大なラゲッジスペース(荷室)にも早変わりします。座席を倒すことで大量の荷物を積み込むことができるので、レジャーシーンなどで大活躍すること間違いなしです。

ランドローバー ディスカバリー

整備されていない山道や雪道などのオフロードの道を走行することに特化したディスカバリーですが、日常の街乗りでは、優れた静粛性や安定感のあるスムースな走りも実現します。優れた走行性も、ラグジュアリーな車内と共にボディサイズの大きさをカバーしてくれそうです。

取り回しの悪さも気になるポイント

ランドローバー ディスカバリー

拡大されたボディサイズによる欠点は駐車のしにくさだけではなく、運転しやすさに直結する最小回転半径にも及んでいます。最小回転半径とは、車体前輪外側のタイヤが回ることができる半径のこと。この数値が小さければ小さいほど小回りが効く車ということになり、逆に大きければ大きいほど小回りの効かないクルマということになります。

小回りが利くと狭い曲がり道やUターンがとても楽になります。縦列駐車や、高速道路などの料金所の幅寄せにもスムースに対応し、あらゆる場面で助かります。ボディサイズが大きいと、大回りが必要となったり、ハンドルを何回か切らなくてはなりません。

ランドローバー ディスカバリー

ディスカバリーの最小回転半径は5.9mと、かなりの長尺。国産の大型ミニバンの最小回転半径が5.6mほどで済んでいることを考慮すれば、数値の上からでも取り回しの悪さが見て取ることができます。

6mにもなろうかという長大な最小回転半径を持つディスカバリーは、はっきり言ってしまえば取り回しが悪く曲がらないクルマであるといえるでしょう。

ランドローバー ディスカバリー

取り回しが悪く、扱いづらさが目立つディスカバリーですが、少しでも運転しやすいようドライバーに寄り添った工夫がされています。座席高が高く設計されているため、運転席からボンネットの四隅が確認でき、クルマの大きさの感覚が把握しやすくなっています。

やや高い?上がりすぎた本体価格

ランドローバー ディスカバリー

上がりすぎた本体価格もランドローバー ディスカバリーの欠点だといえます。先代モデルの4代目ディスカバリーは、新車価格が708万円~という価格設定になっていました。

一方で現行モデルのディスカバリーは、消費税込みで877万円~約200万円ほどの価格がアップしています。2019年時点での日本人の平均収入が441万円だったことを考慮すれば、ディスカバリーはもはや大衆車では無くなってしまったことを意味しています。

ランドローバー ディスカバリー

現行モデルの本体価格が上がった理由としては、ボディ素材の変化最新技術の投入内装の高級化による価格上昇です。優れたモデルになればなるほど価格は上がってしまいます。

またランドローバー同様に、ゆったりと過ごせるラグジュアリーな居住空間と、さまざまな場面に対応するSUVの安定感を兼ね揃えた同社の看板モデルであるレンジローバーは、エントリーグレードのVOGUEで1,377万円〜なので、ランドローバーの方がやや手頃で、手が出しやすい価格となっていま
す。

次ページ
グレードバリエーションが少ない?