【徹底解説】三菱から刺客登場!両側スライドドア付き軽ハイトワゴンの三菱 eKクロススペース/eKスペースを徹底チェック!

三菱 eKクロススペース/eKスペース

2020年の春に販売予定の三菱 eKクロス スペース、eKスペース。両側スライドドアをもつ軽ハイトワゴン。両側スライドドア仕様の軽自動車は、スズキからはスペーシア、ダイハツからはウェイク、ムーヴ キャンバス、タント、さらにホンダからはN-BOXとまさに激戦区です。果たして、三菱 eKクロス スペース、eKスペースはこの激戦区を勝ち抜いていけるのでしょうか。今回は、外装、内装、荷室(ラゲッジスペース)、エンジン/パフォーマンス、安全装備、など、あらゆる視点から三菱 eKクロス スペース、eKスペースをひも解いていきます。

文/写真・栗原祥光 写真 ・三菱自動車

Chapter
三菱 eKクロススペース/eKスペースのエクステリアはどんな感じ?
三菱 eKクロススペース/eKスペースのインテリアはどんな感じ?
全車ハイブリッド!三菱 eKクロススペース/eKスペースのエンジン/パフォーマンスはどんな感じ?
三菱 eKクロススペース/eKスペースの安全性能/安全装備はどんな感じ?

三菱 eKクロススペース/eKスペースのエクステリアはどんな感じ?

eKクロス スペースのフロントフェイスは、現在の三菱デザインアイコン「ダイナミックシールド」を採用。ダイナミックシールドは、ランプ類のレイアウトを上下に分けて配置することで、上部には歩行者からの視認性を高めるデイタイム・ランニングランプを、下部に対向車や歩行者の眩惑防止のためヘッドライトを配置する手法です。また、タフな印象を与え、ルーフキャリアと合わせてアウトドア感を大きくアップ。他社のスーパーハイトワゴンとは大きく異なる印象を与えています。

一方、eKスペースは、30代の子育てをする女性をターゲットとするということもあり、柔らかで上品な印象。三菱エンブレムの両脇にはエアインテーク用のスリットなどが設けられています。

ボディサイズは、eKクロス スペース、eKスペースともに、全長3395mm、全幅1475mm、全高1800mm(4WD仕様/2WD仕様は1780mm)。注目はスライドドアの開口幅で650mmと従来のeKスペースよりも90ミリ広くなっただけでなく、他社の軽スーパーハイトワゴンと比べても広々。

従来よりも乗降しやすくなっていますから、荷物の出し入れはもちろん、チャイルドシートの乗せ降ろしがラク。もちろんお年寄りや子供の乗降にも適しています。しかも「ハンズフリーオートスライド機構」を採用。Bピラーを中心とした前後10cmの範囲で脚を前後するだけでドアが開きますますから、両手が荷物でふさがっていても安心です。

リアゲートは開口部が大きく、荷物の出し入れがラクラク。ベビーカーや18リットルの灯油ポリタンク2個といった荷物が収容可能です。後席を最前端までセットすれば、容積104リットルの大型スーツケースと48リットルの中型スーツケース、さらにベビーカーを同時に積載可能。家族での旅行にもeKクロス スペース、eKスペースは存分に活躍できるでしょう。

カラーリングはeKクロス スペースが全13色、eKスペースは全9色と豊富。それぞれに今流の2トーンカラーも用意されています。これだけの種類があれば絶対に気に入った色が見つかるハズですよ。

三菱 eKクロススペース/eKスペースのインテリアはどんな感じ?

今春、三菱自動車から登場するスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車、eKクロス スペースとeKスペース。2車種の個性と、細かな使い勝手の部分をチェックしてみましょう。

まずは室内のカラーリングから。eKクロス スペースは男性を意識してか、やや暗めで落ち着いた印象であるのに対して、eKスペースは白を基調とした明るい印象を与えるものに。上級グレードのシート素材は撥水ファブリックを採用して、雨はもちろん汚れにも強くなっています。ちなみに運転席と助手席にはシートヒーターも装備し、寒い日でも背中はポカポカです。

三菱 eKスペース

運転席周りには昨年発売し好評のeKシリーズと同様、収納が豊富。40年以上に渡って軽自動車を作り続けてきた三菱自動車ならではのパッケージングの上手さが出ています。センター部分にはティッシュボックスが置けるスペースのほか、カフェで買い求めたコーヒーなどが置ける紙コップホルダーも用意されています。

センターコンソールの大型ディスプレイはメーカーオプション。タッチパネル式で、Andorid AutoやApple CarPlayに対応し、音声を使ったスマホのハンズフリー操作にも対応します。

ハンドルは最上級グレードのみパドルシフトを装備。三菱のパドルシフトはステアリングコラム側に取り付けられるのが通例でしたが、「ekクロス スペース」「ekスペース」ではステアリングホイール裏側に取り付けられています。

助手席裏側にはマグカップも置けるシートバックテーブルや、タブレット端末やスマホが入るロアーシートバックポケット。さらにガジェットの急速充電を可能とする2.4AのUSBポートが用意されています。

後席はフルフラットで床面積の広さが魅力的。前作に比べ138mm増えて、なんと約400mmの足元スペースが用意。最後端まで後席を下げれば、前席シートバックから背もたれまでの「後席ニールーム」は793mmと他社スーパーハイトワゴンを圧倒する広さ。ゆったりくつろぐことはもちろんのこと、車内で子供のおむつ交換が余裕でできることでしょう。

もちろん、スーパーハイトワゴンゆえの天井高の高さも魅力的。その高さは1400mmで、小さな子供なら立ったまま車内で着替えができます。天井にはシャープ「プラズマクラスター」を搭載したサーキュレーターが供えられています。

カンタンにシートアレンジができるのも新型eKクロス スペース、eKスペースの美質。レバーを倒せば片手で簡単に後席シートが前後に動きます。また、助手席の背もたれは前方に倒すこともできます。

<次のページに続く>
次ページ
全車ハイブリッド!三菱 eKクロススペース/eKスペースのエンジン/パフォーマンスはどんな感じ?

栗原 祥光|くりはら よしみつ

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光