スズキ スペーシアの現行モデルとモデルチェンジ前の違い

スズキのスペーシアは軽自動車のコストパフォーマンスの良さと、居住性や収納性の高さを両立した人気の高い軽ハイトワゴンです。スペーシアは「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をアピールし、2013年に発売が開始されました。

しかし、初代のスペーシアは走行性能や燃費は良かったのですが、販売台数があまり伸びず他社の同クラスのモデルに差をつけられていました。スズキは2017年にフルモデルチェンジをした2代目のスペーシアの販売を開始。さまざまな改善が功を奏し、トップグループに入るほどの販売台数になりました。

今回はスペーシアの現行モデルと、初代モデルの違いを詳しくご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
モチーフはスーツケース!?
スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」とは?
高さも加わった広い室内空間をフル活用できる
初代と2代目スペーシアの外部寸法や重量などを比較

モチーフはスーツケース!?

新型スペーシア

初代スペーシアは、それまで販売されていたスズキらしいフェイスデザインで、同社のワゴンRと似ている部分などがあり、あまり大きな特徴はありませんでした。しかし、2代目ではスーツケースをモチーフにし、車体全体が角丸四角に近い見た目に。

加えて、フェイスデザインのフェンダーを大きくすることで、広さや大きさを感じるデザインになりました。ヘッドランプは、初代の鷹目タイプから角丸四角に近い形に変更され、可愛さと親近感が増しています。また、リアのランプも先代より高い位置に配置され、視認性が向上しています。

スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」とは?

スペーシア ブレーキ

安心して楽しくクルマに乗ってほしいという想いから生まれた、スズキのセーフティサポートとはどんなものなのでしょうか。前方・後方の視界を確保するために大きな窓や視認性の高いディスプレイ、操作しやすいスイッチ類の採用で、誰もが安心して乗れる運転のしやすさを基本に安全を考えています。

また、ヒヤリとする一瞬までも最小限に抑え、事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術と衝突吸収ボディーや万一の衝突被害を軽減する衝突安全を含めたシステムを「スズキ セーフティ サポート」と呼んでいます。

スズキスペーシアに搭載する予防安全技術一覧
・衝突被害軽減ブレーキ:デュアルセンサーブレーキサポート・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・ヘッドアップディスプレイ
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ

スズキが、これまで培ってきた安全技術の数々が、人とクルマの楽しい毎日を支え、事故のない未来に向かって走り続けていることがわかります。

次ページ
高さも加わった広い室内空間をフル活用できる