海水で走る!? 驚きのEVスポーツカーが公道に参入!

QUANT e-Sportlimousine、ドア開けた写真

Nanoflowcell社による、海水で走る画期的なEV!それがクアントeスポーツリムジンです。今回、このクルマがドイツ、欧州全体で公道を走れるようになりました。TUV-SUDと呼ばれる認証機関の厳しいテストを乗り越えたこのスーパーカー、そのスゴさを追求してきます。

Chapter
QUANT e-Sportlimousine(クアルトeスポーツリムジン)とは?
画期的!海水を利用した革新的電池
全長5.25mの巨体!デザインがクールすぎる
最大速度は380km/h!早すぎるスポーツカー
1回600km走って充電10,000回可能!とんでもない寿命の長さ

QUANT e-Sportlimousine(クアルトeスポーツリムジン)とは?

クアントeスポーツリムジンは、リヒテンシュタインに拠点を置く、Nano flowcell社により作られた海水で走るスーパーカーです。低コスト・エコなこのクルマ、2014年3月にジュネーブモーターショーで初公開され、目玉の車となりました。

開発に14年もかかったというこのクルマ。TUV-SUDの認可により、ついに公道デビュー!「ROD-Q-2014」の登録ナンバープレートをもらい、いよいよいっぱしの車になりました。

画期的!海水を利用した革新的電池

この車の最大の特徴は、なんといってもその革新的な電池!海水、厳密には塩水(溶解塩溶液)を利用しています。酸化還元反応によるイオン交換を利用して、車を走らせているのです。

この性能は、なんと同じサイズのリチウム電池の5倍!ものすごいですね。リチウム電池は、カメラやパソコン、炊飯器などにも使われる、小さいけれども強力な電池です。その5倍。技術の進歩はスゴイですね。

<次のページに続く>
次ページ
全長5.25mの巨体!デザインがクールすぎる