車中泊は「布団」「寝袋」どちらがおすすめ?

近年ではシートを倒して広々とスペースを取ることができる車が増えており、アウトドアで車中泊する方が増えています。車中泊の準備をするときに悩むのが、「寝具は布団がよいか、それとも寝袋がよいか」という点です。今回は車中泊初心者向けに、布団と寝袋どちらが車中泊におすすめなのかご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
寝心地重視などの面では布団に軍配が上がりそうだが…
取り回しなどの面から考えると、やはり寝袋の方がおすすめ

寝心地重視などの面では布団に軍配が上がりそうだが…

車中泊1

布団は日本伝統の寝具で、何と言っても毎日布団で寝ている方にとっては慣れているというのは非常に大きな利点です。車中泊でも布団を敷いて寝られれば、寝袋のように使い慣れていない寝具で寝るよりもスムーズに快眠できそうです。しかし、車中泊の環境は自宅とは違います。

まず布団は何と言ってもかさばります。かさばるというのはアウトドアでは大きなデメリットで、車の収納スペースを取られてしまい他の物を持って行きにくくなります。また基本的に重量もあるので、取り回しもしにくいです。また問題になるのが冬です。

春や夏、秋ならばあまり気にしなくてよいのですが、冬は外気が一気に冷えます。そして車内もエンジンを切ると外気の影響をもろに受けるので、一気に寒くなります。しかも毛布では隙間ができるため、たとえ耐寒性が高くても車中泊では役に立たない可能性があります。

総合的に考えると、住居で寝るのを前提にした布団は車中泊には適した設計ではありません。

次ページ
取り回しなどの面から考えると、やはり寝袋の方がおすすめ