スズキ スペーシアの欠点(デメリット)は?

スペーシア

スズキのスペーシアは、軽自動車の中でもハイトワゴンとして高い人気を獲得しています。軽自動車でありながら、圧迫感のない広々とした室内空間と高い積載能力などがスペーシアの魅力です。しかし、当然メリットもあれば、デメリットもあります。今回はスズキ スペーシアの欠点を、分かりやすく解説していきます。

文・PBKK

Chapter
ボディデザインの個性が薄い
インテリアが安っぽい印象
速度を出すと走行がふらつく恐れがある
荷物を最大限積むには座席を倒す必要がある

ボディデザインの個性が薄い

スペーシアの欠点として、まずはボディデザインの個性の薄さが挙げられます。スペーシアのボディデザインは、スーツケースをイメージされた丸四角に近い穏やかなデザインが特徴で、ファミリーをはじめとする幅広い世代に親しまれるようになっています。

しかし一方で、特別華やかな装飾も施されておらず、無難な印象にまとまっているという声もあります。「スタイリッシュで存在感のあるクルマを持ちたい」などのニーズがある方にとっては、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ただしスペーシアの派生モデルの、スペーシアカスタムやスペーシアギアは、スペーシアとは異なるスマートな雰囲気になっており、個性もある程度出ています。スペーシアのボディデザインに物足りなさを感じる方は、他の派生モデルがおすすめです。

インテリアが安っぽい印象

スペーシアのインテリアは、初代に比べ、スタイリッシュでシンプル且つ統一感のあるカラーリングに生まれ変わっています。しかし軽自動車特有の安っぽさが気になるという声もあるようです。

100万円台から購入できる手頃さが魅力の一つとなっていますが、その分コストを削減しているせいか内装はプラスチックの質感が目立ちます。初代から2代目にグレードアップするにあたり、インパネの野暮ったさがなくなるなどの進化はしていますが、それでも全体的に見てみると安っぽさは残ります。

スペーシアの馴染みのある飽きの来ないインテリアデザインは多くの満足評価を得ていますが、もう少し個性のあるデザインや高級感ある質感を求めるなど、クルマを選ぶ上でインテリアを重視する方は、室内をしっかりと確認してから購入するのが良いでしょう。

<次のページに続く>
次ページ
速度を出すと走行がふらつく恐れがある
商品詳細