スズキ スペーシアの荷室の広さはどれぐらい?

スズキのスペーシアは、軽トールワゴンとして競合にも負けない機能性を持っています。ワゴンには収納性の高さも求められますが、スペーシアは収納性も高く柔軟性もあるのがポイントです。今回はスペーシアの荷室の広さや、収納を便利にする各種機能をご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
スペーシアは大きな室内を活かして収納が可能
収納を便利にするスペーシア各種機能
多彩なシートアレンジも

スペーシアは大きな室内を活かして収納が可能

スペーシア 室内空間

スペーシアの室内寸法は、全長2,155mm×全幅1,345mm×全高1,410mmです。ゆったりとした設計になっているので、車内でも十分くつろげるようになっています。そして座席をすべて起こしているときの荷室はそんなに広くないですが、シートを倒したりと車内のレイアウトを変えることで、かなりの収納スペースを確保できます。

収納を便利にするスペーシア各種機能

スペーシア スライド

ここからは、収納を便利にするスペーシアの各種機能をご紹介していきます。

・ワンタッチダブルフォールディング式リヤシート
スペーシアには、「ワンタッチダブルフォールディング式リヤシート」が採用されています。これにより軽い力で簡単に、リヤシートを畳むことが可能です。しかも畳んだ後はきれいなフラットになるので、最大限に確保したスペースを活かせます。初代ではリヤシートを畳んだ後に段差ができてしまい、収納しにくさやスペースの減少につながっていました。2代目ではしっかりとフラットになるよう改良されたことで、より荷室が使いやすくなりました。

・左右独立リヤシートスライド
「左右独立リヤシートスライド」も、荷室の確保を便利にしてくれます。荷室を作るためにいちいちスライドドアを開け、前から座席を操作するのは手間です。しかし左右独立リヤシートスライド機能により、スペーシアでは荷室側から簡単にリヤシートを畳めます。これにより、バックドアを開けてそのままリヤシートを倒し、荷物を積むとスムーズに荷物収納作業を進められます。

次ページ
多彩なシートアレンジも